【やる気が出なくて作業に集中できないなら】仕組みと環境の力を使えばだいたい解決するって知ってた?

      2016/04/20

determination-899011_1280

どーもー、桑名です。

みなさん、やる気出なくて動けないーとか。

集中できなくて作業できないーとか。で悩んでないですか?

 

ブログ記事書けないとか、リサーチできないとか、

タスクが終わらないとか、勉強に集中できない、とか。

 

やるべきことはあるのに、やらないといけないと分かってるのに出来ない人のために、

僕がやってるやる気と集中力が出ない時の対処法をお伝えしようと思います。

 

※最後に動画解説のコンテンツも掲載しています。

 

僕はダメ人間です。

最初に言っておきます。

僕は何事にも全力で取り組めるようなやる気はないし、

ネガティブ思考になることもあるし、集中力は持続しない人間です(笑)

 

無理やり頑張ろうって自分に言い聞かせても出来ないし、

家で作業しようと思ってもなかなか集中できません。

 

朝起きるのは苦手だし起きてもボーっとする時間が長いし、

YouTubeとか観てしまって時間を無駄に過ごしてしまう事が多い。

 

そんな自分を責めてしまい行動できないという悪循環。。

そして行動できない自分を更に責めて凹むというドMな日々を過ごすわけです。

 

始めの頃はアファーメーションしたりとか「俺は出来る!出来る!」

って言い聞かせてましたけどもメチャメチャ苦しいんですよね。。

 

でも頑張るとか努力しようと思っても出来ないもんは出来ないし、

気合や根性で乗りきれるほど自分は優秀ではないと数年かけてやっと悟りました(笑)

 

 

敵を知り己を知れば百戦危うからず(動画解説あり)

※動画解説をご覧になりたい方はこちらから

↓ ↓ ↓ ↓

自分の敵と自分を知れ

現実と理想のギャップがあるのは仕方ないことですから、

出来ないもんは出来ないんだとまず認めることからです。

 

もちろんダメな自分のままではダメですけども改善策を見つけるには、

まずダメな自分はどんな部分がダメなのかを知らないといけません。

 

自分は何が出来ないのか?

何を問題に感じてるのか?

ブレーキとなっている要因は何か?

 

これらが分かればそれに対する対処法を考えればいいわけです。

 

僕は自分一人の力ではどうしようも出来ないし、

精神論で解決しようと思っても無理なんだと自分のダメな部分を認めれば、

まず気持ちが単純にラクになる(笑)

 

完璧主義はホントによくないですよ。

理想が高いのはいいですけども現実とのギャップが激しすぎて自己否定するパターン。

これは身体にも精神衛生上にも悪い。

 

成功者の習慣とか、「もっとこうでなければならない」は捨てて下さい。

そういうのはほんとーにどうでもいい。

 

だってやろうと思って出来なかったのが本来の自分なんですから。

 

だからまず自分にとっての敵と自分を知りましょう。

 

やる気ないとか集中力持続しないからって自己否定しても良いことありません。

更に行動にブレーキかかかって自分にとって良くない結果しか生みませんから。

 

ダメな自分でも、クソな自分でも自分は自分です。

目を逸らさずに認めさえすればやるべきことがちゃんと見えてきます。

 

仕組みと環境の力を借りよう

自分で出来ないからこそ仕組みと環境の力を借りるべきです。

もしくは他人の力を借りるのでもいいです。

 

僕は自力では出来ないことを悟ってから周りにある環境や仕組みの力を使って、

出来ないことを出来るように持っていくために習慣を構築しています。

 

たとえばビジネスで結果を出したいならば一人でやるよりも

コミュニティに属したり、誰かから教わったほうが早いわけです。

 

ダイエットなら一緒にできる仲間を探したり、

お金出してでもジムに入会したりトレーナーつけたほうがいいわけです。

 

それはお金を投資してでもやるべきだと思ってます。

 

ハードル高く感じる人もいるかもしれませんが、

一人でやろうとして結局何もできないままでいるほうが一番無意味なわけです。

 

やる気でないー、面倒くさいーってウダウダ言い訳して何もしない1ヶ月過ごすくらいなら、

月1万円を投資してやる気と集中力が上がっておまけにダイエットに成功したり、

もしくはビジネスで結果が出たほうがよくないですか?

