成功哲学や自己啓発セミナーで学んでも変われない理由

      2016/01/31

children-593313_1280

どうも、桑名です。

「成功したければ、成功者に学べ。」という言葉があるように。

(本当にあるかは定かではありませんが・・笑)

 

人生を変えたい、成功したいという自己成長欲が高い人にとっては、

成功哲学の本を読んだり、自己啓発セミナーに出るのは当たり前です。

 

セミナーに出て色んな考え方や知識を身に付けたとしても、

実践できずにま”ソレ”を学ぶためにセミナーに出続けてしまう。

 

名言や為になるお話しを聞いていくらモチベーションを上げても、

明日になればまたいつもと同じ日常に戻ってしまう。

まあ僕もその一人だったわけですが(苦笑)

 

過去の変われなかった自分を振り返ったり、

色んなセミナーでお会いした人を見てきた中で分かったこと。

 

“成功の哲学”とやらを学んでるのに”自己を啓発”してるのに成功できない。

そこの理由について考えていきたいと思います。

 

成功哲学や自己啓発を学べば変われるという錯覚

そもそも前提として、

成功哲学や自己啓発を学ぶだけでは変われないということです。

 

「何を当たり前のこと言ってるんだ・・」と思われるかもしれませんが、

多くの人は自分では気がないうちに学ぶことが目的になってしまっています。

 

成功哲学や自己啓発があなたの人生を変えてくれるわけではありません。

成功者や偉人たちがあなたの人生を変えてくれるわけでありません。

学んだ知識を自分の人生に活かすのも、人生を変えるのも自分自身。

 

セミナーでテンション上げても、成功者の良い話を聞いても、

色んな知識やマインド論を知って気持ちよくなっても、

自分の人生は全く動かないんですね、悲しい事に。

 

でもなぜか人生が変わるような気がすると錯覚に陥ってしまう….。

 

「このノウハウさえ学べば・・」「あのセミナーに参加すれば・・」

って、知識や情報だけ集めても「使わないと意味がない」

 

その得たものを「自分がそれを正しく扱えない」と、

ただの「宝の持ち腐れ」でしかないということです。

 

成功哲学や自己啓発で学んだことを正しく扱えてるのか?

上に書いた「自分がそれを正しく扱う」という考え。

ここについて掘り下げていきます。

 

「成功したければ素直になれ」というように、

うまくいってる人の言う事を守り実践する。

いわゆる「守破離」ってヤツですが、

とても大事な考え方だと僕も思っています。

 

でもぶっちゃけそれが出来ないから困ってるわけで、

それをやっても成功できないから悩んでるんですよね?

 

「正しく扱う」=「成功者の言うとおりにしろ」

という考え方のように聞こえるかもしれませんが、

そういうことではないんです。

 

まず理解する必要があるのは、

世の中の100人中100人が絶対にうまくいく成功法則とか、

誰もが100%幸せになれるノウハウみたいなものは存在していません。

 

もしそんなものがあればみんな幸せになってますよね?

みんな一人一人が違う環境で違う問題を抱えているから困ってるんですよね?

 

そもそもとして成功の定義も、幸せの定義も、

価値観も、得意不得意も、才能も、好き嫌いも全部違うんです。

 

成功者や人生の先輩方が語る経験談っていうのはあくまでも、

可能性の一つであり、事例の一つであり、

あなたが目的地へ向かうための一つのヒントに過ぎないんです。

 

「正しく扱う」というのは、

成功者の言うことがすべて正しいから盲目的になれとか、

じゃああなた自身の能力が低いのが原因だとか、

あなたには才能がないから成功できない、という意味ではないです。

 

凄いノウハウや成功者の考え方を知るのが重要ではなく、

「得たものを使ってあなたの人生でどう役立てるのか」です。

 

仮説と検証やってますか?

得た情報を正しく扱っていくためには、

仮説と検証をして“本当に自分にとって正しいのか”を知る必要があります。

 

過去の自分含め多くの人がコレやってなくて、

ただ凄い人や成功者の話を聞いて満足して終わらせてます。

そしてまた次の情報に飛びつきます。

 

例えば、ある成功者が「○○すれば幸せになります。」と言った場合。

「本当にソレって自分にとって幸せなことなんだろうか?」

と、自分で考える必要があるということです。

自分で試しにやってみる必要があるということです。

 

「これは正しいノウハウなので○○してください。」と教えられた場合、

本当にソレって正しく出来るのかを自分で仮説を立てて検証して、

もし違う結果だったら何が違っていたのか、

そのギャップをしっかりと分析しないといけないんです。

 

すごく当たり前のような話なんですけど、

これってすごく重要なポイントで。

 

もし仮にその成功者が教えてくれた情報が正しかったとして、

誰でも”その通りにやれば”うまくいくものだったとしても…。

 

あなた自身が”その通り”に正しく使えなかったら、

うまくいかないのは当たり前ですよね?

 

よく仕事でも”PDCA”っていう概念ありますけど、

アレと同じなんじゃないでしょうか。

 

成功者の教えてるノウハウや価値観とか幸せの定義とか、

「自分にとってソレってホンマなんか?」ってことを、

自分で実験してみるってことなんです。

 

だから仮説と検証する。

 

ぶっちゃけその教えられた情報が間違ったものだとしても、

自分で仮説を立てて検証して、情報を解釈できる視点があれば、

どんな情報・ネタでも使いこなすことができてしまいますからね。

 

「素直」と「依存」は全くの別物。

とは言いながらも、

成功者やうまくいってる人、人生の先輩方から学ぶことは、

メチャクチャ重要です。

 

でも、上にも書いていたようにあくまでも、

知識や情報は可能性の一つであり、事例の一つであり、

あなたが目的地へ向かうための一つのヒントだということ。

 

「誰か」が「何か」が自分の人生を変えてくれるのはなく、

自分が自分の人生を変えていく以外にないです。

 

本やセミナーで知識だけ得るだけで、

家で寝てたら成功してたなんて有り得ないですよね(笑)

 

自己成長のために素直に愚直に学ぶ姿勢は大事ですけど、

それを実際に使ってみる、試してみるっていう段階まで行ってないと、

ただ情報を得ることに安心感を得て依存してるのと変わらないんじゃないかと。

 

「あの人の言うことは絶対だ」「あの先生が言ってるから間違いない」

って、自称成功者や先生の話を聞いて気持ちよくなるだけで、

人生何も変わってないって勿体無いですからね。

 

まとめ

成功哲学や自己啓発を学べば変われるというのは錯覚。

成功哲学や自己啓発で学んだことを自分の人生に役立てられるかが重要。

学んだこと、得た知識を元に仮説と検証する。

学ぶのは大事だけど「素直」と「依存」は全くの別物。

すごく当たり前のように感じることかもしれませんが、

成功哲学や自己啓発セミナーで得た知識を、

「自分の人生でどう使うか」が結局のところ大事なわけです。

 

与えられた情報や知識を鵜呑みにしてお勉強で満足するのではなく、

「ソレホンマにそうなん?」っていうのを

まずは自分で確かめてみるっていうところから始めていってください。

 

人生を変えたい、自分を変えたい、自分らしく生きたい、

という想いが嘘でないのなら、まず一歩を踏み出していきましょう。

では、また!

 - 自己啓発とかスピリチュアルとか