【悪いことを引き寄せた時の対処法】誰でも出来る現実を思い通りに書き換える方法

      2016/04/20

baby-933097_1280

どーも、クワナです。

何かいいことがあったりすると「良い事を引き寄せた」
逆に不幸が起きたりすると「悪い事を引き寄せた」

っていう感じで、何かが起きた時に「良い」「悪い」を判断しますよね?

 

例えば、景品が当たったとか、予想もしないプレゼント貰ったりすると、

「幸運を引き寄せました~」って言いたがる人って意外と多い気がします(笑)

 

とりあえず「引き寄せた」って言いたいだけやろ。。って思ってしまう点もありますが、

僕もたまにフザけて言ってしまうのも事実(苦笑)

 

みんなそれだけ引き寄せの法則が好きなんでしょうね。。

まあ、本人が言いたいだけだと思うので勝手に言ってればいいんですが、、

 

逆に「悪いことを引き寄せた」場合は、素直に喜べないどころか、

普通は凹むし、嫌な気分になりますよね?

 

今回はその「悪い事を引き寄せた」場合の対処法として、

悪い事を都合の良い事実に書き換えちゃう方法をお伝えします。

スピリチュアルの達人とか、修行とかしなくても、

誰でも出来ますので安心してください(笑)

 

悪い(と感じる)引き寄せは起きるときは起きる。
だから仕方ない(笑)

もちろん「悪い事を引き寄せたい」なんて誰も思わないでしょうが、

引き寄せるときは引き寄せるもんです。

道歩いてて油断してたら、ウ○コ踏むときだってありますよ(笑)

 

でも、「悪い」と思うことが起きる度に、

「悪い事引き寄せてしまったぁぁっ」て悩んでも仕方ないわけです。

 

「意識の焦点を変えましょう」
「ネガティブな悪い事には目を向けないようにしましょう」

 

と、自分の望む結果とは関係ないものはそもそも気にすんな。

ということはよく語られています。

 

それでもやっぱり気になるもんはなるし、

それが大きな問題であればあるほど尾を引いてしまいますよね?

 

完全に「自分の望む現実世界」だけを生きられるような、

引き寄せマスターになるまで、まだまだ道のりは長そうなのであれば、

起きてしまうという「事実」は受け入れるしかないわけです。

 

それは誰にでもあることですし、僕のような凡人はもっとあります。

なので、まず前提として自分が望むこともそうでないことも、

「起きるときは起きる。」ということは認識してください。

 

ていうか、引き寄せたものに「良い」も「悪い」もない

先に結論から申し上げますと、

引き寄せたもの自体に「良い」とか「悪い」とかは本来ない

ということが言えます。

 

仮に引き寄せの法則が働いたとして、「なにかしらを引き寄せた」とします。

 

雨が降ったのかもしれないし、

誰かに親切にしてもらえたのかもしれません。

 

僕らはどうしても目の前に起きた事実だけを見て、

自分の価値観に基づいて「良い」「悪い」を判別してしまいますが、

それはあくまでも、「現象」に過ぎないということを理解しないといけません。

 

雨が降ったら濡れてしまうし、洗濯物は乾かないし、

ある人から見れば「悪い事」になります。

 

でも、雨が降らず作物が育たなくて困ってる農家の方からすれば、

恵みの雨になりますから「良い事」ですよね。

「親切にしてもらったこと」=「良い事」という一般的な認識があるかと思いますが、

その人にとっておせっかいで逆に迷惑だったら、「悪い事」です。

 

要は、出来事に対してジャッジしてるのは本人であって、

それ自体に「良い」も「悪い」もないということが分かります。

 

その前提を踏まえたうえで、「事実の書き換え方」を解説してまいりませう。

 

「誰」が良い事・悪い事の「ソレ」を引き寄せているのか?

あなたが、宝くじで1億円当たったとします。

豪遊したり、好きなものを好きなだけ買い物したり、

タワーマンションで生活したり、羽振りの良い生活をしていました。

(この時点では「良い事を引き寄せていた」ことになりますよね。)

 

でも、投資話に乗ったが騙されてしまったり、

後先考えずに使ったお金はみるみるうちになくなり、

貯金も底をついて、残ったのは借金だけ。

そんなあなたに家族も友人も呆れ果てて、周りから人がいなくなったとします。

 

1億円当たってた時点では「幸運を引き寄せたつもり」でした。

でも今現在はというと、

結果的に「最悪(の種)を引き寄せていた」という事実になるわけです。

 

・・でもですよ?

 

もし、その後、心を入れ替えて人生を変えるため行動を起こした結果、

数年後に大成功して、莫大な財産と多くの人の信頼を得て、

国民栄誉賞とかもらっちゃったりしたとしたら。。

 

やっぱり、あの時の1億円手に入れたことも、

その後借金まみれで人生ボロボロだったことも、

全部「必要な経験」だったという事実に変わるわけです。

 

ということは、事実に対して「良い」「悪い」が、

個人の主観で決められてるだけであって、

引き寄せた「ソレ」には何の罪(意味)もない。

 

つまり、「良い事を引き寄せた」「悪い事を引き寄せた」とか、

あなた自身が「ソレ」を勝手に自分で決めているということです。

 

悪い事を都合の良い事実に書き換える方法

もうここまで来たら、ほとんど答えを言ってしまってるようなものですが(笑)

まず、何かが起きたとしても、すぐに「良い」とか「悪い」とか、

一喜一憂して、短絡的に物事を決めつける癖に気をつけること。

 

そして、これは自分の未来にとって

「どんな意味がある出来事なのか?」

この視点を持つことが非常に大事になってきます。

 

その視点から事実を見れるようになると、

すべて「必要な経験」に書き換えられます。

 

仮に、「一般的に見れば悪い事」と思えてしまうような事があったとしても、

あなたが「引き寄せたい未来」が既に決まってるのなら、

それ自体も「必要な経験」として、あなたの「ネタ」にできます。

 

「1億円ゲット→借金→大成功」のケース、もう一度考えてみてください。

 

もし借金した時点で「もう人生終わりだ、諦めよう」ってなれば、

その人は「悪い事を引き寄せていた」ことで終わってしまいます。

 

でも、「これを糧にして挽回しよう」と諦めずに人生をやり直したなら、

借金したことも「成長するために必要な経験」だったことになります。

 

そう考えたら、結果的に「全部必要なもの引き寄せて」ますよね(笑)

 

まとめ

シンプルに言うと、「良い事」「悪い事」を引き寄せてるんじゃなくて、

「ソレ」をあなたが決めてるだけ。ってことです。

自分の都合の良いように解釈すれば、全部ネタになる。

 

そのために、自分がどうなりたいか、どんな未来を求めてるのか。

それをぼんやりとでもいいので持っておけばブレることはなくなる。

なので、まずは一喜一憂する癖に気を付けましょう。

 

これだけ理解するだけでも、日常の景色が変わるはずですので、

ぜひ実践してみてください。

 

でわ、また!

 - 自己啓発とかスピリチュアルとか