【ヤフオク&メルカリで不要品を売るなら必見】落札相場と販売価格の相場を知りたければコレをやれ

      2016/04/02

ヤフオクメルカリ相場記事用

どーも、桑名です。

ヤフオクやメルカリで不要品を出品する際に、

「価格をいくらに設定すればいいか分からない」

そんな悩みを解消するための方法をいくつか紹介します。

 

ヤフオクでもメルカリでも考え方は一緒で、

結論から言ってしまうと大事なのはリサーチです。

 

適正な相場を把握していないがために相場よりも安く売ってしまったり、

なかなか売れずに結局自分で処分してしまうことのないように、

この記事を参考にしてもらえたらと思います。

 

※動画解説をご覧になりたい方はこちらから

↓ ↓ ↓ ↓

 

同じ商品が出品されていないかチェックする

出品したい商品が既に出品されていないか?

まずここをしっかりと調べるようにしてください。

 

商品名、型番、メーカー、色などのキーワードで検索をすれば、

同じ商品が出品されている場合に表示されてくるはずです。

 

 

ヤフオクでの調べ方

ヤフオクキーワード検索1

ヤフオクページ内の上部にある「キーワード検索」を使って調べたい商品を入力します。

※ここでは「PS4 本体」というキーワードで検索してみます。

ヤフオクキーワード検索2

「PS4 本体」に関連する検索結果が表示されるので、

同じ商品や関連商品の中から入札数や落札価格をチェックし相場を把握します。

 

大事なのは「今の落札価格」ではなくて、

「最終的な落札価格がいくらか?」です。

残り時間が少ないもの、即決で落札されてる情報を中心に見るといいです。

 

「人気+新着順」「即決価格」「入札」「残り時間」の右上タブを選択すれば、

表示順を変えることができるのでこちらも使ってみてください。

 

メルカリでの調べ方

 

写真 2016-01-12 19 49 01 写真 2016-01-12 19 50 09

メルカリのホーム画面上部にある「虫眼鏡マーク」のボタンを選択します。

すると検索画面に切り替わるので「キーワード検索」をするか、

カテゴリー、ブランド名からも検索することができます。

 

写真 2016-01-12 19 50 56

※「コーチ バッグ」で検索した結果の例

出品中の商品と既に売り切れ商品(SOLD)の情報が表示されます。

ここから同じ出品商品もしくは似たような商品がないかチェックし相場を確認します。

 

他のサービスで相場を調べる

もし同じサービス内に商品が出品されていなかった場合はどうすればいいか?

別のサービスで出品されていないかを調べればいいだけです。

 

ヤフオクになければメルカリで調べればいいし、

メルカリになければヤフオクで調べればいいだけです。

 

もしくは他のオークションサイト、ショッピングサイトからでも調べることも可能です。

「オークファン」というサービスを使えば各サイトの相場を一括で検索できるので、

慣れればそっちを使ったほうがリサーチは効率的に行なえます。

 

オークファンでの調べ方

オークファン検索1オークファンで「キーワード検索」をかけると、

各サイトで出品中の商品、落札された商品の一覧が表示されます。

※ここでは「iphone6」を例にします。

 

オークファン検索3

見方はヤフオクと似てるので右上の「落札価格」「入札」「終了」のタグから

表示順を切り替えられます。

落札結果を知りたいなら「終了」を選択するといいでしょう。

 

オークファン検索2

先ほどお伝えしたようにオークファンでは他のサイトの相場も調べられます。

「キーワード検索欄」の下にある赤枠に注目してください。

 

Amaozn、Yahoo!ショッピング、楽天オークション、

モバオク、ebay(海外オークションサイト)などカテゴリーが別れているので、

個別のサイト絞って調べたい場合はこちらのカテゴリーを選択してみてください。

 

オークファンは仕入れにも使えてしまう

相場を調べていくとサイト毎で「価格差のある商品」が見つかることがあります。

 

もしAという新品商品が楽天オークションで10,000円で販売されていて、

ヤフオクでは15,000円で落札されていれば楽天オークションで仕入れて、

そのままヤフオクで高く転売できる可能性があるということです。

 

リサーチする癖をつけておくと思わぬ利益を生み出せることもあるので、

ぜひ活用してみてください。

 

ちなみにリサーチだけであればオークファンは無料なので、

有料会員には登録しないようにしましょう。

 

それでも相場が分からない場合は?

 

どこかのサイトを調べれば参考になる価格は出てくるはずなので、

ここまでして商品の相場が分からないということは、

価格がつけられない商品という可能性が考えられます。

 

よくあるのは無名のメーカーとかブランドですね。

 

その場合はいくら高く売りたいと思ってもそもそも売れる可能性すら低いので、

低価格で出品して売れればラッキーぐらいの気持ちでいましょう(笑)

 

まとめ

同じ商品が出品されていないかチェックする

他のサービス(オークファン)で相場を調べる

売れないものは売れないから売れたらラッキー(笑)

ということで、今回はヤフオクとメルカリでの価格相場の調べ方について解説しました。

 

とりあえずリサーチが大事ということはわかったと思うので、

不要品を売る際は必ずチェックするようにしましょう。

 

それではーまた。

 -  ヤフオク&メルカリ