【誰も知らない伊勢の最強パワースポット】元極道組長の僧侶に会いに行ってきた話 in太江寺

      2016/04/20

玄龍さんレポ記事用

どーも、桑名です。

今日はいつもとは違って珍しくプライベートな記事です。

 

1月7日~9日まで三重県の伊勢に滞在しておりました。

伊勢といえばパワースポットで有名な「伊勢神宮」。

 

でも今回は「伊勢神宮」へのお参りが目的ではなく、

伊勢神宮よりヤバいパワースポットと言ってもある意味過言ではない。

とある方が主催された瞑想会に参加して参りました。

 

今回はその瞑想会に行った時にお話です。

※瞑想についてのやり方や効果を知りたい方はこちらへ↓

【元極道組長のお坊さん直伝】誰でもできる瞑想のやり方と得られる効果とは

 

伊勢神宮よりヤバいパワースポットって?

元極道組長の僧侶

その方とは元極道組長の僧侶 玄龍ケヴィタさん。

(ここでは「玄龍さん」と呼ばせていただきます)

 

たまたまブログにて玄龍さんの事を知ったわけですが、

とりあえず人生経験がヤバいんです(笑)

■名前

新垣玄龍 ケヴィタ(ミャンマー出家名) 沖縄出身。

■略歴

22歳の頃から実業家として活躍し29歳で地元ヤクザの有力団体の構成員となる。

32歳で有力団体の組長を継承。

その後、獄中生活にて座禅瞑想をして過ごす中で覚醒体験を得て仏道へと本格的に傾斜していく。

40歳で仏道修行するために一切を捨てて修行の旅に出た後に組織から絶縁される。

自給自足の禅寺曹洞宗安泰寺や日蓮宗の寺院の修行を得て平成26年9月16日伊勢二見の真言宗寺院太江寺で出家得度する。

仏陀の瞑想方法を護持指導するミャンマーパオ森林僧院モービー支部で出家し瞑想修行に精進。

 

 参照:【ブログ】元ヤクザの僧侶 玄龍ケヴィダのマインドフルネス

こんな破天荒な経歴をお持ちのお坊さんが伊勢にいて(大阪から行ける距離)、

しかも2泊3日の瞑想合宿(リトリート)を開催するって言ってるではないですか。

 

そんな情報を知ってしまったら僕の好奇心が反応しないわけがない(笑)

伊勢神宮のパワースポットよりもヤバそうな感じがするわけです。

 

もちろん瞑想については興味のある分野でもありましたが、

こんな機会は自ら飛び込まない限り経験出来ないと思ったので迷いなく申込しました。

 

 

そして瞑想会の当日。

 

 

瞑想の開催場所である太江寺に着くと受付にお手伝いらしきおじいちゃんがいたので、

瞑想会に参加しに来た旨を伝えると待合室へと通されました。

 

( お手伝いだと思っていたおじいちゃんが「お寺の住職さん」だったと後から聞かされ、

「お手伝いのおじいちゃんと思ってごめんなさい」と心の中で何度も懺悔しました。)

 

 

待合室で待ってる間は心臓バクバクですよ、もう。

だって、いくらお坊さんとは言え元極道の組長ですから。

先入観度合は半端じゃないです。

 

「地獄の2泊3日になるかもしれない。」

お茶をすする余裕を装いながら最悪のケースを覚悟しその時を待っていました。

そうして待っている間にえんじ色の法衣を纏ったお坊さんが、

こちらに近づいてくるのが分かりました。

 

 

 

 

僕「き、来た。。さすが修羅場を潜り抜けてきたお坊さんだ。

この距離でもなんか凄いオーラを感じるぞ(きっとそんな気がする)」

 

nc71092


nc71092

nc71092

 

 

 

 

玄龍さん

「ど~も~、はじめまして。玄龍です~。」

(良い人オーラ全開)

 

 

仏に見えました。

 

 

