【せどりすとを超えた?】アマコードという無料ツールが高機能すぎてビビった

桑名
どーも、桑名です。PC1台で好きな事を仕事にする方法、名もなき個人がオンラインビジネスで起業する方法を教えています。得意分野はブログ、メルマガ、DRM(おまけに転売も)。大阪在住、ご飯とお酒とスイーツ好きのアラサー♂です。
→プロフィール&理念はこちら

国内せどりには欠かせないリサーチアプリ「せどりすと」。

せどりで稼いでいきたいなら最低でも「せどりすとプロ」(有料版)を使うようにと、ブログでもメルマガでも、コンサルをした方たちにも言ってきました。

 

しかし、せどりすと(有料版)にも引けを取らない、無料リサーチアプリがあることを最近知って試してみたところ、予想以上に高機能だったためここでシェアしたいと思います。

 

その名も「Amacode(アマコード)」

完全無料なのに下手したら、せどりすとよりも高機能かもしれないくらい素晴らしいアプリなので、ぜひ皆さんにも試しに使ってみてほしいです。

iPhoneとAndroidどちらにも対応していますので、Androidで「せどろいど」や「セドリーム」を使っていた方はこっちに乗り換えたくなるかもしれません。

※しかも今なら期間限定キャンペーンで「3つの特別特典」が貰えるようです。

 

Amacoe(アマコード)と特別特典を無料で受取りたい方は下記リンクをクリック

→ http://buppan-ks.com/l/c/rTJzdAix/25Q17f4h

(無料会員登録後にアプリダウンロードが出来ます。)

 

Amacode(アマコード)の機能

インストアコードに対応

インストアコード

アマコードはインストアコードと呼ばれる店舗独自のバーコードの読み込みに対応しています。

せどりすとプロ(有料版)以上でないと、この機能は使えないのですが、アマコードであれば無料でそれが可能となります。

BOOKOFFやGEO(ゲオ)にある独自バーコードもアマコードでリサーチができちゃいます。

 

 

ランキンググラフ表示がすぐ見れる

波形

検索で表示された商品一覧からランキングの波形がすぐ確認できるので、売れ行きがカンタンに判断できます。

いちいちモノレートまで見に行かなくても、一覧で売れ行きがすぐに分かるので、売れてる商品かどうかの判断もしやすくなります。

 

写真 2017-01-31 13 10 04

もちろん詳細や過去のデータを調べたい場合は、直接モノレートにアクセスすることも可能です。

※ちなみにオークファンや価格ドットコムにもアプリからアクセスできちゃうので、電脳仕入れにも役立ちます。

 

 

アラート機能でリサーチを効率化

アラート1
写真 2017-01-31 13 10 56

Amazonでプレ値商品だった時、価格差が◯◯円だった時、ランキングが◯万位以内だった時、出品者が◯名以下だった時、新品出品者がいなかった時、等。

色んなパターンのアラート設定が可能なので、自分好みに設定しておけば対象の商品が見つかった時に、アプリがバイブしてくれてリサーチしやすい。お宝商品もこれで見つけやすくなるのでリサーチの幅が広がります。

 

 

利益計算がカンタン

差額

アマコードは利益計算がかなり楽です。

上記画像の例でいうと、価格表の左側がAmazon最安値・右側が手数料引いた分の価格。

左:9,800円 右:7358円 となっていれば、「7358円-仕入値=利益」という計算が瞬時にできます。

これが見れるだけでも利益計算がかなりやりやすくなったので、いちいち計算する手間も省けますね。

 

 

仕入れ設定
写真 2017-01-31 13 10 31

また、利益計算を正確にしたい場合は「仕入れ設定」をタップすれば、利益計算の画面に移ります。

在庫保管手数料も含めてシビアに計算したい方も、ちゃんとココでチェックできちゃいます。

 

 

予測変換でキーワード検索が楽に

写真 2017-01-31 13 09 33

アマコードには、なんと「予測変換機能」がついています。

今まではキーワードをちゃんと打ち込まないとうまく検索ができなかったのが、文字入力すると自動的に関連する商品をアマコードが探してくれます。

例えば「あ」と打ち込むと、「あ」から始まる商品の一覧(iPhone、アイコス等)が予測変換で表示できます。

これでかなりキーワード検索の時間が短縮できるので、メチャクチャ楽です。

 

 

MWS API設定に対応

写真 2017-01-31 13 11 07

「MWS API」の設定ができると、Amazonの商品検索が高速化されたり検索エラーが起きにくくなります。

「せどりすと」はこの機能がついてるおかげか検索がサクサク進むのですが、「せどろいど」ではこの設定が出来ないので比較すると、せどりすとに比べて検索や読み取りが遅い印象があります。

無料なのにここまで対応できるアプリって珍しいので、機能的には申し分ないクオリティです。

 

 

まとめ

正直なところ機能的な面では「アマコード」は「せどりすとプロ」と同等かそれ以上のリサーチアプリではないかというのが僕の見解です。

しかもリリースされたのが昨年12月頃ですが、当時はMWS API設定に対応していなかったものの、

カスタマーからの意見を取り入れてすぐにアップデートされたので、今後も改良が重ねられて更に使いやすくなる可能性があります。

 

写真 2017-01-31 16 00 53-tile

しかも評価だけ比較すれば「アマコード」のほうが有料レビュー多いですしね(笑)

「せどりすと」を使い慣れてる方であれば、リサーチアプリを切り替えるのに抵抗があるかもしれないですが、

「アマコード」はどうせ無料で使えるわけですから試しに使ってみる事をオススメします。

 

 

こちらの記事も人気です

→ 桑名の理念「自分だけのストーリー(人生)を生きる」ということ

 


【0から自分の好きなことでビジネスを構築できる無料メール講座】

  • 自分の才能を発掘する方法、好きなことをビジネスにする方法
  • ファンが集まるじぶんメディア(ブログ)の作り方、アクセスアップの方法
  • 爆発的に収入を上げる方法、集客ー販売の自動化方法
  • 誰でも取り組めるオンラインビジネスで月5~10万円の収入を増やす方法

160本以上・総再生時間2400分以上の動画でまとめたビジネスノウハウ集を期間限定でプレゼント中。

月収100万円を達成した経験を元に、ゼロからPC1台で収入を得ていく方法、好きなことで稼ぐ方法を教えています。

興味がある方は下記フォームからご登録頂ければ、特別なプレゼントを無料で受けてることが出来ます。

桑名世大 公式メルマガ ※登録後にプレゼントを受け取れます




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*