【新品・店舗せどりの基本】お店に入ったらとりあえず見ておくべき4つのポイント

      2016/05/31

pen-1215435_1280

どーも、桑名です。

 

「仕入れに行ったらドコを見ればいいですか?」

「どんなお店を回ればいいんでしょうか?」

せどり仕入れ初体験の方のほとんどは必ずこんな壁にぶち当たります。

 

全頭サーチで店内すべて見ればド素人でもなんか1個は見つけられるでしょうが、

効率悪くてモチベーション下がるし稼げないので辞めましょう(笑)

 

とりあえず最初は新品メインでやるのが分かりやすいと思いますが、

この記事で新品せどりで店舗で見るべきポイントを解説するので、

まず自分で仕入れに行ってみようという方は参考にしてみてください。

 

仕入れはどんなお店を回ればいい?

「そもそもどんなお店回ったらいんですか?」

という方のために新品せどりで初心者の方がやりやすいジャンルを一応お伝えすると、、

 

・家電量販店(ヤマダ電機、ビックカメラ等)

・ディスカウントショップ(ドン・キホーテ等)

・ショッピングモール(イオンモール等)

・おもちゃ屋さん(トイザらス等)

このへんかなーと思います。

 

他にもベビー用品店、PCパーツ専門店、ホームセンター、

CDショップ、コンビニ、書店、などなど。

 

普段の買い物で利用するあなたが知ってるお店すべてが仕入れ先であり、

基本的に商品さえあればどこでも出来てしまうわけです。

 

僕が仕入先でよく行くお店はこちらの記事↓で詳しく書いてるので参考にしてください。

【せどりで月収30万円稼いだ仕入先を暴露】どこで仕入れていいか分からない?仕入先なんて無数にあるよ

 

では次の章から店内で見るべきポイントを紹介していきます。

 

 

1.ワゴンセール品をチェック

写真 2016-03-04 11 53 46

写真 2016-03-04 13 51 15

とりあえず店内に入ったら見るところは、

レジ付近、各商品コーナーの隅、通路などに配置してるワゴンセール品です。

 

売れ残りの型落ち商品・セール品などが処分特価でよく売られています。

 

とは言ってもワゴンセール品と見せかけて実は全然安くない店もあるのですが、

人気商品があり得ないやすさで売ってることもあるので当たればデカイです。

 

決算期季節の変わり目は商品入れ替えでセール品が多くなるので、

他の時期に比べ当たる確率は上がりますがどの時期でも要チェックです。

 

2.POP・値下げ札をチェック

 

写真 2016-03-04 12 05 22

「○○%OFF」「値下げ○○円」「処分特価○○円」

など、赤文字を使ったり値下げ札を貼ってる商品ありますよね?

 

この中にも利益が取れる商品が見つかることがあります。

 

効率よくリサーチするポイントとしては

値下率や値引額が大きいものに絞ってモノレートで確認しましょう。

 

 

たまに大幅値下げ!って大袈裟に書いてて値下札の裏見ると、

定価と変わらない商品や100円程しか下がってない商品がよくあります(笑)

 

写真 2016-03-04 12 04 09

特別価格かと思いきや、、、

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

写真 2016-03-04 12 04 22

。。。値段変わってないやん(苦笑)

 

 

安くなってないのに安くなってる感を出してるお店は多いので、

店側の値付けの癖や特徴がなんとなく分かって塩だったらスルーでOKです。

 

 

特価品や目玉商品がよくある場所としてはレジ付近などの目立つ場所。

それと意外とよくあるのが棚の最下段に置いてあるケースです。

 

人間の目線が入りやすい上段・中段に陳列されてる商品は

お店側が売りたい商品・人気商品なので利益が出ないものが多いです。

 

逆に最下段の目線が届きにくい場所には値下げ商品やお宝が置いてたりするので、

毎回チェックする癖をつけておけば思わぬ拾いものがあるかもです。

 

3.展示・在庫限り商品をチェック

「展示品限り「「在庫○台限り」と個別の商品に貼ってある場合も、

大幅に値下げしてる可能性があるので要チェックしておいてください。

 

よく見かけるのは家電量販店にあるプリンタやカメラなどの古い型番が、

Amazonではまだまだ需要があって高値で取引されてるケースです。

 

展示品で一度開封されてる場合だと新品ではなく中古になりますが、

「ほぼ新品」のコンディションでも利益が取れるなら仕入れちゃってOKです。

 

4.オーラをチェック(笑)

これは経験則からでしか語れないのですが、

店内を歩いてるとオーラが感じられるようになります(笑)

 

べつにスピリチュアルでもなんでもないのですが、

経験を積んでくると「違和感」を感じれるようになるんです。

 

論理的に説明するとたぶんこうだと思うのですが、

リサーチしてると脳内に商品情報が勝手に記憶されていくんです。

 

すると自然に相場観が養われていく。

 

そうなれば実物商品の視覚情報とモノレートの数字やグラフで見たものが、

記憶に残ってるのでパッと見た時に高い・安いが感覚で分かるんです。

別に具体的な商品名や価格は覚えてなくてもなんとなくで分かります。

 

これはお店にも言えることでお店にも稼げるオーラと塩オーラがあります。

 

 

お客さんが沢山入ってるとか、活気があるとか要因はいくつもありますが、

稼げないオーラが出てる店は入店して10分くらいで分かる時があります。

 

オーラを感じる力を身につけるオススメ方法としては、

リサーチ中に独り言を意識的に脳内ですることですね。

怪しい人と思われてもいいならブツブツ言ってても構いませんが(笑)

 

「○○シリーズは利益出やすいなー」とか。

「このジャンルは人気あるなー」とか。

「この系統はどれも仕入れ難しいなー」とか。

「こういう感じのお店は値付け甘いなー」とか。

 

このような仮説や検証を脳内アウトプットしてると、

点と点だったものが結びついて他の店舗や商品をリサーチしてる時に、

共通点がたくさん見えてくるようになります。

 

 

そうなると店内を歩いてると明らかにコレ安いんじゃない?っていう違和感や、

なんかこのエリアは金の匂いがする・・っていう感覚が分かる瞬間があります。

 

 

せどりのノウハウはどこいったんだ?って話ですが、

本当にそうとしか言いようがありません。

 

こんなこと教えてる人いないでしょうけどもメチャメチャ大事なことなので、

最初は分からなくても騙されたと思って普段から意識してください。

 

僕もせどりの大先輩からも何が売れるという具体的なノウハウよりも、

仕入れ現場でオーラを感じろという教えを受けてましたから(笑)

 

まとめ

1.ワゴンセール品をチェック

2.POP・値下げ商品をチェック

3.展示・在庫限り商品をチェック

4.オーラをチェック

店舗せどりで商品を見るべきポイントは理解できましたか?

 

商品やジャンルの知識・目利き力を活かして仕入れする方法はありますが、

何も知らない状態でもモノレートで分析すれば仕入れできる商品は見つかります。

 

まずは経験値を上げたり相場観を養うことを目的にして、

これらのポイントを参考に仕入れ現場で実践経験を積んでいけばOKです。

ぜひ参考にしてください。

 

それでは、また。

 -  せどり(Amazon転売)