FBA倉庫へ納品するためにヤマト便を利用したら送料70%OFFという激安価格になった話

      2016/05/31

yamato

どーも、桑名です。

さて、今回はタイトルにも書いてる通りFBA納品時に「ヤマト便」を使ったら、

送料が通常金額より70%OFFになってしまったというある意味で恐ろしい話です。

 

ヤマト便知らないっていう人は冗談抜きにメチャ損してる可能性大なので、

今自分が支払ってるFBA倉庫への送料と比較してみてください。

 

これはせどりやってる人には必ず覚えて欲しい知識ではありますが、

それ以外の用途でも普通に使える方法なのでお見逃しなく。

 

 

普通なら6000円以上してた送料が2000円に

僕がせどりをやり始めた当初は配送業者ってどこが安いか分からないし、

比較してもよく分からないので当時教せどりを教えてくれてた方に聞いてみたんです。

配送業者ってどこがオススメですか?
せどりのお師匠さん
当然「ヤマト便」だろうが
「ヤマト便」??ヤマト運輸の宅急便のことか・・!

 

「ヤマト便=ヤマト運輸の宅急便」だと思っていたので、

仕入れた商品を5箱(140サイズ)のダンボール箱に梱包して宅急便でお願いしました。

 

大阪の住所から大阪のFBA倉庫へ発送したんですけども、

宅急便だと1,620円×4箱=6,480円も送料が掛かったんです。

 

正直高いなと思ったんですけども安いって言われたからこれくらいなんだろって、

その時はあんまり深く考えずにいたんですね。

 

でも時間が経ってからやっぱり高いというか安くはないだろうってことで、

「ヤマト便」ってとりあえずググってみたんです。

 

 

そしたら・・

 

 

ヤマト便

 

普通に「ヤマト便」というサービスが存在してました(笑)

 

 

その後また別日に仕入れた商品を大体同じような条件で梱包して、

次は「ヤマト便」を使って送ってみたんです。

 

そしたら送料がなんと2,000円代で収まってしまったんですね、

割引額にして約4000円。約70%も送料が安くなっています。

 

これ月2回×12ヶ月だったら96,000円も変わってきますから、

この破壊力がどれだけ凄まじいかお察しいただけるかと思います。

 

思い込みって本当に怖いです。

こうやって人は進化を自ら止めていくんだと実感させられましたね。

 

 

ダンボール箱が2個以上なら「ヤマト便」を使え

ヤマト便とは

1箱160サイズを超える荷物や30kgを超えるような

宅急便では取り扱えない荷物を送る場合に利用できるサービスです。

 

本来は引っ越しなどの際に大きな荷物を運送する際に利用することが多いのですが、

実は1箱160サイズ・30kg超えてなくても利用できてしまいます。

 

※逆に160サイズ超えるとAmazonに受領拒否されるので160サイズ以内に収めて下さい。

 

宅急便の計算方法と異なり輸送箱の寸法と重量に応じて料金が算出されるので、

宅急便で1箱あたりに掛かる送料よりも数量が多いほど安くなる計算になります。

 

上にも書いたくらいの数を送ると5~7,000円は掛かってしまいますが、

ヤマト便だと2~3,000円くらいで大体収まってしまいます。

 

詳しい計算方法はよく分からないので(汗)ヤマト便料金表で確認は出来ますが、

複数の箱を送るならヤマト運輸の「ヤマト便」を使うほうがどの業者よりも絶対安いです。

 

なので、ヤマト便は絶対に使いましょう。

 

ヤマト便の使い方

ヤマト便を利用するには「持ち込み」「集荷依頼」どちらかです。

どちらもヤマト便用の伝票に必要事項を記載して発送をお願いするだけです。

 

集荷依頼は電話のみでしか受け付けていないので、

0120-01-9625(午前8時から午後9時まで)へ電話して、

「ヤマト便の集荷お願いします」と受付の方に伝えればOKです。

 

「中身はなんですか~?」とか「箱のサイズは~?」とか聞かれますが、

複数あって中身が混在してる場合は細く真面目に答えなくても大丈夫です。

 

「おもちゃです」とか、「家電製品です」とか、

「160サイズが○○個です」とか大体で回答すればOKです。

 

あと何故か受付担当によって160サイズ超えでないと宅急便扱いだと言ってくる方もいるので、

あくまでも「ヤマト便」で集荷に来てもらうようにしてください。

 

集荷時間の指定ができないため依頼後にドライバーから連絡が入まではしばらく待ちましょう。

日中であれば夜までには集荷に来てもらえるかと思いますが、

夕方以降だと翌日になる可能性が高いので早めに連絡だけしておいてください。

 

ヤマト便のデメリットがあるとすれば

デメリットがあるとすれば配送日が指定できないこと・宅急便より到着が若干遅いこと。

 

あとは配送時のトラブルで商品が破損した場合の保証が元から付いてないので、

保証を希望する場合は10万円の保険につき50円を支払う必要があります。

 

1日でも早く納品して出品したいなら宅急便をオススメしますが、

大体2~3日もあれば納品受領されてるので(繁忙期除く)大きな問題はないかと。

 

保証については心配であれば一応付けておいてもいいでしょうが、

僕自身は一度もトラブルになったことがないので付けていません。

これは個人の判断によると思うのでどちらでも良いかと思います。

 

ダンボール1個ならFBAパートナーキャリア(ゆうパック)

逆に1箱だけならゆうパック使ったほうが安いと思います。

 

というのも郵便局とAmazonは提携してるのでFBAに納品する場合であれば、

「FBAパートナーキャリア」を配送方法に設定すると通常よりも安いんですね。

 

通常のゆうパックや他の配送業者と比較して100円~200円(1割)くらい安いイメージですね。

 

ただ僕個人的な感覚としてはFBAパートナーキャリアで送ると、

なぜか納品受領の時間が結構掛かってる印象があります。

ヤマト便よりも正直遅いんじゃないかってくらい遅いです。

 

これも大急ぎでないならなるべく安く発送するためにゆうパックもアリですけども、

もし1割の料金差くらい気にならないのでしたら宅急便を使ってみてもいいかと思います。

 

まとめ

ということで今回はいかにヤマト便が安いかって話をさせて頂きました。

 

逆に1個だけならゆうパック使うとお得にもなるので、

うまく使い分けながら経費を少しでも抑えてもらえればと思います。

 

せどりメインの話でしたけどもヤマト便は引っ越しで大きな荷物を送ったり、

複数の荷物を送る際にも使えるテクニック?なので是非活用してみてください。

 

それでは、また!

 -  せどり(Amazon転売)