好きなことを仕事にするなら、稼ぐまで極めるか、没頭できる状況を作るかだけ

   

notebook-405755_1280

こんにちは、桑名です。

「好きなことを仕事にする」そう思う人は沢山いますが、その好きなことを仕事にしてメシが食えてる人は少ないです。

僕自身も以前は、「好きなことを仕事にする」と決めて、色々と勉強してた時期もあり、ある分野でブログでの情報発信も別でやってたり、人に会いまくってた時期がありました。

でも稼ぐことはできなかったし、肝心の好きなことっていうのがそもそも本当に好きなことかどうかすらも途中から怪しくなって辞めました(笑)

 

僕は好きなことを仕事にするには2つしかないと思っていて、トコトン突き詰めるか、好きなことを出来る状態を創り出すか、どちらかしかないと思っています。

もし好きなことを仕事にしたいけどお金とかその他諸々の理由で行動できない、迷いがあるっていう人がいるならば、考えるキッカケにしてもらえたらと思います。

 

好きなことを仕事にしても稼げるとは限らない

自分の好き=世の中の好きとは限らない

モノが売れる、サービスが売れるのは、それに価値を感じてる人がいるから。

世の中がそれを求めているからです。だから自分がいくら好きで情熱があったとしても、それが誰にも価値を感じてもらえないなら意味がありません。

 

例えば、趣味の雑貨を仕事にしたいと思っても、雑貨屋なんていくらでもあるし、今ではネットでも買える時代ですから、余程の人脈や商品価値が突出してない限りあなたの店から買う理由がないわけです。

カフェをOPENしたい、花屋さんをしたい、って言っても設備投資や維持費を考えると、かなりのリスクが出てくるわけです。

 

ブログでも同じです。ただ言いたいこと、好きなことを書いてても読んでる人がつまらない、100人中100人が全く興味のない話だったらアクセスなんて増えるはずがないですよね?

ただ単純に好きだから仕事にしたいっていう発想は安易であって、ちゃんと戦略を持って、自分の提供したい商品、サービスが求められるものなのか?ってことを考えて設計しないと売れるはずがないんです。

 

 

好きなことを仕事にしようという風潮に流されてませんか?

世の中では「好きなことを仕事にしましょう」という風潮が最近強くなっています。

ビジネスコンサルタントとか、自己啓発セミナー講師とかが、「自分の世界観を売り出しましょう。」「自分の好きなことをして生きましょう。」って言うわけですけど、あーいうのってほとんどが商売文句だと思って下さい。

 

風潮に流されて多くの人が「好きなことを仕事にしたい」と教材買ったり、セミナーに出たりしてますが結果が出てる人って少ないです。最初からそんなこと出来る人って元々能力があるか、カリスマ性が高い人です。

というか「好きなことを仕事にしましょう」とか言われる前に、本当にやりたくてやってる人は結果が出ていようが勝手にやるし、ただ煽られてやってみたいっていう人は、本当にやりたいことじゃない可能性だってあるわけです。

 

極論、好きなことを仕事にする必要性なんてないんです。もし自分が本当にやりたいならやればいいし、別に好きなことで稼げなくても、好きじゃないけど稼げてる仕事があって満足してるなら、それはそれで良いと思うんです。

もちろん好きなことを仕事に出来るなら、それに越したことはないですが、それによって貧乏になったり、結果が出なくて精神的なストレスが掛かるようなら、それって我慢してまでやるべきことなのか?って考える必要があります。

 

好きなことを仕事にして生きていく方法

その分野でトップクラスになるまでトコトン極める

もし本当に自分が好きなことだけを仕事にしたいなら、トコトン誰にも負けないくらいその分野で突き抜ける必要があります。

イチロー選手、本田選手にしろ子供の頃からずっと野球やサッカーに没頭し続けてきたからこそ、海外で活躍できる選手になっているわけです。

2人共才能があったからかもしれないですが、本当に成功できるかどうかも分からない、いつ身体が壊れるかも分からない状態の中でも、自分を信じてやってこれてるのって、本当にそれが好きだからしかないと思うんです。

さかなクンっていう魚好きのタレントさんいますが、子供の頃から魚が好きすぎて勉強そっちのけで、魚の研究に没頭してたから、あのポジションが確立できてるわけです。現に活躍や実績が認められて、海洋大学の准教授にもなれるくらいですからね。

それくらい極める、「人生=それ」と言えるくらい体現してる人であれば、その分野でトップクラスになれるだろうし、勝つまでやり続けられるわけですから、そりゃ上手くもなるし、成長するよねって話です。

 

この本にも書かれてるように、人間は1万時間を費やせばその分野で一流になれるということが書かれてます。1万時間って多いなて感じるかもしれないですが、本当に好きな人なら頑張るとか、努力っていう概念はないんですよね。

1万時間やれば成功できるかどうかは置いておいても、やりたいからやる。ただこれを続ければいつかは勝てるという話です。だって勝つまでやってるわけですから(笑)

 

ただ、好きだけじゃ意味がなくて、それを価値として誰かに提供したいのなら、その戦略を考えないといけないし、発信しない限りは誰も見てくれません。

それで言うと、ブログを作ってネットで情報発信するっていうのは、誰でもカンタンに出来るし、やり続けた分だけ影響力の範囲が広がっていきます。

好きなことを仕事にしたい人以外でも、何か起業したい、ビジネスしたいなら、自分のブログ(メディア)を持つことは武器になるので、是非ともやってほしいです。

 

稼げなくても好きなことを続けられる状態を作る

好きなことを仕事にする前に、まずはお金と時間の制限をなくすことにフォーカスする。

好きなことを仕事にしても続かないのは、お金が稼げないから続けられない、諦めて他の仕事を優先せざるを得ないという問題が一つあります。

 

例えば、生活に支障が出ないなら仕事の量を減らすでもいいし、収入を落とさないようにビジネスで収入源を確立するでもいい。その上で、生活費は安定して稼げてる状態をキープしつつ、やりたいことに没頭していく。

だからこそ、まずはやりたくないことでもいいからビジネスでまず月10万でも、15万でも自分で稼げるようになれば、お金のことをいちいち心配したり、会社に拘束されることもなくなります。

 

ほとんどの人は好きなことを仕事にしていきなり生計が立てられるほど、才能やスキルがあるわけではないので、まずは好きなことを優先しても生活に支障がない状態を作ることのほうが、リスクもなく精神的ストレスも少なく取り組めるんじゃないかと思うんですね。

せどりでも、アフィリエイトでもなんでもいいけど、何か本業とはべつの収入源は作っておいて損は絶対しないので、貧乏になろうが好きなことを没頭し続けても平気な人以外は、何か一つ収入源を作ることをオススメします。

 

参考記事:副業・ビジネス初心者の方が最初にやるべきこと

 

まとめ

好きなことを仕事にする生き方も、しない生き方もどっちも正しいも間違いもありません。好きな仕事をやっていたから幸せな生き方が出来るとか、そうじゃない人は不幸になるとかもありません。

好きなことをトコトン突き詰めるのありだし、出来る範囲の中で好きなことをやるのだっていいわけです。

他人や周囲の風潮に流されず、自分にとって質の高い人生を歩むには何がベストなのか?という視点で考えてみてください。自分の立ち位置から地に足をつけて今すべきことをしっかりと考えましょう。

 

ではでは。

 - 起業について