画面の切り取りツールSnipping Tool(スニッピングツール)が超便利【Windows標準】

ブログ運営主
どうも、桑名です。

超便利な画面切り取り&キャプチャツールがWindowsに標準搭載されてるって知ってましたか?

ブログ記事に画像解説を入れたり、テキスト資料や動画に図解の解説を入れたり、そんなときに一部の画面を切り取って使用できるのですごく便利なんです。

意外と知らない方も多いので、ぜひこの機会に使い方を覚えておきましょう。

 

動画解説で確認したい方はこちら

↓ ↓ ↓

 

Snipping Tool(スニッピングツール)はWindowsに標準搭載

Windows10と7であれば、以下の通りに操作をすればSnipping Toolが使用できるようになります。

「スタート」ボタンを選択して、タスクバーの検索ボックスに「スニッピングツール」と入力すればアプリが表示されます。

 

snipping toolを右クリックして、「スタートにピン留めする」を選択すると、スタートメニューに固定されるので便利です。

Windows 8.1 または Windows RT 8.1の場合

画面の右端からスワイプし、「検索」 を選択 (マウス使用の場合は、画面の右下隅をポイントし、マウス ポインターを上へ移動して 「検索」 をクリック)
検索ボックスに「スニッピングツール」と入力すればアプリがが表示されます

もし万が一、お使いのパソコンに搭載されてない場合はこちらのダウンロードページから手に入れてください。

 

画面切り取りの方法(Snipping Toolの使い方)

  • 自由形式の領域切り取り:フリーハンドで切り取り範囲を指定します。
  • 四角形の領域切り取り:四角形の領域内で切り取り範囲を指定します
  • ウィンドウの領域切り取り:ブラウザー ウィンドウやダイアログボックスなど、切り取りするウィンドウを選択します。
  • 全画面領域切り取り:画面全体を切り取ります。

一番メインで使うのは、「四角形の領域切り取り」なので他の機能についてはあまり気にしなくてもいいです。

 

「新規作成」を選択すれば、画面切り取りができます。

「ファイル」→「名前をつけて保存」で画像キャプチャを保存できます。

 

切り取った画像を編集したい場合

例えば、上記のような切り取りした画像に文字入れしたり、印を付けたい場合は、「Photo Scape」という画像編集ツールを使ったほうが綺麗に編集できます。

Snipping Toolでも一応できるのですが、機能が少ないので不格好になっちゃうんです。

アイキャッチ画像作成などにも使えるので、以下の記事を参考にぜひ試してみてください。

アイキャッチ画像作成におすすめ無料アプリ「フォトスケープ」がすごい

 

まとめ

以上、Snipping Tool(スニッピングツール)の使い方についてでした。

ブログ記事に画像解説を入れたり、テキスト&動画コンテンツを作る際に、なにかと画像キャプチャ&切り取りは重宝しますので、ぜひ活用してください。

 

 

生き方をお金に変える無料メール講座
(有料ビジネス教材を期間限定でプレゼント中)


●お金儲けだけじゃなく誰かのために役に立てる稼ぎ方がしたい
●自分自身の生き方(経験・才能)を活かしたビジネスがしたい
●自分のやりがいが収入に繋がる仕事をしたい

そんな人のために「生き方をお金に変える無料メール講座」を作りました。

好きなこと・得意なこと・スキルを活かして月30万円稼ぐ方法』 『安定したWEB集客の仕組みの作り方』を分かりやすく解説した生き方マネタイズセミナー(動画教材)を期間限定でプレゼント中です。



※登録は無料。不要と感じたらいつでも解除することができます。

ブログ運営者・桑名

どうも、ブログ運営者の桑名と申します。

ブログ記事を最後まで読みいただきありがとうございました。

僕は元々、普通のサラリーマンをしていましたが、29歳のときにインターネットビジネスで起業しました。

だけどお金を稼いでも稼いでも幸せではありませんでした。
「お金のため」だけでは頑張れなかったんです。

 

自分ひとりだけ稼いでも虚しいだけ、どうせなら誰かのためになれるビジネスをやりたい。

そこから、自分の経験や好きなことを活かして、人のために貢献できるビジネスの作り方を学び、ビジネスを再構築しました。

現在は「生き方をお金に変える」をコンセプトに、起業やWEB集客のコンサルティングをしています。

 

詳細はプロフィールにまとめていますので、もしご興味があれば覗いてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*