【せどりの教材買っても稼げない】せどり初心者が稼げない状態から抜け出す方法

   

LISA99_MBA20141018102742_TP_V

どーも、桑名です。

巷ではせどり関連の情報発信や教材が沢山出回っています。

 

○○式せどり、ステイ○ルせどり、○○せどりの攻略法、など、

色んなノウハウがありますが教材で稼げたという人を見たことがありません。

(あるとすれば”「お客様の声」というセールスレターの文章”だけ。)

 

僕が知らないだけかもしれませんが逆にせどりの教材を買っても全く稼げない。

だから新しいノウハウに手を出してきたという人ばかりいる気がします。

 

なんで教材を買っても稼げないのか

 

それはなんとなく自分でも分かっているのですが、

それについて正直に話してる人が少ないのも事実としてあります。

(知ってる限りで数名だけ)

 

なので今回は「せどり教材なんて買っても稼げない」

というテーマで書いて色々とぶっちゃけようとも思います。

 

教材買っても稼げてない方はこれ以上無駄なお金を使わないようにするために、

「本質」というものを理解してほしいなと思います。

 

教材・情報商材の弱点

「教材を買ったら稼げる」という勘違い

色んな教材を見る限りでは間違ったことは書いてないし、

きっとその通りに出来れば稼げると思います。(たぶん)

 

ただそれはあくまでも、その通りに出来ればの話。

 

○○シリーズが人気、家電量販店で○○コーナーを探せ、

ホームセンターに売ってる○○が狙える、○○が108円で仕入れできる。

 

色んな情報やノウハウはありますがそれを初心者の方に

「じゃあこれから現場でその商品見つけてきてください」

って言っても教材に書いてある商品を同じ値段で見つけてこれるでしょうか?

 

無理ですよね。

初心者に限らず僕も同じ立場なら無理だと思います。

 

稼げない初心者の人が陥りがちなのが、

ノウハウや情報さえ知ってれば稼げると勘違いしてるという点です。

 

ゴルフのスイングを本で学んでも、恋愛のナンパ術やトークを知識で知ってても、

それが現場で実践できないと全く意味無いですよね。

練習して、試して、失敗してを繰り返して、初めて上手くなります。

 

せどりだって同じです。

知識をいくら持ってても現場で仕入れが出来ないと意味が無いわけです。

 

つまり教材・情報商材の弱点って座学しか学べないということ。

それを知ってるだけで稼げるかどうかは別の話だということです。

 

稼ぐための答えなんてない

「なにを仕入れたら稼げますか?」

「この商品はどこで仕入れたらいいですか?」

のような質問をされるせどり初心者の方はゴマンといます。

 

教材やせどり講師のノウハウを信じてその発想になってる可能性がありますが、

その方たちに言いたいのは「答えなんてない」ということです。

 

「ブックオフで○○円で買えた」という情報があっても、

あなたの近所のブックオフに同じ値段で同じ商品があるとは限りませんよね?

もしかしたらブックオフじゃなくても家電量販店で仕入れできるかもしれません。

 

「何を仕入れれば稼げるか?」「どこに行けば稼げるか?」

という考えはハッキリ言って愚の骨頂です。

 

せどりの情報を買う側も出来れば楽して稼ぎたいという本音があります。

 

だから「今は○○せどりが稼げる」と心理を煽られて、

誇張した表現に騙されたり賞味期限切れのノウハウを買ってしまうわけです。

 

これだけせどり参入者が増えてる中で絶対に稼げるジャンルとか有り得ません。

 

仮に誰でも出来て今スグ稼げるトレンド情報を知ったところで、

いつか飽和して賞味期限切れになるのは時間の問題ですから意味がありません。

(未だに売れてる情報商材にも賞味期限切れの使えないノウハウが山程あります)

 

せどりは現場でしか学べない

もちろん、自己流で教材を元に学んで稼げる人もいるでしょうが、

色んな人達を見る限りだと効率がいいとは言えません。

 

となると、教材・情報商材を買って稼げてない人はどうすればいいか。

 

答えはカンタンで、せどりをやってる人に直接教わる。

これが初心者の方でも結果を早く出しやすい方法になります。

 

