【自己啓発に疲れた人にこそ知ってほしい】自分らしく生きるために必要な6つのこと

      2016/01/31

kokeshi-633704_1280

どうも。

クリスマスを一人で過ごすことを「クリぼっち」と呼ぶことを

昨日初めて知った、桑名です。

まあ、そんなことはいいとして…(笑)

 

「自分らしく生きたい」って誰もが思ってる…かは知りませんが、

少なくとも現代社会で生き辛さを感じてる人にとっては興味深いテーマかと思います。

 

「好きなことをしましょう!」「ありのままで生きよう!」「目標を持て!」

まあ色々と言われてるわけですけども(僕も似たこと言ってますが。笑)

それが分かんないから困ってるわけですよね。

 

好きなことをやれって言われてもその「好きなこと」が分からないし。

ありのままの自分って言われても自分は自分だし、

目標立てても結局出来ない自分に対して凹むし。

 

「自分らしく生きる」方法を見つけるために、

自己啓発セミナーや色んな本で情報や知識を得れば得るほど、

どんどんしんどくなっていきませんか?

 

かつては僕も自己啓発やスピリチュアルや成功哲学マインドを学んでて、

同じように自分のことがどんどん分からなくなっていた時期があります。

なのでお気持ちはよく分かります。

 

そんなかつての僕のような自分らしく生きようと頑張った結果、

逆に苦しくなっちゃってる人に少しでもラクになってほしいなと思うので、

(不謹慎な意味ではございませんw)

「自分らしく生きるための6つのこと」と題してお伝えいたしまする。

 

1.目標や夢なんて持たなくてもいい

「目標持とう!」「夢を持て!」と他人から煽られて、

他人の真似をして持った目標や夢であれば持たなくていいです。

 

だってソレがあなたのやりたいことじゃないなら、

それは「あなたの目標」じゃなくて「他人の目標」です。

 

セミナーで「夢を語ろう」みたいなワークとかありますけど、

そこで語っていた人の中で本当にその目標とか夢に向かって動いてる人って、

どれくらいいるんでしょうかね。

 

自分らしく生きたいと思ってるのに現実変わってない人は

「目標や夢を持つことが目的」になっていませんか?

夢リストを書くとか、欲しいものをイメージするだけになってませんか?

 

他人から与えられた目標なのに、頑張ろうとか絶対に達成しようなんて、

本気で思える人やデキル人なんてほとんどいないです。

 

それなのに出来ない自分を責めて、

自分を見失うなんてバカバカしいですよね。

そんな目標や夢であれば捨ててください。

もし持つなら「あなたの」目標、夢を持ってください。

 

2.成功法則や自己啓発本に書いてあることを真に受けない

成功哲学や自己啓発本には、

「幸せになるには、成功したいなら○○をしなさい」

みたいな成功法則やマインド論など書かれていますよね。

 

でもそこに書かれてることを真に受けて、

どれくらいの人が理解できて実践できてるでしょうか?

 

これは、理解できない・実践できないあなたが悪いんじゃんです。

 

そこで言われてる成功法則ってその著者や成功者が経験を元に、

分かりやすく抽象化したものであって「全て」ではないということ。

「正解」「答え」が書いてあるわけじゃないんです。

 

価値観も、能力も、条件も、人間関係も、みんな違うはずなのに、

その人がやった通りにやってみんな同じ結果になることなんて、

有り得ないじゃないですか。

 

 

もう一つ付け加えるなら成功の定義も幸せの定義は、

あくまでその人の価値観や主観であって、

「あなたの人生に当てはまるとは限らない」ということ。

 

「本の著者にとっての幸せな生き方」が

他の人にとって幸せかどうかは別の話なんです。

 

成功法則や自己啓発本に「正解」「答え」を求めてしまうと、

かえって自分の価値観や幸せを見失うことに繋がってしまいます。

 

しかも知識や情報やマインド論を知ってしまうと、

余計な固定概念やプライドまで芽生えてきます。

 

「あれは違う」「でも○○だし..」みたいに

行動よりも先に思考が優先されてしまって動けない自分の出来上がりです。

 

使えない(使いこなせない)「成功法則」や「マインド論」の枠の中で、

自分の人生を選択しないようにしてください。

 

あくまでも、

ヒント」「一つの可能性」だと考えてみてください。

 

3.成功者になろうとしない

成功者や凄い人を見るとどうしても憧れを抱いてしまって、

「自分もああなりたい」と他人との比較をし始めてしまいます。

 

「凄い人」とそうでない自分のギャップが大きいほど、

真面目な人は特に自己嫌悪に陥ったり劣等感を強く感じてしまうんです。

 

 

でも、大半の人は凡人なわけです。

生まれた時から恵まれた才能やセンス持ち合わせた超人なんてごく僅かです。

なのに「自分は凄い人になれるんじゃないか」と勘違いをして、

自分じゃない自分になろうとして勝手に自分を苦しめてしまいます。

 

あなたは成功するなとか、成功できないって言いたいのではなく、

「成功者」と呼ばれる人と同じ人生を歩む必要性は全くないということです。

上にも書いていたように他人の価値観に踊らされて、

他人の目標とか夢で生きてしまうと自分を苦しめてしまうだけです。

 

あなたはあの人みたいな成功者になりたいんでしょうか。

それとも自分にとっての成功を手にしたいんでしょうか。

 

もし後者であれば「自分にとっての成功」って一体なんでしょうか。

 

あなたが「こうなりたい」って思ってる理想像は本当に自分が求めてるものか。

他人との比較・成功者との比較や借りてきた言葉じゃなく、

「自分はどう生きたいのか」にフォーカスを当ててみてください。

 