 

それくらい仕組みや環境を利用することのメリットって大きいわけですから、

自分で出来ないものがあるなら周りにあるものを利用してしまえばいいんです。

 

 

やる気が出ない・集中出来ない僕がやってる対処法

カフェかコワーキングスペースが作業場所

僕は一人で部屋にいても集中できることは稀です。

家に専用の仕事部屋があれば別ですけどもそんなものはないし、

もしあっても家にいる時点で集中できるかどうかすら怪しい(笑)

 

だから場所を変えることが僕にとっては最適な解決策でした。

家で一人で作業できないって言う人は場所変えるだけでもホントに変わりますよ。

 

場所や環境を変えるだけで気持ちの中でスイッチが切り替わって、

不思議なことに家にいる時のようにダラけた感じにはなりにくくなるわけです。

 

カフェもマクドとか賑わってるカフェのようなところだと

空気の悪いし居心地がよろしくない空間なので逆にやる気が削がれます。

なので、清潔で静かで集中しやすい場所のほうが断然集中はしやすいです。

 

あとは特にコワーキングスペースはオススメです。

基本的に仕事や作業する人たちしかいないので集中しやすい空間ですし、

周りも仕事してるから自分もやらないと!って勝手に意識が変わります。

 

ヘッドフォンを常に着用

余計な雑音とかネガティブな情報を入れないために、

常にヘッドフォン(イヤホン)装着して行動しています。

 

自分の意識が高められたりビジネスの知識をインプットするために

移動中はセミナーの音声とか、教材の音声とかを常に流し続けています。

 

作業中はリラックスできて集中しやすい自然の音を流して、

作業中に妄想に走らないように強制的に集中しやすい環境を作り出しています。

 

自然の音(川のせせらぎとか波の音など)が出す周波数は

人間が一番リラックスできる周波数に近いと言われてるようなので、

集中したいときは自然の音を流すのが個人的に超オススメです。

 

ちなみに仕事忙しくて勉強する時間ない人とか言ってる人いますが、

ご飯食べる時間もないのですか?移動する時間もないのですか?

ってフツーに考えれば絶対あるはずだと思うんです。

 

時間を取ろうと工夫すればいくらでも捻出できるはずですから、

ヘッドフォン装着して自動学習の仕組みを使うようにしましょう。

 

これやるだけで余計な情報をシャットダウンすることが出来ますし、

意識しなくても必要な情報をインプットしたり集中しやすい環境が勝手に出来ます。

 

運動or瞑想する

運動と瞑想はメチャクチャ、オススメです。

 

やる気でないなーとか、なんかダルいなーとかそういう時には、

とりあえずジムに行って筋トレしたりランニングしたり瞑想してます。

 

終わった後にはなぜか思考がクリアになって負の感情とかでなくなるし、

やる気でないとか、ダルいとか感じなくなります。

 

鬱っぽい人とか何もやる気なくても行動出来ないっていう人は、

とりあえず走ったり、散歩するだけでも全然違いますよ。

 

科学的にも鬱の人は薬より運動するほうが改善があると言われてるくらいです。

運動で脳や体の動きが活発になるので動きたくないって思考にそもそもならない。

 

瞑想も1日朝15分~30分やるだけでもその日の集中力が全然違います。

僕も最近になって瞑想取り入れてから集中力上がりましたし、

気分を落ち着けたい時も瞑想することで効果を実感しています。

 

アメリカの研究結果でも集中力アップや脳の活性化に効果があると実証されていて、

スティーブ・ジョブズやGoogleでも瞑想を取り入れてるくらい注目されてます。

※参考記事→【元極道組長のお坊さん直伝】誰でもできる瞑想のやり方と得られる効果とは

 

運動にしろ瞑想にしろ人間の構造やシステム上効果があると言われてるわけですから、

やらないよりやったほうがいいわけですよ(笑)

 

まとめ(動画解説あり)

僕がやってる対処法なんてほんの一例ですが、

これらを生活習慣に取り入れるだけでも全然違います。

 

自分が出来るようになるための方法や仕組みさえ知っていれば

やる気があろうがなかろうが関係なく勝手に出来てしまうわけなんです。

 

やる気を出さないと出来ない・集中力がないと出来ないというのは間違いで、

自分のパターンを知れば誰にでもその人に合った出来る方法はあるんです。

 

習慣とか環境を見直すだけでも人生のクオリティ上がりますし、

ノウハウとかスキルとか稼ぎ方を学ぶよりもこっちのほうが大事だと思ってるので、

甘く見ずにぜひ実践してもらえたらと思います。

 

では今日はこのへんで。

 

 - ライフハック(生活の知恵)