【ヤフオクの出品時間を短縮するコツ】あるテクニックを使えば出品作業を効率化できるよ

      2016/04/02

ヤフオク出品効率化

どーも、桑名です。

ヤフオクの出品手続きってぶっちゃけ面倒くさいですよね。

タイトルや説明文考え過ぎると30分・1時間とか平気がかかってしまいます。

 

もちろん売れるために文章や見せ方を考えるのは大事ですし、

自分の思考で出来るようになるのが一番いいです。

 

でも時間が掛かって出品できずに段々と面倒になって、

結局やらなくなるのでは意味がありません。

 

なので出品作業をなるべく効率的に行い、

尚且つ見せ方が雑にならないようにする。

ある意味小手先のテクニック(笑)をお伝えします。

 

最初の段階はこれを徹底すれば出品にも段々慣れてくるので、

参考にしてみてください。

 

※動画解説をご覧になりたい方はこちらから

↓ ↓ ↓ ↓

 

オークファンから出品したい商品を探す

相場を調べる際に「オークファン」を活用すると便利だよ。

ってことを別の記事でもお伝えしておりました。

参照記事:【ヤフオク&メルカリで不要品を売るなら必見】落札相場と販売価格の相場を知りたければコレをやれ

オークファン

ヤフオク、楽天オークション、Yahoo!ショッピング、楽天市場、Amazonなど、
各サイトの商品価格相場が一覧で検索できるサービス

 

今回はその「オークファン」を活用します。

オークファン検索画像

オークファンのキーワード検索で出品したい商品名を入力します。

※今回は「ipohne6s ローズゴールド」を例にします。

 

オークファン検索画像2

自分が出品したい商品もしくは、

商品自体は違うけども似た商品(型番、色違い、同じジャンル等)

これらを一覧の中から探して選択します。

 

オークファン検索画像3

落札された商品のページに切り替わりますので「出品する」を選択。

すると・・・・

 

オークファン検索検索画像4

自動的にカテゴリーを設定してくれますので、

そのまま「このカテゴリに出品」を選択してください。

※商品によってカテゴリー種類が違ったりするケースもあるので、

一応確認はしておいてください。

 

タイトル、商品説明

あとはいつも通りに商品説明文やタイトルを作っていくだけです。

 

でも大体は皆さんここで考えてしまいますよね。。

その場合はどうすればいいか?

 

商品説明文やタイトルの付け方に迷ったら真似すればいい(笑)

出品したことがない人が文章をずーっと考えていても、

正直分からないものは分からないです。

 

なのでその場合は他の出品者の情報を真似しちゃいましょう(笑)

もちろん完全コピーは流石に良くないですが、

表現方法や文言を変えたりする程度でいいかと思います。

 

オークファンからでも過去に落札された商品が

どんなタイトル・商品説明文だったか、どんな条件で出品していたかが

丸裸で確認できるので参考材料は無数にあります。

 

オークファン検索検索画像5

オークファン検索検索画像6

 

先ほどの落札商品の個別ページに「この商品説明の続きを見る」というボタンがあります。

ここを選択すれば情報がすぐに分かります。

 

他の商品よりも高い金額で落札されてる商品、入札数が多い商品には、

お客さんの目を惹くような工夫がなされてる可能性があります。

 

文章やタイトルの付け方が分からない場合は出来てる人の真似をすれば、

時間も短縮できますし自然とそれに近い状態で出品することができます。

 

やっていくうちに徐々に感覚が掴めてくるので参考にしてみてください。

 

写真のクオリティは追求しなくて大丈夫

写真の写し方、クオリティを気にしてしまい、

出品できないという人もいるようですが最初は気にしなくていいです。

 

デジカメをわざわざ買う必要もなくスマホで十分です。

クオリティを気にして時間をかけるようなところでありません。

 

商品の状態が分かる写真。

箱・付属品の有無が分かる写真。

型番や製造番号・消費期限があれば期限が分かる写真。

 

お客さんが商品を買う時に気にしそうな

最低限の情報が写真で判断できるようであれば十分です。

 

写真の綺麗や見栄えも大事ですが、

どこに気を遣って撮影してるかという視点で

他の出品者から参考にしてみるといいと思います。

 

まとめ

行動できずに動けない人の共通点として、

考えすぎて動けないという傾向が強いように感じます。

 

もちろん「より良いもの」をという考えは大事ですが、

それで結局なにも行動できずに終わるというのが一番の機会損失です。

なにも自分にとってプラスにならないし得るものがありません。

 

まずは60点でもいい、人の真似でもいいから、

とりあえずやってみるということが大事です。

 

この小手先のテクニックを使うだけでも時間短縮されて効率化できますし、

無駄な時間を減らして人のイイトコを取り入れながら経験が出来るのでオススメです。

参考にしてみてくださいー。

 

それでは、また!

 

 -  ヤフオク&メルカリ