僕:(メッチャ良い人やん…)

 

気になるお人柄

元極道の世界にいたことやお坊さんとして修行されてる身なので、

規律にすごく厳しいのかと思いきや全くそんなことないんですね。

 

ホントに元極道だったのか?って感じるくらい、

いつもニコニコしててメチャメチャ優しく温厚な方です。

 

瞑想合宿中に関しても基本的になにか口酸っぱく指導されたり、

厳しいルールや罰則があったわけでもありません。

 

 

瞑想会に限らず早朝の瞑想は欠かさず行ってるそうですが、

仮に修行者の方が瞑想の時刻に寝坊で遅れたり欠席したとしても、

玄龍さんは怒ることも何か指導することもしないそうです。

 

あくまでも自主性を重んじて常に見守るスタンスであり、

「瞑想は自主的にやるものであって強制するものでもない。」

本人が自分の問題に自ら気が付いて自発的にならないと意味がない。

という言葉がとても印象的でした。

 

 

なんかお坊さんとか修行者の方ってすごく硬いイメージがあるんですけど、

玄龍さんって全然真逆で良い意味ですごく人間らしいんですね。

 

 

瞑想会最終日に伊勢にある「simmeという美味しいヴィーガン料理のお店に

ランチに連れて行っていただいたんです。

写真 2016-01-08 12 33 18

そこでアボガドバーガーを2人で食べてるときに、

「コレ、メッチャ美味いよね!選んで当たりだったね!」

って無邪気に食べてる姿がなんとも微笑ましかったです(笑)

 

でもホントに美味かったですしメチャ雰囲気良いお店なので、

伊勢に立ち寄った際はsimme要チェックです。

 

仏教徒としてだけでなく社会貢献活動にも

ミャンマーに出家し、瞑想修行するなど仏教徒としての道を進む一方で、

社会貢献活動にも力を入れておられます。

 

ミャンマーでの修行中に貧困問題を目の当たりにした経験や

自給自足率40%ある日本が食糧廃棄量世界1位という背景を知った事がキッカケのようです。

 

貧困国の食糧問題を解決するためにNGO法人を立ち上げたり、

様々なビジネスマン達とのパイプも作っていってるようです。

 

内にこもって修行して終わりでなく、

外部に発信して影響を与えていくという姿勢は純粋に素晴らしいなと感じました。

普通のお坊さんとは全然違いますよ。

 

2泊3日の瞑想会って何するの?

ある一日のスケジュール

さて瞑想会の内容に関してですがザックリとこんな感じです。

5:50起床 → 瞑想(1H)→ 休憩 → 歩く瞑想(1H) → 休憩・朝食 →

瞑想(1H) → 休憩 → 参加者同士の対話(1H) → 瞑想(1H) → 休憩 →

瞑想(1H) → 休憩 → ストレッチ → 休憩 → 法話 → 休憩 → 瞑想(1H) →

自由時間・就寝

1日に約6回(6時間)はひたすら瞑想

瞑想中は自分の内面と向き合うことを徹底して行っていきます。

 

ただ特に厳しい決まりもなく自由時間や休憩時間も適度にあり、

リラックスした雰囲気の中で時間を過ごすことができます。

 

そしてまたこれでもかってくらい瞑想。自分と向き合います。

 

 

瞑想会の参加者

瞑想会の参加者は僕の他にもう一人いました。

半年以上の国内旅を経て玄龍さんのゲストハウス「愚狂庵(ぐきょうあん)」に、

1か月以上住み込みをしてる僕と同世代のT君。

 

アートとヨガを愛し人生について真剣に考えてる。メッチャ良い人。

そして朝に弱いらしい(笑)

 

元極道の僧侶との対話から学んだ4つのこと

答えは自分の中にある

玄龍さんはハッキリおっしゃいました。

「ご利益を願っても何の解決にもならない。

自分の問題は自分で解決しない限り答えは見えてこない」と。

 

