「目標設定や努力しなければ成功できない」ってたぶんウソだと思う件

      2016/04/20

soldier-957707_1280

どうも、桑名です。

「成功したければ目標設定しろ」とか、

「努力すればうまくいく」とか、

そういう言葉ってよく聞きますよね?

 

よくある自己啓発とかに限らず、ビジネス書にだって書いてるし、

普通に会社とかでも上司とかガミガミ言いますよね。

 

でも、ぶっちゃけどうですかね。

それやって本当にうまくいきますかね?

 

会社から言われることならまあ仕方なくやって、

それなりに出来ることもあるかもしれませんが…。

 

自分で人生の目標立てたり、努力して何かを達成しようと思っても、

うまくいかず挫折したり思うよう行動できないと、

真面目な人ほど自分は努力できないダメな人間なんだと自己否定します。

 

でもそれって本当に自分が悪いんでしょうかね?

 

そもそも自分を責める以前の問題として…。

「目標設定や努力をすればうまくいく」

っていう神話のほうを疑うべきだと思うんですね。

 

目標設定やれって言われて立てる目標ってどうなん?

そもそも目標設定するとか、努力をするって、

自分の為にやることですよね?

 

自分にとっての「目的」=「ゴール」があって、

そこに向かうための「努力」=「プロセス」ってことです。

 

でも、その「目的」や「努力」を他人に決められたり、

自分本位ではないものだったら普通やろうって思えますかね。

 

会社から与えられたノルマならわかりますよ。

給料下がるかもしれないし、リストラとか嫌じゃないですか。

だから会社員のワタクシとして頑張る。それはなんとなく理解できます。

 

でも人生で立てた「目標」って本来誰かに決めてもらうことでもなければ、

「努力」も他人に押し付けられてできるようなもんじゃないと思うんです。

 

もしやる気が出ません、どう頑張っても行動できませんっていうなら、

それぶっちゃけ「やりたくないこと」な可能性があるんです。

 

やりたくないことは普通誰でもやりたいとは思わない

「やる必要性」をそこまで感じてないことって、

普通に考えて出来ますかね。たぶん無理ですよね。

出来たとしても続かないですよね。

 

やりたくない・やる必要がないことが出来ないのは至ってマトモです。

だって嫌なもんは嫌なんですから(笑)

それに対していちいち落ち込むのって勿体無いです。

 

そりゃ一部では嫌なことでも鋼のメンタルを持った超人であれば、

どんな目標も達成して努力も惜しまないかもしれません。

 

でも僕みたいな凡人の割合のほうが多いわけで…。

9割くらいは凡人で超人なんて1割くらいですよ。

 

人間には無限の力があるんだ。潜在能力を使えって言われても、

無理なもんは無理じゃないですか(笑)

潔く自分は凡人だと認めるべきだと思うんですね。

僕はしばらくしてから気付いて認めて楽になりました(苦笑)

 

目標設定や努力の矛先を誰かの価値観で決めてない?

もし仮に自己啓発セミナーに出たり、名言集を読んで、

「オレは成功者になるんだ!うおー!」っていう流れで、

人生の目標を決めてしまったとしたら。

 

その目標だと思い込んでる事、努力しないといけないと思い込んでる事が

ホントにやりたいことじゃなかったら…。

エラいこっちゃですよね。

 

でもそうなるケースって意外に多いんですよ。

やっぱり人生良くしたいって誰でも思うのは当たり前です。

 

自分にはなくて、他人が持ってるものが輝いて見えると、

「アレがあればきっと自分も幸せになれるんだ。」って錯覚しちゃうんです。

 

タワーマンション欲しい!とか、社長になって会社経営したい!とか、

世界を平和にする!とか、海賊王にオレはなる!とか、

 

煽られちゃうとついつい「自分もアレ欲しい」ってなります。

 

いや、そのこと自体は全然悪い事じゃないですが、

目標決める以前の問題として、

「自分の人生にとって本当に必要?」「本当にやりたいことか」

のほうが大事なんじゃないでしょうか。

 

本当にやりたいことは勝手にやっている

正直、他人から見たらどれだけ難しそうなことでも、

自分が本当にやりたいなら勝手にやってるはずだと思うんです。

 

もしくは仮にそれが嫌なこと辛いと感じることでも、

やらざるを得ないことだったら言い訳せずにやるはずですよ。

 

子供の頃を思い出してください。

 

大好きなゲームとか遊びのためなら

どんだけ疲れてても夢中でやってたはずです。

 

やりたくない宿題も怒られたくないからとか、

ゲーム没収されるのが嫌だから必死のパッチでやってたはずですよ。

 

やりたくて仕方ないっていう「快楽」か。

やらないとマジでヤバいっていう「痛み」か。

どっちかでしか人間は自力で動けないと思うんです。

 

人生の目標が達成できなかったとき、努力をサボったときに、

自分にどれだけの快楽と痛みを及ぶのか。

そこをよーく考えてみるといいと思います。

 

今やってる事にそれが全くないんだったら、

そんな目標設定も努力も本来しなくていいはずだし、

それで悩むのも馬鹿らしいですからね。

 

まとめ

イチロー選手とか、本田圭佑選手とか凄いですよね。

僕ら凡人からすれば手の届かない存在です。

 

まあ、たしかに凄いんだろうけども、

彼らも僕らもやってることが違うだけで、

行動できる原動力って近いもんがあるはずです。

 

彼らはやりたいからメチャ練習してるわけであり、

あれだけプレッシャーのある環境でもプレーし続けられると思うんです。

 

何かしらで突出した結果を出してるような凄そうな人でも、

結局やりたいから勝手にやってるだけだと思うんです。

「あ~オレメッチャ目標設定頑張ってるわ!」とか

たぶん本人も思ってないはずですよ(笑)

 

「本当にやりたいこと」や「やらざるをえないこと」だったら

目標設定とか努力とか、いちいち考えないですからね。

 

いま自分が立ててる目標や努力の方向性って、

自分にとって本当に必要なのかどうか一度考えてみて下さい。

 - 自己啓発とかスピリチュアルとか