人生に疲れた時に試してほしい3つのこと。僕はこれで精神的ストレスから解放された。

   

wanderer-455338_1280

どうも、桑名です。

真面目で、自分に厳しければ厳しいほど、精神的なストレスや悩みを抱えやすく、「人生に疲れた」といつも思い詰めてる人が多いように感じます。

僕の20代前半の生活は毎朝起きる度に会社に行くことが憂鬱で、いつもいつも悩んでいました。

当時はどうでも良いことで悩む人間だったので、「なんで自分は生きてるんやろうか」「もう人生に疲れた」と、いつも弱音を押し殺しながら生きてきました。

 

今でこそ自分でビジネスをしながら適当な感じで生きているわけですが、当時の僕がなぜそこまで悩んでいたのか、客観的に振り返ってみると原因がよくわかります。

もし当時の僕のように「人生に疲れた」と悩んでるのであれば、たった3つのことでいいので試してみてください。僕はこれをやったから、今は精神的なストレスから解放された生き方が出来ています。

きっと人生観や見えている景色まで変わってくるはずです。

 

【その1】自分の中のルールをまず1つ破ってみる

まず自分の中にある「ルール」を1つ破ってみて下さい。

多くの人は「常識」「当たり前」という価値観に、自分自身を勝手に縛り付けながら生きています。

 

ある意味、「洗脳」と言ってもよくて、「学歴が高いほうが有利」とか、「大企業に入れば安泰」とか、マイホームを持つことが幸せ」とか。色んな社会的な常識ってありますよね。

以前はそれでも通用したかもしれないですけど、今ってどうでしょうか?

中卒でも高卒でもビジネスで成功してる人は沢山いるし、高学歴なのに貧乏とか、マイホームのローンのせいで会社を辞めれず我慢して生きてる人たちって、沢山いますよね。

 

これは仕方のないことですが、幼少期から現在に至るまで、親や学校の教育、人間関係・メディアの影響を受けて、今の自分の中にある「ルール」が形成されます。

 

その何者かに与えられた「ルール」のせいで、

自分で自分を苦しめてることって意外と多いんですよ。

 

例えば、僕でいうと「正社員でないと生きていけない」っていう思い込みを持っていました。

でも精神的な我慢の限界が来た僕は、突然アテもなく会社を辞めたわけですが、その後意外とイケることに気が付きます。

 

アルバイトでも時給がいい仕事は沢山あるし、融通が効く仕事なんていくらでもある。やり方次第でちゃんと収入は得ながら働きたい時に働いて、休みたい時は休めるんです。

むしろ正社員よりいいやんって思いました(笑)

 

もちろん保証とか社会的な信用っていう部分はないです。でも僕はその環境を徹底的に利用しました。

余った時間とお金は自己投資に費やして、セミナーに出たりビジネスの勉強をしまくりました。

借金もしたり騙されたり、遠回りな道のりでしたが、、なんとか形になり今のほうが精神的ストレスもなく、当時に比べてのびのびと生きています。

 

行きたくもない飲み会に行かなければならない。会社は3年以内に辞めてはいけない。

人間関係はすべて大事にしないといけない。起業はリスクだからやらないほうがいい。

 

「こうでなければならない」っていう当たり前を辞めてみたり、我慢してたことにチャレンジしたりすると、意外とイケるやんってことに気が付くはずです。

関連記事:【価値観崩壊】金なし・才能なしの僕が秋葉原でせどりしたら日給10万円を稼いだ

 

別に、会社サボっても生きていけるし(モラル的に微妙ですがw)、会社辞めても生きていけます。

付き合いたくない人間なんかと無理に付き合わなくもいいし、やりたくない仕事は無理に続ける必要性なんてない。

疲れたなら嫌だったことを辞めればいいし、やってみたかったことをやってみればいい。

どんな選択も生き方も、自分で決めていいんですよ。

 

【その2】新しい出会いや情報に触れてみる

「人生に疲れた」って感じてる人は、ある意味、視野が狭くなってる状態にも近い。

もちろん、先程の述べたように精神的にしんどい時は、休んでいいし、無理して何かをやる必要もない。

 