4.インプットを辞めて自分と向き合う時間を作る

セミナーや本から情報や知識を吸収し続けると、

それに振り回されてしまって自分の価値観が見えなくなってしまいます。

 

どうしても何かを学ばないと不安になったり、

立ち止まっているような感覚になってしまうかもしれませんが、

そんな時こそインプットするのを辞めてください。

 

知識や情報の過度なインプットは、

PCで例えるなら不要なソフトやアプリをインストールし過ぎて、

動作が重くなってしまってる状態です。

 

職場や家族や友人関係においても周りから色んなことを言われたり、

テレビやネットから情報が入ってくると余計な雑念が入りやすいです。

 

だからこそ自分と向き合って考える時間をぜひ設けて、

「自分はどう生きたいのか」「本当はどうしたいんだ」

ということ整理してみてください。

僕自身も最低でも週1回は自分と向き合う時間を設けていて、

ずっと1日中カフェで引きこもってることもよくあります(笑)

 

【脱ノウハウコレクター】300万円の自己投資を無駄にした僕が人生を変えるために実践した3ステップ

 

あとは、ここの記事にも書いていたように「断捨離」することで、

自分にとって必要なもの・不要なものが見えやすくなっていきます。

一度試してみてください。

 

5.損得勘定や世間体ではなく自分がやってみたいことをやる

何かを決めたり、始めようと思った時に、

「損か得か」「周りはどう思うか」という判断基準で選択しがちです。

 

「本当はこうしたいのに、友達や家族から反対されたら…。」

「みんながそうしてるから、自分も同じものを選ぼう。」

自分の意見や価値観よりも周りや世間の価値観に合わせてしまうこと。

 

セミナー業界やビジネスの世界でも同じです。

 

「このノウハウさえ手に入れたら成功できます!」

「これからコレが流行るので今から始めれば儲かります!」

「今人気の○○先生のセミナーです!」

 

そうやって他人や外部からの影響を受けてしまうと、

自分の判断基準とは関係ないところで動いてしまいがちです。

 

テレビや広告雑誌の世界でも似たものがあります。

「○○するとお得です!」「期間限定サービスです!」という宣伝を見ると、

別に必要でもないのについつい買ってしまうこと。

 

自分が興味があること、やりたいことを既に持っているのに、

誰かの情報に惑わされて余計なことに時間やお金を割いてしまってるなら、

すごく勿体無い事です。

 

今までもしそれを基準に何かを学んできて、

何も結果が出てない・自分らしさが分からないのであれば、

あなたにとって必要ではなかったことかもしれません。

 

であれば、

得とか、損とか、周りがどうとか、流行りだからとか関係なく、

自分が本当にやりたい、興味があることを基準に選択してみてください。

 

6.今までとは違う新しい出会いや体験に飛び込む

自己啓発セミナーばかり受けてる人。

スピリチュアル系の本ばかり読んでる人。

ビジネス系のノウハウばかり学んでる人。

 

なにかに特化してずっと学んできてる人は、

その世界しか知らなかったり、視野が狭くなってる場合があります。

 

そういう人こそ全く違う業界や分野に飛び込んで、

実際に違う分野で生きてる人たちに会ってほしいんです。

 

自己啓発系しか学んでこなかった人が農業とか自然の体験をしてみたり、

スピリチュアル系しか知らない人がネットビジネスのセミナーに参加してみたり、

全然関心すら持ってなかったジャンルの本を読んでみたり、

今の仕事がどうしてもい嫌なら思い切って辞めて旅をしてみたり、

 

今まで固定した世界の中でしか生きてきてなかったからこそ、

違う世界で生きてる人や文化に触れることを積極的にしてほしいんですね。

 

そこから自分の中で新しい気付きが生まれたり、視野や価値観が広がったり、

新しいご縁によって別のキッカケが生まれる可能性があります。

 

人間って自分を自分で変えられるほど強くないし、

今まで自分が成長したり価値観を形成してきた要因って、

「人間関係」と「環境」から得た「体験」しかないと思うんですね。

 

家族、学校、職場、恋愛、引っ越し、旅…etc

 

自分一人で何かを成し遂げたり学んできたわけではなく、

色んな「出会い」や「環境の変化」から「体験」して影響を受けてきてるから、

「今の自分」がいるわけです。

 

じゃあ「今の現状」に満足してない・もっと成長したいと思うなら、

「環境」や「人間関係」を変えていくしかないと思うんです。

 

だから自分が知らない新しい「環境」や「出会い」に

どんどん身を投じて「体験」をしてくべきじゃないでしょうか。

 

まとめ

1.目標や夢なんて持たなくてもいい

2.成功法則や自己啓発本に書いてあることを真に受けない

3.成功者になろうとしない

4.インプットを辞めて自分と向き合う時間を作る

5.損得勘定や世間体ではなく自分がやってみたいことをやる

6.今までとは違う新しい出会いや体験に飛び込む

「自分らしく生きたい」と頑張って勉強すればするほど、

その頑張って身に付けた情報や知識が邪魔をすることはよくあります。

 

でも誰かになる必要もなければ、

成功者と自分を比較して責める必要もないわけです。

 

情報で溢れかえって生きにくい世の中だからこそ、

周囲に振り回されず自分の価値観や感性を忘れないようにしてください。

凄い人になろうと誰かの真似をしなくても、

自分にとっての幸せな人生の為に生きたほうがいいじゃないですか。

 

では、今日はこの辺で。

 - 自己啓発とかスピリチュアルとか