何かを信仰したり、祈願する気持ちは大事かもしれません。

でもそこに依存し執着し自分の問題から目を背けては何の意味もない。

 

「自分の人生を良くしたい」って思ってるのにも関わらず、

誰かの価値に依存し絶対的な答えを求め続けて一向に答えが見つからない状態。

自己啓発でもスピリチュアルでも似たようなものです。

 

いつまでも他力本願のお願いごとをし続けて、

起きもしない奇跡を信じていても何も変わらない。

 

自分の問題に自分で気が付いて自らが改善しようと思った時に、

初めて現実が動くんじゃないでしょうか。

 

「気付き」の大切さ

瞑想の目的としては自分の心の状態を観察し自らで浄化することです。

 

これ別に霊的なオカルト的な話じゃなくて、

自分の状態を客観視できるようになることで自分の問題に気付けると、

自分の力で改善できるようになっていくということ。

 

僕らはいつも意識的に自分の意志で選択してるつもりでも、

ほとんどが「無意識」によって突き動かされています。

 

日常生活でも、仕事でも、人と話してるとき、歩いてるときでも。

今目の前にある物事をありのままに見ることが出来ず、

思い込みで常に過去や未来のことで頭がいっぱいになってしまっています。

 

そして不安になったり、落ち込んだり、自分や他人を責めてしまう。

 

自分の心の状態に気付けないと人は同じことをずっと繰り返します。

 

瞑想を通じて「ありのままの状態に気付き」「自らの心の状態に気付ける」

悩みの原因や無意識の衝動に駆られてしまう構造が理解できるということだそうです。

 

これは仕事のパフォーマンスであったり、

物事を考え創造する際にも大きく影響してくるそうです。

 

瞑想法の詳細や構造についてまでは書きませんが玄龍さん曰く、

「瞑想はただのリラックス法でない。瞑想は能力開発だ

と仰っていた理由がよく分かります。

 

人間はみんな弱い

玄龍さんが以前極道の組長だった頃、

お金も、実績も、名誉も何もかも手に入れていたにも関わらず、

「不安で仕方なかった」と当時を振り返って仰っていました。

 

どれだけ大金が入ってきても失うことへの不安を常に抱えたり、

周りから見られてる自分像を崩さないように無理をしていたこと。

 

逆に何も持ったなくなった今のほうが、

自信に満ち溢れていて自分の価値観がブレなくなったそうです。

 

「モノや金や人間関係を盾に自分を大きく魅せてる人ほど本当は弱い人間。

でも人間はみんな弱い。だから自分を弱く魅せないようにしてる。」

そんなことを仰っていました。

 

執着を手放すと新しいものが入ってくる

「収入も、肩書きも、地位も、名誉もすべて捨てて、

0から僧侶としての道を歩み始めることは最初は怖くなかったんですか?」

 

そんなことを玄龍さんに質問しました。

 

やはり最初は「怖かった」とのこと。

 

でもその執着してるものを手放して本当に求めてる方向性に進まないと

結局なにも変わらず今まで通りにしかならない。

でも結果的に新しい人達と繋がれたり、色んな方達から支援してもらえたり、

心配してたお金の悩みもなんとかなった。

 

先に進みたいならいま執着してるものを勇気をもって手放すしかないよ。

手放せばちゃんと新しいものが入ってくるから。

 

この言葉はずっとこの先も忘れてはないけないような気がします。。

 

知られざるパワースポットは他にもあった

今回、瞑想会の場所として使わせて頂いた「太江寺」「愚狂庵」

 

歩くパワースポットこと玄龍さんはもちろん凄いんですけども、

この2つの場所にも行くだけでもパワーがきっと貰えますよ。

 

太江寺ってどんなとこ?

