iPhone電池の減りが早い…対策方法とおすすめモバイルバッテリー5選

   

phone-1503703_1280

どーも、桑名です。

せどりの際は必ずリサーチの際にスマホ使いますし、旅行や出先でもスマホを使って仕事したりメールチェックしたりするとどうしても電池の消耗が早くなります。

ネットビジネスをやる人にとってはスマホは必要不可欠です。

しかも最近だと「ポケモンGO」のブームによって、スマホを酷使して電池の消耗が早くなる人が増えるんじゃないでしょうか。

なので、今回はiPhoneの電池の減りが早いと感じた時の対策方法や、せどりや旅行・またはポケモンGOにも使えるおすすめモバイルバッテリーを紹介したいと思います。

 

iPhoneの電池の減りが早いと感じた時の対策方法

バッテリー使用状況を確認する

写真 2016-07-26 0 45 10
写真 2016-07-26 0 45 26

設定 → バッテリー

ここでバッテリーの使用状況を確認できます。ほとんど使ってないのに消耗してるアプリがあれば、アンインストールするのも手です。

 

低電力モードをオンにする

写真 2016-07-26 0 45 54

設定 → バッテリー 

ここで低電力モードをオンに出来ます。バッテリーが少ない時になるべく消耗しないように、自動的に設定がされるので、これはオンにしておきましょう。

 

自動ロックの設定を変更する

写真 2016-07-26 0 45 46

設定 → バッテリー → 自動ロック

ここで自動ロックの時間設定を変更できます。一定時間を過ぎると勝手にiPhoneが自動ロックがかかる機能ですが、ここもオフにすることで消耗が抑えられます。

 

 

マルチタスク終了(使わないアプリを閉じる)

写真 2016-07-26 0 57 59

ホームボタンダブルクリック → 使用頻度の少ないアプリを上へスワイプ

この操作をしないとアプリはバックグランドでずっと起動してる状態になるためバッテリー消耗に繋がります。

使用頻度が少ないアプリは終了しておきましょう。

 

サウンド設定を変更にする

写真 2016-07-26 0 50 54
写真 2016-07-26 8 28 18

 

設定 → サウンド

バイブレーションをオフにしたり、着信音量を下げておくことでバッテリー消耗抑止になります。

さらにロック時の音屋キーボードのクリック音をオフにもしておけば尚良しです。

 

Siriをオフにする

写真 2016-07-26 0 49 59

設定 → 一般 → Siri でSiriを使わないのであれば設定をオフにできます。

たまに間違えてSiriを起動させてしまうこともなくなるので、使わない場合はオフにしておきましょう。

 

画面表示と明るさを調整する

写真 2016-07-26 0 46 01

設定 → 画面表示と明るさ

画面が明るい状態はバッテリーの消耗に繋がるので、明るさを調整して、自動調整をオフにすることでバッテリー消耗を抑えられます。

 

位置情報サービスをオフにする

写真 2016-07-26 0 47 08

設定 → プライバシー → 位置情報サービス

位置情報サービスをオフにすることでバッテリー消耗を抑える事ができます。

位置情報機能は色んなアプリで使われる機会がありますが、用途が少ない人に関してはオフにしておきましょう。

 

 

自動ダウンロードの設定をオフにする

写真 2016-07-26 0 48 28

設定 → 一般 → iTunesStore/AppStore

自動ダウンロードをオフにすることで、他デバイスで取得したアプリのダウンロードやアップやデートを自動的にしないようになります。

複数デバイスを使ってる人はここでもバッテリー消耗してる場合があるので、オフにしておきましょう。

 

Appのバックグラウンド更新をオフにする

写真 2016-07-26 0 49 09

設定 → 一般 → Appのバックグラウンド更新

アップやデートが必要なアプリが出る度に、勝手に更新が始まってバッテリーを消耗しちゃいます。

アプリのアップデートが自動的に行われないようにここもオフにしておきましょう。

 