具体的には仕入れツアーに参加して現場で実施研修する。

もしくは一定期間の間コンサル(サポート)を受ける。

 

自己流では正しいか、間違ってるのかも分からないので時間も掛かるし、

自分で自分のことを客観的に分析するのもかなり難しいです。

 

でも既に上手く行ってる先輩から客観的にアドバイスを貰ったほうが、

何をすべきかも明確になりますし上達が早くなるので効率がいいわけです。

 

僕自身も今までせどり教材を買って学んだことは正直一度もないですが、

それでも初月で10万円以上の利益が出て半年後には30万の利益が出ました。

 

上手くいった理由も、せどりの先輩に直接現場で教わったから。それだけです。

 

どんな視点で商品を見ていくのか、仕入れをするのかを

直接現場で実践を通して学べることが一番の成長と成果に繋がります。

 

何度も言うように教材や情報商材でいくら知識を得ても、

それを現場で使えるかどうかは別の話です。

 

学んだ情報でさえ自分なりに間違った解釈をしてる可能性だってあるわけですから、

そのズレを修正する上でも直接現場で教えてもらうことはメチャクチャ重要です。

 

実績・ノウハウで学ぶ人を決めるな

人間的に合わない人からは学べない

教わることが大事とは分かったと思いますが、

その次に大事なのが誰から学ぶのかです。

 

よく実績とか肩書きをメインに出して、

「月商400万せどらー」「ベテランブックオフせどらー」

とかハッキリ言ってダサいネーミングつけてる人が沢山います。

 

もちろん僕なんかより実力もあり結果出してる方もいると思うんですが、

実績やノウハウ自慢しかしてない人たちから学びたいとは思えまえん。

 

べつに嫉妬でもなく単純に僕が誰から教わるかを考えた時に、

自分と合わない人(実績自慢の人)から教わっても素直に出来ないと思ったからです。

 

そういう人らのほとんどが「今日は○○を仕入れました」とか

「いくら稼ぎました」とか、どうでもいい話ばかり。自己満の世界です。

 

昔、登録した後に解除したはずのメルマガが未だに配信されてきますし、

なぜか登録もしてない別のせどらーからも届くので本当に迷惑してます。

 

何の役にも立たないし共感もできない情報しか発信してない人たちばかりで、

“こんな人らがやってる”せどりなんてしたくないと思ったくらいです。

 

※もし今の僕がノウハウを前提として誰かから学ぶなら割りきって、

そのノウハウを盗んで自分のものにするつもりで学びにいきます。

 

思想と哲学

じゃあなんで、せどりをやろうと思ったのかというと、

他のせどらーと違って、僕に教えてくれた方には思想や哲学があったから。

 

「せどりなんてぶっちゃけ、やりたくないですよね。」

「せどりなんて、いつでも辞めていいんで。」

という、言葉があったからこの人から学ぼうと思ったからです。

 

「この商品を誰が求めてるのか考えてリサーチしろ」とか、

「高値がつく中古本や売れ続けてる商品の共通点を考えろ」とか、

市場を俯瞰して分析する点、思考の抽象度を上げることが重要だと教えてくれました。

 

表面的な実績やノウハウばかりに惑わされてると、

実はサポートが最悪だったり賞味期限切れの使えないノウハウだったり、

結局のところ教わった時間もお金も無駄になってしまいます。

 

べつに僕と同じ価値観の人から教わりましょうということではないですが、

自分がどんな人から学びたいのか?関わりたいか?はとても大事です。

 

まとめ

教材や情報商材のすべてがゴミとは言いませんし、

中には沢山役に立つノウハウが書かれてる商品だってあります。

 

だけど、それはあくまでも補助的なものであって、

その得た知識をどうやって現場に活かしていくかが一番重要なので、

何度も言うように教材を買ったから稼げるという思考は捨ててください。

 

もし本当にやる気があって稼ぎたいなら自分で現場に行って試行錯誤を繰り返すか、

上手くいってる人に直接教わりにいってショートカットするかのどちらかです。

 

せどりは楽して儲かるビジネスではないですので、

目先の利益やノウハウに騙されずにやるなら継続的に稼ぐための力を付けましょう。

 

では、では。

 -  せどり(Amazon転売)