だけど、「これ以上人生に希望が持てない」とか、「人生なんて面白くない」って感じてるなら、それは今の現状から判断してるだけに過ぎないです。

僕もそんな人生経験ないので偉そうなこと言えないですが、当時はホントに世の中のことを全然知らなかった。

もちろん会社という中で、社会のことを知る機会はあっても、それはあくまでも一部に過ぎないわけです。

 

一番最初に出会ったビジネスが、「ネットワークビジネス」だったんですけど、成功者と言われる人に初めて出会って価値観が崩壊したわけです。

あくせく働いて決められた給料を貰うことが当たり前だと思っていたけど、仕組みを作ってロイヤリティで何百~何千万という収入を得ている人間がいることを知って、「こんな生き方があるんだ・・」と衝撃を受けました。

 

ネットワークビジネス自体は僕自身の考えが甘くてうまくいかなかったですが、そっからビジネスや起業という世界に興味を持ち始めて、色んな人に会ったり、イベント・セミナーに参加するようになりました。

そこで出会う人たちは、普通に会社だけの世界で生きていたら会えないような人ばかりで、面白い(変な?)生き方をしてる人が本当に沢山いる。

 

  • アメリカ留学中にホームレスにお金を配っていたという謎の若者フリーデザイナー
  • 車椅子で17歳から10年間ずっと1億円を稼ぎ続けてるWEBマーケッター
  • 元メジャーアーティストだった起業家プロデューサー
  • 幼少期にUFOに誘拐されそうになり星と会話ができるという(笑)の男の子
  • 元ヤクザの組長だった瞑想指導者・僧侶の方

僕が知らない世界・知らない生き方に出会う度に、価値観を壊されます。

「あ~こんな風に適当に生きても大丈夫なんだな」とブロックが外れることもあります。(笑)

 

いま僕が取り組んでいる「せどり」という転売ビジネスや、ブログを書いて集客する方法、インターネットでビジネスをする方法を知れたのも、色んな人や情報に触れてきたからです。

関連記事:【20代の自己投資】自己投資に失敗してお金と時間を浪費しないための心得

 

セミナーに行くでもいいし、出会ったことのない人たちとの人脈を作ってもいい。

極端な話、YouTubeで動画観まくったり、ブログでネットサーフィンしまくってもいいんですよ。

インターネットは情報の宝庫です。調べまくるだけで面白い情報が沢山でてくる。

 

自分とは違う生き方、自分が知らない世界を知る機会に触れることをドンドンやってほしいなと思います。

関連記事:「やりたいことがわからない」と毎日悩むのが馬鹿らしくなるかもしれない話

 

【その3】自分を変えようとしなくてもいい

「自分を変えないといけない」「成長しないといけない」「もっと頑張らないといけない」

そうやって頑張れば頑張ろうとしてる人ほど、生きるのがしんどくなります。

 

誰かに承認してほしいがために無理して仕事して、勉強して知識を沢山入れて、

セミナーに出てモチベーション上げて、誰かと比較してもっとやらなきゃと自分を追い詰めて。

 

そういうのを辞めようよってこと。

というか、それをやり続けてきて疲れたんだから、辞めればそりゃ楽になります(笑)

 

もちろん今までアクセスを踏んできたんだから、緩める・止めるには抵抗があります。

だけど、その「変わろう」という意識で生きてきた結果、変わらないどころか今生きるのがしんどくなってる。

だったら、それは心が「休憩しよう」「そっちの方向じゃない」って言ってることと同じこと。(たぶん。笑)

 

ある意味、その1で言う「ルールを破る」に近いと思う。

「人生に疲れた」って思う人は一旦、頑張ることを辞めてみてください。

自分の中で無理してやり続けてきたこと・頑張らないといけないとしがみついてるものを、手放すと楽になりますよ。

関連記事:【TEDの記事で思った】凡人が成功者に憧れて努力すると苦しむから辞めておけ

 

まとめ

  • 自分の中のルールをまず1つ破ってみる
  • 新しい出会いや情報に触れてみる
  • 自分を変えようとしなくてもいい

この3つを心がけるだけで、これからの自分の在り方自体が変わってきます。

今は分からなくても、実は、悩みのタネは自分自身が創り出してることにも気付けるようになってくるので、そうなると生きるのが少しづつ楽になっていくはず。

ではでは。

 - やりたいこと・好きなことの見つけ方