『夢は世界一周の旅です』と語ることで自己満してるアナタの夢は一生叶わない

      2016/02/25

242H

『すごいビジネスの話があるから聞いて!』

 

どうも、桑名です。

 

だいぶ前の話になりますがある女性に、

なにやら美味しい話があると誘われて二人で会う事になりました。

 

どうやら最近流行っているビジネスらしく、

チャンスだから一緒にやりましょう!という事を伝えたいらしいのです。

 

今回はそのことから思ったことがあるので記事を書こうと思います。

 

『夢は世界一周です』

よくよく聞けばそのチャンスと呼ばれるビジネスは、

ネットワークビジネスだったわけですが。。

 

その女性(仮称:A子)との会話でこんな質問をしました。

 

そのビジネスは何のためにしているの?
A子
世界一周するのが夢だから!絶対に叶えたいの!

 

世界一周するのにいくら必要なの?
A子
計算したことないから分からない

 

え(笑)夢なんでしょ?なんで分からないの?
A子
だってまだ先の話だし

 

100万円くらいお金貯めれば1,2年でいけそうじゃない?バックパッカーという手段もあるし、贅沢しなければ世界一周できるでしょ?
A子
いや~、でも(云々かんぬん・・・)

 

 

ジェイソン

Why!!

 

 

 

夢を語るだけで満足してる人は一生叶わない

まあその夢はいつかのタイミングで叶うかもしれませんが、

たぶんこの人はその夢って自分の夢じゃないんだろうなと思いました。

 

だって世界一周するのにいくら必要で、どんな国を回りたいのか、

その為に今から何をする必要があるというステップが全く見えてない。

 

というか考えてもいないのですから叶える気がそもそもないんだと思います。

 

僕も以前ネットワークビジネスやってたことあるので気持ちは分かるんですよ。

 

でも「私はこんな夢がある」と熱く語っているんなら、

それに向かうための適切な行動を取りましょうよ。

 

そんなに世界一周行きたいならサプリ売ってる場合じゃないよ。

セミナー行って仲間とお勉強してる暇なんてないでしょ。

 

働いてお金貯めましょうよ。もっと儲かる仕事やビジネス見つけましょうよ。

 

よく夢があります。目標があります。とか言ってるんだけど、

具体的に何もしていなくてただセミナーや本で良い話聞いて満足してる人。

仲間と夢を語り合うだけで現実がなにも変わっていない人。

 

そんな人はたくさんいます。

 

なんかフワフワしたセミナーで夢を語り合うワークとかありますよね。

ぶっちゃけあれで夢が叶う人なんていないでしょう。

いたとしても1割もいないんじゃないでしょうか。

 

結局セミナーが終わったら元の現実世界に戻されて、

またモチベーション上げるためにセミナーに出て夢を語る。

そしてお金と時間だけが失われていく人々が続出するというカオス。

 

でもこういうのはネットワークビジネスだろうが、

自己啓発・スピリチュアルだろうが、ネットビジネスの世界だろうが同じ。

 

結局、他人から見せられた夢とか目標が欲しくもないのに欲しいと勘違いしたり、

それが絶対的な正解・答えなんだと盲信してしまう人は何も変わらない。

 

それで行動できてしまうのならいいですけども、

夢があると言いつつ具体的に何をすればいいのか考えられない人は、

そもそもそれ本当にやりたいのか考えたほうがいいと思うんです。

 

 

手段と目的を混同させていませんか?

例えば、夢を叶えるためにお金稼ぎたいのであれば方法なんていくらでもあります。

 

最初の話で言えばべつにネットワークビジネスじゃなくてもいいわけですよ。

 

本当に世界一周が夢であるならば。

 

仮に100万円資金が必要なら本業とはべつにダブルワークでバイトだって出来ます。

ちょっとだけ頑張れば1・2年もすれば100万円なら十分貯まりますよね。

 

何かを達成するためにビジネスであったり、

仕事であったり、色んな事に挑戦することは良いと思うんです。

 

どんな手法であれ、どんな形であれ、

本人が「心からやりたい!」って思えることなら。

 

ただ、目的と手段を履き違えてないでしょうか?

