『職業・オレ』
~生き方をお金に変える無料メルマガコミュニティ~

「あなただから」と見込み客から選ばれる集客ブログの作り方を無料メルマガコミュニティで教えています。

自分の生き方を武器に0から月30万円を稼ぐための情報発信ビジネスバイブル(有料教材)も期間限定でプレゼント中。

 

メールアドレス

ブログ記事を毎日更新するコツは段取りと環境セット

ブログ運営主
どうも、桑名です。「生き方をお金に変える専門家」として、自分の強みや武器を活かしてブログやメルマガを使ったWEB集客や収益化の仕組み構築法を教えています。詳しいプロフィール&理念はこちら。

ブログ記事を毎日更新するって、思ったよりしんどいですよね。

「1日1記事くらいなら、まあいけるでしょw」って軽く見てると、自分の不甲斐なさに絶望します(笑)

 

僕も毎日書くと決めて、90日間連続で続けたことがあったんですが、段取りと環境セットですべて決まります。

で、スキルとか文章センスは、あまり重要じゃない。

気合・根性・意志力でなんとかなるものじゃないんです。

ということで、毎日記事をどうやったら更新できるようになるか?そのコツについて今回お話をしていこうかと思います。

 

書く前の段取りと環境セットですべて決まるの理由

ブログ記事って1つ1つタスクを細分化すると、意外と多いことに気付きます。

  • ブログ記事のネタ決め
  • キーワード選定
  • 競合サイトリサーチ
  • タイトル設定
  • 見出し
  • 本文
  • アイキャッチ画像
  • 各見出しで使う画像の選定・・etc

まあ他にももっと細かく見ていけばありますが、最低でもこれだけの作業が必要です。

 

じゃあこれを1からやろうと思ったら、メチャメチャ時間かかりますよね?

 

それこそネタを考えて、ライバルリサーチをして、、ってやってたら30分、1時間はあっという間に過ぎます。

で、そこから本文の構成を考えて。。。ってやってたら1日じゃ足りませんw

 

しかも、記事を書くことに集中できなかったり、気が散って余計なことしてしまったりで、どんどん時間はロスしてしまう。

(僕はYouTubeでお笑い動画をついつい観てしまってたことが、よくありましたw)

 

まだ書くことに慣れてないうちは、気合だけで1日1記事の更新を続けようと思うのは無理があるんです。

 

ブログ記事を毎日更新する7つのコツ

だからこそ、段取りと環境セット。

これですべて決まります。逆にこれさえやっとけば、書く段階でのハードルが下がるので、すぐに書き上げることができます。

で、結果的に毎日更新しやくなります。

 

ということで「7つのコツ」と題して、毎日更新するためにやるべきことをお伝えしますね。

 

①ブログネタは机に座る以外の時間で考える

机に座る時=ブログ記事を書く時。まず、これを徹底することですね。

 

記事ネタとか、構成のアイデアとか、これって別に机に座ってなくてもできますよね?

移動中の電車の中とか、休憩中とか、スマホさえあればどこでもリサーチできるじゃないですか。

あとは構成考えたり、タイトル決めたりするのだって、机に座ってる以外の時間でできますよね?

 

机に座って、タイトルは~、リサーチは~、構成は~って考えてると、それだけでエネルギーをロスします。時間もロスします。

で、だんだん集中力が切れていき、モチベが下がってくる。

 

そうじゃなくて、机に座ったら書くことだけに集中する!と決めて、それ以外のことは極力しないように、事前に準備しておく。

これを日々、徹底するだけでブログ記事書けるようになります。

 

②必ずブログを書く時間をルーティンで決めておく

で、そのためにはルーティンに組み込んでおくことです。

※「毎日更新」という目的を果たすこと前提にするなら、適当に、気が向いたときに書くのはNGです。

 

「ブログ記事を書く時は〇時~〇時。それ以外の時間で、ネタ探しやキーワード選定を終わらせておく」

みたいに、ルーティン化しておけば、「何を書こう?」「今からなにしようか・・」といちいち考えなくて済みます。

 

ちなみに起床してからの2時間は一番クリエイティブな思考が働きやすい、と言われてるので、「毎朝早起きして書く」というのもアリですよ。

もちろん朝できる良い人もいれば、夜のほうが集中できるって人もいると思うので、ここは色々試しながら自分が一番パフォーマンスを発揮できる時間帯を見つけましょう。

 

③書けるところから書く(自分の書きやすいパターンを見つける)

ブログの構成って、

  • タイトル
  • 導入文
  • 見出し
  • 本文
  • まとめ

大きく分けるとこの流れですよね。

 

で書く時に、導入文から順番に書かなきゃいけないとか、まずは見出しをつけてから、とか考える人がいますが、自分が書きやすいパターンで書いてください。

もし導入文からスラスラと書けそうならそれでいいし、もし導入文はすぐ思いつかないけど、各見出しと本文なら書けるっていうなら、導入文は後回しでいいです。

 

僕のやり方としては、「①タイトル→②見出し→③導入文→④本文→⑤まとめ」という流れで書くのを基本パターンにして書いてます。

ただ、それぞれ書く記事によって書きやすさも変わってくるので、その都度、書けるところから書くようにしてます。

 

運動するときでも同じですけど、初動が一番エネルギー使うんです。

 

「ダイエットのために痩せないといけないと分かってる、でも走るのめんどくさいな~」って、ダラダラ悩んでたらどんどん腰が重くなります。

でも「まずは散歩でもいいからちょっと外出よう」「近所の公園を軽く5分だけジョギングしよう」ってハードル下げて出来ることからやれば、だんだん気分も身体も乗ってきて「あと10分だけ続けてみようかな」と気持ちも上がってきます。

 

ブログ記事も同じで、動き出すことさえできれば、あとは勝手に身体がついてきます。

書きやすいところから書いていくと徐々に気分がノッてきて、どんどんアイデアが湧いてくるので、騙されたと思ってやってみてください。

 

④タイマーを使う

「この作業をあと10分以内で終わらないといけない」って言われたら、嫌でもどうにかして間に合わす方法を考えますよね?