太江寺(たいこうじ)

太江寺

三重県伊勢市にある真言宗醍醐派の寺院である。山号は潮音山(ちょうおんざん)、大江寺の表記もある。天平年間(729年 – 749年)に行基が開創したとも伝わる古刹で、伊勢神宮や二見興玉神社との関わりが深い。本尊の千手観世音菩薩は鎌倉時代作、重要文化財に指定されている。
現在は境内にペット供養の愛受院、ユースホステル太江寺も開設しており、藤やあじさいの名所としても知られる。

引用:wikipedia

今回瞑想の場所として利用させて頂いた太江寺は、

スタイルプラス(東海テレビ)のお宝照英のコーナーでも紹介されたそうです。

 

実は伊勢参りの慣習には正しい順番があるらしく、

夫婦岩で有名な興玉神社で御祓(みそぎ)を行い身心を清めてから、

伊勢外宮、内宮に御参りするのが順番になっているようです。

 

しかしその御祓を行う興玉神社は元々太江寺に鎮座されていることや、

伊勢神宮よりも古い神様が奉られてることから

伊勢参りの始めに太江寺を訪れている方が多いとのこと。

 

伊勢参りの正しい順番としては、

伊勢二見の太江寺→興玉神社→伊勢神宮外宮→内宮→金剛證寺(鬼門)

このルートが参拝の正しい順番らしいです。

 

愚狂庵ってなに?

愚狂庵(ぐきょうあん)

愚狂庵

太江寺から徒歩1分程度の場所にある玄龍さんの住まい。

現状は玄龍さんの元に来た修行者や瞑想を学びたい人たちが、

共同生活する(シェアハウスのような)場所として利用されてます。

参照:僕の主観

今後はゲストハウスとしても場所を提供していく予定とのことです。

 

玄龍さんの元には色んな人が集まっていました。

 

沖縄出身で海外での修行経験もある元武闘家の方、

三重県内で事業を営むやり手の事業家の方、

瞑想会で一緒だった旅人のTさんも愚狂庵の住人です。

 

みなさん、ほんとに良い人ばかり。

もっとじぶん優しくなろうと思いました。

 

もし機会があれば愚狂庵の方たちとも交流してみるのも面白いです。

 

まとめ

伊勢神宮に行く暇があるなら玄龍さんに会いに行こう

ご利益もらいたいという他力本願の精神で伊勢神宮に行く暇があるなら、

玄龍さんのところに行って瞑想するか、人生相談しましょう(笑)

 

玄龍さんに会いに行けば、太江寺にも行けるし、愚狂庵にも行けるし、

一石三鳥ですよ、これ。

 

ゲストハウス風見壮でトークライブ

トリップアドバイザーランキングで1位を獲得するなど、

多くの旅人に愛されている伊勢のゲストハウス「風見荘」

 

様々なアーティストやゲストを招いてイベントを定期的に開催してるようですが、

1/16(土)・2/13(土)に玄龍さんがトークライブをするようです。

時間がある方は一度参加されてみてください。

元極道 ビルマ僧玄龍ナイト

元極道の僧侶、玄龍ケヴィダさんによる法話、座談会、人生相談会を行います!
極貧幼少時代を過ごし、20代で企業家として成功、極道の組長から監獄生活を経て、
現在僧侶となっている玄龍ケヴィダさんが「今を生きる」をテーマに様々な悩みの解決へ導いてくれます☆

1/16(土)&2/13(土)、 19:30 Start

入場料無料の投げ銭制!
もちろん地元の方、宿泊者以外の方も大歓迎です。

引用:風見壮ホームページ(詳細はこちらから)

 

またイベント以外にも直接会いに行きたい方は、

玄龍さんのブログからも問い合わせができるので連絡してみてください。

→ 元ヤクザの僧侶 玄龍ケヴィダのマインドフルネス玄龍さんのブログ)

 

※元極道組長から教わった瞑想のやり方や効果を知りたい方はこちらへ↓

【元極道組長のお坊さん直伝】誰でもできる瞑想のやり方と得られる効果とは

 - 意外と役に立つかもしれない話