【起業初心者よちょっと待て】ビジネスを始める前に、失敗しないために考えてほしいこと

      2016/01/31

whiteboard-849812_1280

どーも。桑名です。

サラリーマンでもOLの方でも、

「起業」とか「ビジネス」したいっていう人増えてきてますよね。

 

アフィリエイトとか、FXとか、代理店ビジネスとか、

まあ色々なビジネスはあるわけですけども、

結局なにか始めても続かずに辞めてしまったり、

諦めたりする人って多い気がします。

 

でも出来ることなら失敗することなく、諦めずに成し遂げたいじゃないですか。

 

「起業」や「ビジネス」を始める場合に失敗しないためにも、

「これだけは意識してほしい」ことがあるので、

これから起業したいぜーっていう初心者の方はじっくりと考えてみてください。

 

やる理由、やりたい理由ってなに?

起業したいけども行動できませんっていう人、

何かやってみたけども続かないですっていう人は、

それを「やる理由がない」から動けない可能性あるかと思うんですね。

 

本当にお金が必要で稼がないと来月死ぬとか、

この仕事が好きで楽しいからやりたくて仕方ないとか、

家族を守るためにあと○○万円の収入がいるとか、

今の会社辞めたいから自分で稼げるようになりたいとか、

やってたら面白くて時間を忘れてハマってしまうとか、

 

どんな小さな理由にせよ「やる理由」がないと人間って動けないんですよ。

 

「起業」や「ビジネス」を始めるってことは、

何かの目的を果たしたいからやるわけですよね。

その目的がないままに「起業したいです!」では本末転倒だと思うのです。

 

「自分のやる理由」と「他人のやる理由」は違う

例えばある成功者がいたとして、

「このビジネスで成功するとこんな生活が実現できるよ!」

っていうビジョンをあなたに見せたとします。

 

「おー凄い!」「俺もああなりたい!」って煽られちゃう人も多いわけですが、

本当にそれが自分のやりたいことなのかは、怪しいんですよね。

 

それが悪い事ではないですが、

それが本当に自分がやりたいことかどうかは、

ちゃんと見つめないといけません。

 

感情が煽られてやる気になっても、

やっぱり本当に必要じゃないことなら時間が経てば冷めてしまうのが普通です。

しんどいことや理不尽なことが起きたら余程のマゾでない限り、

それを乗り越えようなんて思えないのではないかと。

 

起業って良い事ばかりじゃないからこそ

起業すればお金稼げるとか、自由になれるっていう、

可能性を感じて始める人もいると思いますが、良い事ばかりじゃないんです。

 

当たり前ですけどサラリーマンやアルバイトと違って、

毎月月末にお給料が振り込まれることは約束されてません。

 

ガミガミ言う上司もいないし、いつまでに何をしないといけない、

っていうノルマもありません。だから全部自分で考えてやる必要があります。

どれだけ仕事するのも、サボるのも自由です。

 

毎日寝ずに何時間も頑張っても、

売上として収益として成り立たせないとお給料0円です。
だから正直、良い事ばかりじゃなくて、

大変なことも報われないこともあると思います。

っていうか、あります。

 

だからこそ、起業してからしんどいなぁ・・って感じることが起きたとしても、

やり続けるためには「やる理由」っていうのは絶対にいると思うんです。

 

もしくはその「やる理由」が明確になかったとしても、

それが楽しくて仕方ないとか、好きだから苦にならないっていうことでもないと、

難しいんじゃないでしょうか。

っていうか、ないと無理です。

 

そのしんどいことが受け入れられないっていうなら、

普通にサラリーマンとかアルバイトで収入得ていたほうがずっとラクです。

 

「やりたいこと」「やりたくないこと」が起業する理由に直結するか

「やる理由」を見つけるには、

自分が「やりたいこと」と「やりたくないこと」を把握しておく必要があります。

 

やりたいことでいえば、

値札を気にせず服を買いたいとか、もっと広い部屋に住みたいとか、

今のパートの時間を減らして自分の時間が欲しいとか。
やりたくないことでいえば、

貧乏な生活はしたくないとか、奥さんに苦労させたくないとか、

毎回節約ばかりの旅行はしたくないとか。

 

自分は「何がやりたくて」「何がやりたくない」かを

しっかりと言語化してみてください。

 

そして、それらの「やりたいこと」「やりたくないこと」が、

起業とかビジネスをやることに直結してるかどうかを、整理してみてください。

 

やりたいことを実現するために○○万円必要。

でも今のサラリーマンの収入では足りないし、アルバイトも時間がかかり過ぎる。。

→だから○○のビジネスで○○万円を稼げるようになって、

時間的にもゆとりのある状態を作りだしたい。

 

○○の悩みを持った人に自分の経験を活かして問題を解決してあげたい。

でも誰かに雇われたりするよりも自分で企画して活動していきたい

→だからインターネットビジネスを活用して自分の活動を多くの人に広めていきたい。

 

など。まあ..かなりザックリ過ぎますが(笑)こんな感じです。

 

ただ、もし仮にそれが起業じゃなくても他の選択肢で解決できる事もあるわけです。

 

アルバイトで解決できるとか、無駄遣いを減らせばカバーできるとか、

起業じゃなくて転職すればいいとか、

他の手段で解決できることだってあるかもしれません。

 

「起業」や「ビジネス」はあくまでも手段であって、

それで成功するとは限らないし、幸せな人生が送れるわけでもないんですね。

 

まとめ

起業ってそんなに楽なもんじゃないからこそ、

「やる理由」「やりたい理由」をちゃんと持っておいてほしいなと思うわけです。

どうしても「起業」「ビジネス」って聞くとカッコいいし、

それで成功するイメージ持ったら悪い気はしないですよね。

 

でも、あくまでも自分の人生を良くするために利用するものであります。

手段であって、目的ではないことを忘れないでいてください。

 

では、また!

 - 起業について