【起業でうまくいかない人の共通点】ネットワークビジネスで成功できない人を事例に考えてみる

      2016/01/03

plush-996216_1280

どーもー。桑名です。

今も昔も変わらず「ネットワークビジネス」に夢を見て、

「成功するぞ!」とか「権利収入得るぞ!」って

キラキラ?ギラギラ?してる人はたくさんおります。

 

僕自身もネットワークビジネスをやっていた時期が少しだけあったのですが、

ネットワークビジネスで権利収入を得て自由になるって簡単じゃないんですよね。

 

それを知ってか知らずしてか、ずーっと何年経っても、

「オレは自由人になる!」とか言って、

フワフワしてる人って沢山いますよね(笑)

 

まあネットワークビジネスに限らずですが、

何かのビジネスを始める際にも同様で、

いつまでも結果が出ない人の特徴には共通することが多いのです。

 

ビジネス(仕事)をやっているという認識がない

友達をたくさん作ればいいとか、

グループ主催のパーティに呼べばいいとか、

リーダーに会わせればいいとか、

 

誰でも簡単にできそうなイメージを成功者は持たせますが、

それで権利収入が得られるならみんな成功者ですよね(笑)

 

ネットワーク「ビジネス」ですから商売なわけです。

やり方やシステムは違えど仕事は仕事です。

 

友達や知り合いを自分のお客さんにして、

ビジネスメンバーとして教育してというプロセスを踏んで、

初めて売上やお給料が発生するわけなんです。

 

目標金額があるなら、見込み客を何人集めて、

何人にプレゼンして、何人に成約してもらうか。

 

その為にセールスを学ばないといけないし、

マーケティングを学ばないといけないし、

コミュニケーションを学ばないといけない。

自社製品のことも理解しないといけない。

 

なのに、それが出来ていない、学ぼうとすらしない人って沢山います。

 

会社員の仕事であれば当たり前にやっていることですよ。

楽しいだけで適当にやってるならサークル活動と何ら変わりありません。

 

権利収入・不労所得の仕組みが出来るまではスーパーウルトラハードワーク

収入0円のまま誰にもリクルート活動することなく、

ネットワークビジネスを辞める人の割合は90%以上いると言われています。

 

「ネットワークビジネスで権利収入や不労所得を得たい」

なんて簡単に考えてる人がいますが、メチャ大変だということを自覚してますか?

 

何百人、何千人っていうグループを自分で作らないといけないわけです。

仮にグループができたとしても何らかの原因で崩壊すれば一から再構築です。

 

それまでは何百人、何千人の人に会って、

プレゼンして、セミナーに誘ってみたいなことを

毎日毎日やらないといけないわけです。

その積み上げがあってこそなんです。

 

権利収入を得て自由な生活をしてる成功者の家にも遊びに行って、

直接裏話や本音を聞いたことありますが、

その方が今に至るまでは寝ずにずっと働いていたと言ってました。

 

多くの成功者と呼ばれる人は見えないところで、

人の何倍も努力して苦労してるし泣きそうになりながら這い上がってきた。

でも、それは敢えて表上には見せないとも言っていました。

 

ネットワークビジネスに限らず、どんな仕事でも一定以上の成果を出すとなれば、

ちょっとやそっとじゃ上手くいくなんて有り得ませんよね。

強靭な精神力を持っているか、やるべき理由が明確にあれば別ですが。

 

「自由になりた~い。わ~い。」みたいにフワフワしてる感じでは、

権利収入には程遠いんじゃないでしょうか。

 

「マインド論」とか「在り方」とかウンチクはどうでもいい

「成功するには諦めない事」

「成功者のマインドを持て」

「やり方よりも在り方」

 

大体こんなことをセミナーで教えられます。

ハイ、それはごもっともです。

 

でもみんなその良い話だけ聞いて大半の自覚がない人は、

成功者のマインドを身に付けたかのような気になって、

無駄にポジティブになって満足して終わりです。

 

お勉強だけのセミナーやパーティーに参加してる暇があるなら、

プレゼンの練習して一人でも多くの人に会ってるほうが、

ずっと意味があると思うんですね。

 

ぶっちゃけ自己啓発セミナーに参加したり本だけ読みまくって、

やる気やモチベーションだけ高めて何も行動してない人と、

あんまり変わらないですよ。

 

夢は熱く語るけど、やってることは夢からかけ離れている

「私はカフェを経営したいです!」とは言いつつも、

カフェについて勉強をするわけでもなく。

 

「私は世界中を旅したいです!」とは言いつつも、

頑張って貯金してバックパッカーとして旅するなら数か月後に出来るのに、

節約して貯金することも旅費を調べることもなく。

 

やってることはセミナーに出て知識とマインド論だけ学ぶか、

飲み会とかパーティーで酒飲んではしゃいでるか、

仲間と夢を語って馴れ合っているかです。

 

もし本当に「ソレ」が夢だとしたら、

なんでその夢を実現するための行動しないんでしょうか?

 

まずは権利収入を得て自由になってからとか、

ネットワークビジネスで経営について学んでからとか、

ネットワークビジネスをやってることを正当化してる人は意外と多いです。

 

正直なところ、

「○○がしたいからネットワークビジネスやってます」という

大半の人は「ソレ」がやりたいことじゃないんですね。

 

だからネットワークビジネスでも本気になれないし、

ビジネスをやってるつもりで満足してしまっている。

 

自分は夢に向かって行動してるし(つもり)、

仲間もいるからとそこに安心してしまうんです。

 

本当にあなたがやりたいことって別にあるんじゃないの?

本当にその会社の製品のことが大好きな人、

ネットワークビジネスという仕事自体が好きな人、

もしくは「やる理由」が明確にあって覚悟が出来てる人、

であれば、そのビジネスをやってる理由は分かります。

 

でもそうでない人は何故ネットワークビジネスをやってるんでしょうか。

 

人によっては単純に仲間が欲しいからかもしれないし、

何かの目標を持って行動してる自分でないと不安なのかもしれないし、

自分に心の中にある何かの隙間を埋めようと救いを求めてるのかもしれないし、

本当にネットワークビジネスにこだわる必要性があるのかどうかってことです。

 

やるやらないは本人の自由ですけども、

もしビジネスや起業によって人生を良くしたいからとか、

収入を増やしたいから、目標を叶えたいからっていうのであれば、

手段やビジネスモデルなんて他にも沢山あります。

 

正直ネットワークビジネスにこだわる必要もないし、

あなたの目的を果たすための最善の方法を選ぶべきではないでしょうか。

 

「グループ」とか「仲間」とか「夢」という名の「幻想」に依存して、

自分の人生が変わらないままっていうのが一番勿体無いですよね。

 

「あの時にもっと視野を広げて他の選択肢を知っておくべきだった、」

みたいなことにならないように、

今一度自分の状況や目的を見つめなおすべきじゃないでしょうか。

 

まとめ

ネットワークビジネスでうまくいってない人を事例にしましたが、

他のビジネスにおいても当てはまるケースって多いんじゃないでしょうか。

 

夢や理想を語るだけで何も現実が変わらない日々を見てみぬふりして生きるのか、

自分の人生を変えていくための選択肢を取っていくのか。

 

いつまで経っても収入増えずに、

製品購入代とパーティ代が膨らむ人生なんてしょっぱいじゃないですか。

 

ビジネスはお仕事だということを念頭に置いたうえで、

自分が本当にどうなりたいか、何したいかを考えてみましょう。

 

それでは。

 - 起業について