個人ブログで月30万円稼ぎたいなら【DRM】の仕組みを作るべし

桑名
どーも、桑名です。自分の強みを活かして起業する方法、ブログやメルマガで稼ぐ方法などをお教えしています。大阪在住、ご飯とお酒とスイーツ好きのアラサー♂です。→プロフィール&理念はこちら

「ブログで稼ぎたい!」「いや稼ぐだけじゃなくて毎月生活出来るくらいの収入(月30万前後)は得たい!」

というならDRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)の仕組みを作ることは必須になります。

 

だけど多くの方がこの仕組みを理解していませんし、ただ「ブログを書けば収入になる」と勘違いをしています。

特に個人ブログのように、「個人(ブログ主)」に価値を帰属させたいのであれば、アクセス数や広告収入に依存するようなビジネスをやってはいけません。

今日はそんなお話です。

 

動画で確認したい方はこちら

↓ ↓ ↓

 

DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)とは?

直接(ダイレクト)、ターゲットにしてる見込み客から反応(レスポンス)を得て信頼関係を構築しながら、販売(セールス)をしていくマーケティング手法です。

もっとシンプルに説明すると、集客→教育→販売の3ステップでマーケティングを仕掛けます。

 

この仕組みを採用してるモデルケースの1つがドモホルンリンクルです。

  • 集客:CMでサンプルの宣伝をする→反応した人がサンプルを申し込み
  • 教育:サンプルと一緒に資料や会社概要などを配布
  • 販売:サンプルを試して効果を実感した、会社に対する信頼度も上がった、一定数の人が申し込みをする

更に、販売まで至らなかった見込み客は、電話部隊がアフターフォローの電話入れて、悩みや感想などをヒアリング(再度、教育→販売する)っていう流れを組むことで、高い反応率と成約率を上げることが可能になります。

 

個人ブログがマスマーケティングをやってはいけない理由

そのDRMとは対象的なのが、マスマーケティング。

大きな市場に対して、ターゲットを限定せずに行うマーケティングなので、広告費や宣伝活動のコストが莫大に掛かります。

お金や影響力のある個人・企業ならマスマーケティングで一気に大量消費を生み出すことも可能ですが、そのやり方で一般人がビジネスを展開すると間違いなく倒れますw

 

でもこのやり方を採用してしまってる個人ブロガーはかなり多いんですね。

とにかく大量のアクセスを集めて、大きな影響がないと成り立たない(アドセンス広告やアクセス数に依存する)ビジネスモデルなので、このやり方はコスパが悪すぎます。

ブロガーのやってることって「人気集め」のタレントビジネスと同じですから賞味期限がありますし、それを維持し続けること自体がすごく大変です。

普通の何の影響力もないブロガー、一般人がブログで飯を食うなんて、そんなに簡単なことではないです。

関連記事▶ブログPV数と収入の目安は関係ない。アクセス数だけ追いかけても時間のムダ

 

だからDRMをやらないといけない

なので、DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)は個人だからこそやるべきなんです。

全員から注目を集めるとか、沢山フォロワー数やアクセス数がないといけないとか、そんな状態じゃなくてもDRMをやれば普通に少ないアクセスで無名でもメシが食えるんです。

 

「誰」を集客したいのか?

まず自分のターゲット(見込み客)は誰なのか?をしっかりと設定すること。

闇雲に記事を書き続けても、好きなことを書いても、誰にその情報を届けたいのか?が自分でわかってないと、読者さんもわかるはずがありません。

自分の発信に必要性を感じる人、自分が情報を届けたい人に向けてメッセージを打つんです。

そうしないと誰の心にも刺さらない、ありきたりな発信しか出来なくなってしまいます。

関連記事▶ブログ集客したいならターゲット設定だ!理想の見込み客を引き寄せるための考え方

 

んで、多くの方がここで「よし!ターゲットを決めたぞ!」と満足して、集客したらいきなり売ろうとします。

あるいは「きっと買ってもらえるもの」だと思いこんでいます。

アフィリエイト広告をペタペタ貼る。自分の商品・サービスのリンクをペタペタ貼る。だけど反応が全くない。

これはやったらダメですw

 