でも期限はいつでもいい、好きな時にやればいいよ、って状況なら、緊急性がないので人間は怠けようとするんです。

 

これブログ書く時も同じことが言えて、いくらスケジュールで「〇時~〇時で書く」と決めていても、作業するときになったらどこかで甘えが出てきます。

「明日でいいかな~」「今日は疲れたからこのへんで・・」って。

 

でもタイマーの力は凄まじいです。なぜかボタンをピッピッと設定するだけで、緊張感が出てきます。

刻一刻と、タイマーの数字が減っていくのを見ると、「やらないといけない」感覚に陥りやすくなります。

時間内に書き上げないといけないので、脳みそがフル回転しだして、なにがなんでもアイデアを出そうとしてくれます。

 

スマホのタイマーでもいいし、作業用に専用タイマーを用意するのもありですね。

 

⑤作業場所を変えてみる

作業場所を変えることによって、集中力を高めることにも繋がります。

実際に僕のクライアントさんから、「自宅だと集中力がよく途切れる」という相談を受けていたのですが、よくよく状況聞いてみると、そらそうだよな~という感じでした。

 

自宅だと家族もいらっしゃるから無意識に気を遣ってしまったり、「家=休む場所」という感覚が染みついてるので、自宅に帰った途端に気が緩みやすくなります。

で、作業に集中できない時は、意志力でなんとかしようとするの辞めたほうがいいです。

 

「頑張ろう」とするんじゃなく「集中できない」って悩むんじゃなく、環境・状況を見直したほうが手っ取り早いんですよね。

モチベ湧かないとか、集中できないって、自分の能力がどうこうじゃなく、外的要因が絡んでるので。

 

そんな時は家で仕事するんじゃなく、「カフェとか図書館とかに出勤して仕事する」という習慣を作ってスイッチを切り替える工夫をしましょう。

僕も人間なのでダラけそうになることもありますし、家にいてやる気起きない時は、必ず気分転換にカフェに行ってスイッチを切り替えながら、意識高い系をやってますw

最寄りのカフェを検索(電源カフェ)

 

⑥お気に入りのBGMを流す

BGMを流してリラックスした状態で作業するのも、ブログを書くうえで大事なポイントです。

僕であれば、こんな感じのBGMをかけながら作業しています。

他にも洋楽流してみたり、邦楽流してみたり、ヒーリングミュージックなど、色々試してみましたがこの雰囲気に落ち着きました。

 

BGMは好みも分かれると思いますし、BGMないほうが集中できるって人もいると思いますが、もし試したことがない人はお気に入りのBGMを探してみてください。

桑名のお気に入り作業用BGM(Cafe Music Channel)

 

⑦書けなくても落ち込まない

ブログ記事を毎日更新することは素晴らしいこと。

でも書けなかったときに自己否定して、モチベ下がって、自分には無理だ・・とネガティブな思考になるくらいなら、「書けないときもあるからしゃーない」と割り切ることも必要です。

 

1週間だけ頑張って毎日書いたけど、急にやる気失って3か月以上書けなくなった・・・。とか意味ないじゃないですかw

毎日書けなくても、3日に1回は書くことを継続しつづければ、3ヵ月もすれば30記事は普通に書けるんですよ。1週間毎日書くよりも、こっちのほうが結果的にブログ記事増えてますよね?

 

ブログ記事を毎日更新することが大事なのではなく、コツコツ継続すること、ちゃんとブログを育てていくこと、これが一番大事です。

 

まとめ

  1. ブログネタは机に座る以外の時間で考える
  2. 必ずブログを書く時間をルーティンで決めておく
  3. 書けるところから書く(自分の書きやすいパターンを見つける)
  4. タイマーを使う
  5. 作業場所を変えてみる
  6. お気に入りのBGMを流す
  7. 書けなくても落ち込まない

 

意志力とか気合いという世界じゃなくて、ブログ記事を書きやすくするための段取り・環境作りがいかに大事か、ご理解いただけましたか?

これ試すだけで、劇的に作業効率は変わってくるはずです。

またここに書いてるもの以外でも、自分なりのコツを見つけるのも楽しいですよ。

参考になれば嬉しいです。

 この記事を書いた人 

桑名世大(くわなせいだい) ⇛詳しいプロフィール

『生き方をお金に変える専門家』として、収入+やりがいも満たしたい個人の方を対象に、自分の生き方(才能・経験)武器にして0からビジネスを作る方法を教えている。

コーチング、カウンセリング、健康、筋トレ、恋愛、カメラ、音楽、イラスト、稼ぐ系(転売、アフィリ)などジャンルを問わず、ブログやメルマガを使ったWEB集客や収益化の仕組みを構築することが得意。

起業オンラインサロン「オレマネタイズ」を運営し、オフライン+オンラインの両面でメンバーさんの起業支援やコンサルティングにあたっている。


『職業・オレ』
~生き方をお金に変える無料メルマガコミュニティ~

「あなただから」と見込み客から選ばれる集客ブログの作り方を無料メルマガコミュニティで教えています。

自分の生き方を武器に0から月30万円を稼ぐための「情報発信ビジネスの教科書」を期間限定でプレゼント中。

メールアドレス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*