コピーライティングテクニックを学ぶより自己理解と他者理解が大事

ブログ記事、プロフィール、メルマガの添削などをしてると「何を書けばいいかわかりません」「これはどうやって書けばいいんですか」という質問がたまにあります。

 

こういう系統の質問があるときに、必ず僕が聞き返すのが

  • これは誰に向けて書くんですか?
  • それは何のために書くんですか?
  • その文章のゴールはなんですか?

というそもそもの目的ですね。

 

結局、書き手(自分)が何を伝えたいのか?何のためにそれを書くのか?がわかってないまま、「何を書けばいいのか?」というテクニックや答えを探しても、書けるはずがないからです。

 

コピーライティングで何を書くべきかわからないというのは、やり方云々の前に自己理解・他者理解が圧倒的に足りていない証拠でもあります。

 

コピーライティングテクニックは必要です

一応言っておきますが、コピーライティングのテクニックを完全否定してるわけじゃありません。

小手先のテクニックを知っているだけで、同じ意味の文章でも相手に与える印象も反応率が変わるんです。

 

単純な例として、

  • A:この商品は安くてお得ですよ!
  • B:通常3万円のところ3日間限定価格で1万円に!

AよりもBみたいに、具体的な数字(3万円が1万円に)・限定性(3日間限定)を使ったほうがメリットがよくわかります。

 

でもそれは部分的な要素にすぎず、

  • この文章で何を伝えたいのか?
  • 誰に伝えたいのか?
  • この一文は何のために書いてるのか?

があるからこそ、小手先のテクニックが活きるわけです。

 

作る料理がわからない、誰に食べてもらうかもわからない、どんな具材を持ってるかすらわからない。

そんな状態でレシピ本を買いあさったり、高性能な調理器具を集めたって、何作るんですか?って話ですw

 

コピーライティング(やり方)を学ぶより自己理解と他者理解

コピーライティングってAIDMAの法則、QUESTの法則、緊急性、限定性とか、いろんなテクニックがあるわけですが、これらはすべて手段に過ぎません。

 

例えば「プロフィールを書く」という目的を考えた時に、僕の場合は

  • 自分の理想に近いターゲットに興味・共感を与えること
  • 自分の価値観や理念を理解してもらい活動(企画やメルマガ)に参加してもらうこと

が挙げられます。

桑名のプロフィールと理念

2019年2月1日

 

ただの自己紹介をするだけの文章じゃなくて、「目的」に繋がるようにプロフィールの1つ1つの構成に意味を持たせています。

プロフィールを読んだ人が最終的に「桑名の生き方・考え方に共感した」「桑名の提唱してる情報発信ビジネスをやりたい」と思ってもらうことがゴールです。

 

じゃあそうなるためには、まず自分と読み手(他者)のことを理解する必要があるわけです。

  • なぜ情報発信ビジネスを教えたいのか?
  • なんのために自分はビジネスをやっているのか?
  • 僕にとっての情報発信ビジネスとはなにか?
  • 僕の発信によって誰を喜ばせたいのか?
  • 僕がやらなければいけない理由はなにか?

…など。

 

僕にとっての文章、プロフィールはある意味コミュニケーションツールの1つです。

僕自身がそもそも何のために今この文章を書いてるのか?誰に向けて書いてるのか?自分のことも、読み手のことも理解していないのに、文章は書けません。

 

仕事のプレゼンでも、営業のセールストークでも、同じことが言えます。

  • こちらが提案するプレゼン内容、サービス内容の特徴はなにか?
  • 相手にとってどんなメリットがあるのか?
  • お客さんがあなたの提案を受け入れる理由はあるのか?

 

ここがわかってないのに、プレゼンの技術とか、セールストーク学んでも何伝えるんですか?ってなりますよねw

 

恋愛も同じです。

相手のことを無視して自分が行きたいデートばかりしたり、相手の気持ちを察しないまま恋愛テクニック本のトークを使っても、「この人はわかってくれない」と嫌われるだけです。

 

インターネットで文章で伝えるのも、直接しゃべって伝えるのも、根底にあるのはコミュニケーション。

コピーライティングテクニックとか、テンプレートとかは二の次です。

 

「何」を書くか?ではなく「何のため」に書くか?

なんか禅問答みたいになってますが(笑)

でもこの問いは非常に大事でして…結局のところ「目的地」がわかってないままだと、いつまでもゴールに辿り着けないわけですよ。

 

それこそ「私の目的は稼ぐことです!」っていう人もいると思うんですが、お客さんにとっては関係ない話ですw

「稼ぐ!」って目標は自分の中に持っておいていいですが、自分が稼ぐために押し売りしたり、煽って騙して稼ごうとしてもお客さんから不信感を買うだけです。

 

  • じゃあ、あなたは稼ぐために誰を幸せにするんですか?
  • あなたは誰に、どんな価値を提供して、お金を頂くんですか?

ここが抜け落ちてると、いくらフォロワーやいいねを集めても意味がない。

セールスレターを型通りに書いても、「なんかどこかでよく見た胡散臭い文章」という印象にしかならない。

 

今の時代ってめちゃめちゃ情報が溢れていて、昔よりもお客さんは賢くなってるんですよ。

もう見飽きてるんです。テンプレート的な文章は。

 

あなたのビジネスは何のために存在してるんですか?って、ある意味問われてるわけです。

だからこそ、そもそもの「目的」をちゃんと思い返してください。

 

それこそセールスレター一生懸命書いてるんだけど、売りたい商品ってターゲットに合ってるの?というか、集客の段階で集めてるお客さん間違えてない?

っていう人もすごく多いんです。

 

もし仮に「目的もなくやり方にこだわっていたなぁ」と感じたのであれば、コンセプトを1から考え直しましょう。

『ゴールデンサークル理論』を事例にビジネスコンセプトの作り方を学ぶ

2018年12月31日

「生き方」をお金に変えるオンラインビジネスの作り方【無料メール講座】



※無料メール講座はいつでもメール内のURLより解除が可能です。
※i.softbank、docomo、ezweb、icloudのアドレスではメールが届かない場合があるため、他のメールアドレスを推奨しております。

個人情報の取り扱いについて

頂いたお名前とEメールアドレスを第三者へ販売、共有、公表することはございません。
あなたのプライバシーを保護すると約束いたします。



1986年生まれ、岐阜県出身・大阪在住

「生き方を仕事にできる個人を増やす」ことを理念に、インフルエンサーのような大きな影響力を持たなくても、個人が好きなことで稼いでいくための情報をブログやメルマガで配信中。

自分の生き方(才能・経験・スキル)を活かしたビジネスの仕組み化・WEB集客を教えており、
英語、音楽、恋愛、占い、転売、ハンドメイド、子育てなどサポートしてる発信ジャンルは多岐に渡る。

クライアントさん一人ひとりの理念・価値観・スキル・ステージに合わせたビジネス構築が得意。

【主なクライアント様の事例】
●オリンピック、サッカーW杯などで活躍中の英語通訳家プロデュース
●個人エステサロンオーナー様の集客支援、ホームページ制作
●関西で某有名飲食店(たこ焼き居酒屋)のホームページ制作、WEB集客支援
●オーダーメイドアクセサリー製作の集客支援、売上アップ
●スキーブロガーのコンテンツ収益化、ブログアクセスアップ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*