Wi-Fi、Bluetoothをオフにする

写真 2016-07-26 0 49 30

画面下から上へスワイプ → 各設定をオフにする

Wi-FiとBluetooth機能も使用してない場合はオフにしておきましょう。白くなってる時がオン、グレーアウトしてる時がオフの状態です。

写真 2016-07-26 9 00 251
写真 2016-07-26 9 15 52

または、設定 → Wi-Fi、設定 → Bluetooth

ここでも設定を変更できます。

 

AirDropをオフにする

写真 2016-07-26 0 49
写真 2016-07-26 0 49 43

画面下から上へスワイプ → AirDropをタップ

AirDropも使ってない場合はオフにしておくことでバッテリー消耗が抑えられます。

 

Wi-Fi接続確認をオフにする

写真 2016-07-26 9 00 25

設定 → Wi-Fi → 接続を確認

接続したことのあるWi-Fiを自動的に検索する機能ですが、Wi-Fiを使用してない場合はオフにしておきましょう。

 

LTE回線を使用をオフにする

写真 2016-07-26 9 00 32

設定 → モバイルデータ通信

LTEの通信状況が悪い時は、LTE回線の設定をオフにしておきましょう。

 

インターネット共有をオフにする

写真 2016-07-26 9 00 36

設定 → インターネット共有

テザリングをしない時は、インターネット共有設定をオフにしておくことでバッテリー消耗にも繋がります。

 

通知設定を変更する

写真 2016-07-26 9 01 11
写真 2016-07-26 9 01 37

設定 → 通知

各アプリ毎に通知設定がされてるため、使用してないアプリや通知不要なアプリは設定をオフにしておきましょう。

 

おすすめのスマホ用モバイルバッテリー5選

いくら電池の減りを抑える対策を取っても、結局電池が切れてしまっては後の祭りです。

特にせどりやってる人、仕事などでメールチェックなどをする人なら、スマホは仕事道具でもあるのでバッテリーは常に保っておく必要があります。

いざという時のために、おすすめのモバイルバッテリーをいくつか紹介するので、持ってない人は持っておいたほうが便利ですよ。

 

迷ったら選んで間違いなしのモバイルバッテリー

13000mAhの大容量で2ポートで充電できるモバイルバッテリー。サイズも大きすぎず小さすぎずコンパクトで持ち運びもしやいです。

もしモバイルバッテリー選びに迷うなら無難にコレが一番オススメです。

 

長時間充電にも耐えられる大容量バッテリー

僕が愛用してるバッテリーです。魅力は22400mAhの超大容量バッテリーだという点。そして3ポートもついているので、スマホやモバイルWi-Fiなど複数充電したい時にもかなり使えます。

重さはそこそこありますが、せどりや旅行先などでも大活躍するのでこれを持っていれば充電切れで困ることはほぼないです。

 

急速充電で持ち運びが楽なコンパクトバッテリー

超コンパクトなサイズで持ち運びが楽にできるモバイルバッテリーです。

長時間充電には使えないですが、1日程度であればコレ1個かばんの中に常備しておくだけで、いざという時にも困りません。

 

充電もできて可愛いデザインのバッテリー

容量も10050mAhとそこそこあり、デザインも可愛い感じのモバイルバッテリー。

サイズもコンパクトなので持ち運びもしやすく、機能性はある程度の水準を保ちながら変わったデザイン性を求めるならコレを選んでみては?

 

大容量かつ太陽光でも充電出来るバッテリー

超大容量20000mAh+ソーラーチャージャー機能付きというハイスペックバッテリー。

モバイルバッテリー自体の充電がなくなったとしても、太陽光で充電ができるのでレジャーシーズンには大活躍しそうです。ただ、かなり重そうなのでいつも持ち歩くのは大変かも。

 

まとめ

バッテリーは必ず消耗するものなので、まずは設定を変更して、余計なバッテリー消耗をしない工夫をしておきましょう。その上で、モバイルバッテリーを常備しておけば、いざ旅先などで電池切れが起こっても心配なしです。

わざわざ充電のためにスタバに入ったり、その場凌ぎで充電器をコンビニで買うなんて勿体無いですからね(笑)

ぜひ、参考にしてみてください。

ではでは。

 - ライフハック(生活の知恵)