理由は簡単で、ほとんどは一見さんなので、いきなり「買いたい」なんて人は少ないんです。

そもそもブログ運営者のことを信用していないですし、必要性を感じてるわけじゃないから、いくらリンクをペタペタ貼ってようが関係ないんです。

 

「売る前」に「教育」をする

なので「集客」をしたら、次は「教育」をしないといけません。

「教育」というフレーズを聞くと上から目線な印象を受けますが、要はちゃんと信頼関係を結びましょうということです。

 

「あなたも稼げますよ!」とか「これ絶対買ったほうがいいよ!」とか、そんなん言われても「ホンマかよ?」って普通の感覚ならなりますw

商品やサービス紹介してるのに、反応が全く取れてない人は、間違いなく「教育」が出来ていない証拠です。

 

「売りたい」「儲けたい」という私利私欲はお客さんには関係ないので、ここは気をつけたほうがいいです。

ただのお役立ち情報やセールス記事を書くんじゃなくて、まずはあなた自身のことを信用してもらう、あなたの価値観や考えを理解してもらうこと。

 

自分が過去にどんな苦労したのか?どんなことを学んできたのか?自分はどんな思いで情報発信してるのか?を知ってもらうための記事やコンテンツを作っていくことが重要です。

僕のプロフィールもその1つですね。

お客さんの気持ちを「このブログ主の考えに共感できる」という状態になってもらうことのほうが最優先。売るのはその後の話です。

補足説明すると、教育に有効的な手段の一つが「メルマガ」です。

ブログは相手が来てくれないと読んでもらえないですが、メルマガならこちらからメッセージを送ることが出来るので、伝えたい情報を確実に届けることが出来ますので。

もしメルマガで紹介した商品がその時は購入に至らなくても、あなた自身に興味を持っていてくれてメルマガを読み続けてくれたら別の機会に購入してくれる可能性もあります。 

 

集客→教育→販売の流れは下記記事でも詳しく解説してるので、参考にしてみてください。

ブログ記事で大事なのはアクセス数よりも導線と目的である

 

DRMをやれば個人ブログでも月収30万は現実的な数字

僕自身、以前にブログを100記事書いても1円にもならなかったこともあったり、アクセスは伸びても収益にならずに、「ブログって稼げないじゃん」って挫折しかけたことがあります。

でもそれは結局、このDRMの仕組みをちゃんと理解してなかったからなんです。

 

「集客→教育→販売」ってブログとか関係なく、ビジネスの基本でもあります。

人間がどういう心理で消費をするのか?どういう心理でファンになってくれるのか?が分かっていれば、ブログだろうが、SNSだろうが、実業だろうが関係ないですからね。

 

この仕組みを理解したおかげで、ブログは毎日書かなくても集客は安定するようにもなりましたし、月収130万円を達成したり、月50万円の自動化の仕組みも構築できました。

べつに僕はブログ業界では有名じゃないですし、フォロワー数がめちゃめちゃ多いわけでもありません。

そんな僕でも普通にPC1台で、ブログでメシを食える武器を手にできました。

 

もしDRMを知らなかったら「記事を書き続ければ、ブログを継続していれば、おれもブログで飯が食える」なんて幻想を未だに抱きながら、疲弊してたはずですw

 

ブログだけで生活するのは難しいとは言われてますが、ちゃんとDRMの仕組みを使えば無名の一個人であっても、普通に月収30万くらいの会社員並の給料は稼げます。

むしろ「知らなかったらヤバイ」くらいのレベルの話なので、「集客→教育→販売」のステップは頭に叩き込んでおきましょう。

 

もっと更に詳しくノウハウを知りたいという方は、無料メール講座で突っ込んだ話をしていますので興味があればご登録してみてください。

 


『個人メディア構築マニュアル』
ブログ有料教材をメルマガ読者限定でプレゼント

365日1生記事を書き続ける必要はない、凄い実績や経歴はなくてもいい、自由人アピールもしなくてもいい。
あなたの才能を活かして、自分らしく好きなことでビジネスを作る方法を、無料メルマガコミュニティで公開中。

世の中の発信者たちが公では言わないような裏話もぶっちゃけてるので、ブログを使って好きなことで稼ぐ方法を知りたい方は是非メルマガコミュニティにご参加ください。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*