【PodcastやYoutubeは儲かる?】ノウハウに踊らされて情報弱者にならないために意識すべきこと

      2016/08/02

221H

どうも、桑名です。

 

先日あるビジネス関係の飲み会に参加した時のことです。

参加者の中にWEB関係の仕事をされてるという女性がいらしたんですが、

同席してた人たち対してこんなことを言っておりました。

 

「これからはPodcastとかKindleの時代ですよ。

先行者利益があるから今のうちに参入しておいたほうがいい。」

「Youtubeやブログでのビジネスはライバルが多すぎるから今からやるのは遅い。」

 

要は、PodcastやKindleのサービスは認知度が低く、

ビジネスに活用してる人は少ないけど、

徐々に注目されつつあるから流行の波に乗り遅れるなっていうことだそうです。

 

んで、ソレを聞いてる人たちも「お~なるほど。」と頷いていたわけです。

 

まあ専門家が言うからそうなんだろうなとは思ったんですが。。

まあ凡人の僕が言うのもアレですがちょっと違和感を感じたのも事実でして。

 

こういう流行りの情報に踊らされてノウハウにすぐ飛びついてしまう人たちの一部は、

きっと同じことを繰り返してノウハウコレクター化し、

情報弱者化していくんだろうな・・・と感じたんですね。

 

そもそも価値のない情報には誰も興味がない

今は誰でも情報発信をしやすい環境が用意されてるわけですから、

自分の経験やノウハウ・知識は簡単に発信できるようになりました。

 

それによってみんな同じようなことを言い出します。

 

ブログにしろ、facebookにしろ、Youtubeにしろ、

媒体は違えど情報が乱雑しすぎてるんですね。
書籍だって同じような内容の自己啓発本やビジネス書が、

タイトルや表紙を変えて次々に発売されていきます。

 

でも正直どれを読んでもみんな似たようなことしか言ってないですよね。

 

だから誰でも知ってるようなノウハウとか役に立つ情報っていうのは、

Googleで検索すればすぐに分かることだし、正直みんな飽きています。

 

Googleで調べればすぐ分かるのにいちいちお金払ってKindle購入したり、

podcastで音声ダウンロードして時間かけて聞きたいとか思いませんよね?

 

だからpodcastだろうがKindleだろうが、

「そのサービスさえ使えば売れる」とか、

「うまくいく」なんてことは本質ではないと思うんです。

 

Youtubeやブログなどのサービスはあくまでも媒体の一つ

ぶっちゃけ、希少性の高い価値ある情報だったり、

面白い内容、もしくは「その人自身」に何かしらの魅力があれば、

Podcastだろうが、Youtubeだろうが、ブログだろうが人は集まると思うんです。

 

実際にアメブロだけでビジネスが成り立ってる人もいるし、

mixi(かなり懐かしい。笑)でも集客して稼いでる人を知っています。

※とは言っても、アメブロでの情報発信はあまりオススメできませんが。。

 

結局、facebookでもYoutubeでもブログでも、

発信者自身や情報に「価値」があると認識されているから、

人が集まるしそこにお金が発生してるんじゃないでしょうか。

 

時代遅れだろうが、価値のある情報であれば必要とする人がいるわけで、

それらのサービスはあくまでも届ける手段であり、

情報発信の媒体の一つに過ぎないんです。

 

なのに、情報に対するリテラシーがない人は、

「○○すればうまくいく」とか「○○が今の流行りだから」っていう

煽りを安易に信用してしまいます。

 

誰かが、何かのビジネスで上手くいってるのは、

「Youtubeを使ってるからだ」「facebookノウハウを活用してるからだ」と、

そのサービス自体に価値があると思い込んだり、

まるで魔法の杖のように錯覚しまっていたり。。

 

facebook集客コンサルタントとか、電子書籍コンサルタントとか、

アメブロ集客コンサルタント達、もしくは教材やセミナーに、

搾取されてるということに気付かないでいるわけです。

悲しいことですが。。

 

ビジネスとして情報発信するなら考えるべきこと

結局その発信は、

「誰に」対して「何を」提供するものなのか。

なぜ「自分」が発信する必要があるのか。

 

それがないまま「私のことを見てくれ~!」っていうのは、

ただのエゴであり、自己満足の発信に過ぎないわけです。

 

wikiとかどっかの本からそのまま引用したような辞書みたいなサイトとか。

独り言の日記しか書いてないようなブログとか。

タイトルだけで中身のないYoutube動画とか。

「誰がこれ見て得するんだ?」っていう情報は多いです。

 

ビジネス目的でブログやfacebookを活用してる人に限って該当してたりします。

 

もし仮に、どれだけ役に立つ情報だったしても、

結局人と同じこと言ってても意味がないわけで、

その他大勢に埋もれてしまうわけです。

 

それに一時的に注目を浴びたとしても、

他の人が同じことを言い出してその人のほうが魅力あるようなら、

途端にあなたの発信する情報に価値はなくなります。

 

一発逆転とかないよ(笑)

ここまで読んで頂いた方なら何となく察知してるかもしれませんが、

流行りに乗っかって小手先のノウハウを使って、

情報発信で飯を食べていくってそんなに簡単じゃないってことです。

 

その人に周りを惹きつけるようなカリスマ性やスター性があるなら別ですけど、

僕を含めてほとんどの人は凡人だと思うのです。

(と、勝手に決めつけておりますが。。)

 

最大瞬間風速で稼げたとしても、

その後パッタリと姿を見せなくなった人はたくさんいますし、

身の丈に合わないブランディングを無理矢理して失敗する人もたくさんいます。

 

だからこそ、あなた自身がその他大勢に埋もれないためにも、

発信力を鍛えていくためにブログを立ち上げて練習する必要があったり、

マーケティングを学びどうやって収益を生んでいくのか理解しないといけないわけです。

 

もし最新のノウハウに煽られて、

「次はpodcastだ!」「Kindleの時代だ!」と一発逆転を夢見てるのであれば、

自分が情報発信する内容に価値があるのかを、しっかり考えましょう。

 

まとめ

結局、どんな新しいサービスが生まれたとしても、

それを使いこなす力や自分自身の発信力がなければ意味がないという事です。

 

小手先のノウハウや流行りに惑わされて中々うまくいかなかったという人ほど、

流行りの情報を追いかけるというのは辞めたほうがいいかと。

 

「Youtubeが流行ってるからYoutuberになったほうがいい」とか、

「Kindleが流行るから電子書籍書かなきゃ」とか、

「サービスを使うことを目的」にしないでください。

 

起業やビジネスで稼ぐという手段であれば、いくらでも方法はあるわけです。

 

結果の出てない人ほど情報に踊らされず堅実に稼いでいく必要がありますから、

そのために必要な情報はメルマガなどでお伝えしています。

無料メルマガ登録してみる

 

もちろんブログでも随時記事を更新していきますので、

ぜひ参考にしてみてくださいませ。

でわ、また!

 - 起業について