 

本当は海外旅行がしたいからビジネスをしてるんじゃなくて、

ビジネスをやる理由を海外旅行のためだと思い込んでる(思い込まされてる)のかもしれません。

 

何度も言いますが手段なんていくらでもあるんですよ。

そのために必要なことがもし分からないなら調べたり誰かに聞けばいい。

 

たぶんそれすらもやりたくないって思ってしまうのならば、

本当は本人にとってやりたいことじゃない気がします。

 

ドリームキラー的な発言に見えるかもしれませんが、

やりたくないことを夢だと思い込んで縛られてるくらいなら、

シンプルにやりたいことやりましょうよって思うんです。

 

偽りの夢から目を覚ますために

ゴール(夢・目標)について「WHY」を考える

いま目指してる夢・目標について「WHY(理由)」を再認識するんです。

 

世界一周の旅に出たい。ビジネスでお金を稼ぎたい。

○○歳までに結婚したい。色々あると思います。

 

その理由が誰のためのものなのか、なぜそれでなければならないのか。

そこをちゃんと考え直してみてください。

 

今でもお金は不自由してないし困ってないし今の仕事で十分満足で楽しいのに、

なぜかFXの勉強を必死にやってて結果が出ないことを悩んでても仕方ないですよね。

それってわざわざ別にやる必要なくないですか?

 

だったらもっと自分が情熱注げることとか、

必要性を感じることにお金と時間を費やしたほうがいいですよね。

 

あの成功者が言ってるからとか、あの先生がやってるからとか、

そんなものはどうでもよくて自分がどうしたいのかで考えて下さい。

 

その為に必要なことをちゃんと洗い出す

さっき上のほうでも書きましたが、

必要なプロセスがなにかをしっかりと認識しておく必要があります。

 

もし仮に世界一周に行きたいなら、いくら必要で、どんなスケジュールで行くのか。

じゃあその為にいま幾ら必要か、準備すべきものは何があるか。

 

当たり前なんですけどもそれが分かっていれば、

世界一周に行く方法が分からないとか、出来ないなんて思わないですよね。

 

今はそれらがなくてもこれから必要なものが可視化できてイメージできるなら、

あとは1つずつ潰していって1段ずつ階段を登れば出来ないはずがないですよね。

 

多くの人がこの必要なプロセスが見えないために、

不安になったり、出来ないと思い込んだりするわけです。

 

不確定要素を洗い出していれば問題が起きたら対処すればいいので、

正直あとはやるだけなんですよ(笑)

 

夢なんですよね?目標なんですよね?

だったらそれに必要な情報や材料を集めましょうよ。

分からないなら調べたり、誰かに聞きましょうよ。

 

途中で辞めてもいい

もちろんゴールに向かうプロセスの中で、

多くの人が辛い・大変だと感じることがあると思います。

 

言葉の解釈はそれぞれなのでニュアンスで捉えてほしいのですが、

 

やってて楽しい、やりたい、達成した時に快感がある。でも大変だと感じることもある。

であればそれは誰しもあることなのでそれはやり続けてほしいなと思います。

 

僕だってブログのネタ考えたり、記事を書くの大変です。

1記事完成するのに半日とか余裕でかかります。

合間にネタを考えながらの時間も合わせると1日作業です。

 

でもだからと言ってやりたくないとは思わないし、

書き上げたときは不完全でも達成感ありますし、

もっと良いものをどんどん書いていこうと思えてきます。

 

逆に苦しい(面白くない、意義を見出せない、精神的ストレスを感じる)なら、

それは辞めたほうがいいというサインかもしれません。

 

だって面白くもないことをずっと続けていても、

面白くない→結果が出ない→自分を責める→パフォーマンス落ちる→更に結果が出ない

の繰り返しでいいことなんてありません。

 

やってみて違うなら他の可能性を探せばいいし、

やってみて面白いならもうちょっと続けてみてもいい。

 

我慢するのが美徳、継続が大事だとは言われがちですが、

自分にとって価値が無いこと、やる必要がないなら辞めるべきです。

 

気負いすぎずに色んな可能性や選択肢を自分の中で見つけていったほうが、

うまく行きやすいと僕は思うんですね。

 

まとめ

まず「なにを始める」よりも「なぜ始める」のほうが大事なわけであって、

それがせどりであれ、アフィリエイトであれ、アルバイトであれ、

目的に対するアプローチ(手段)が一致していればなんでもいいんです。

 

言い方キツイですけどもくだらない夢を語り合い、

夢を持ってることに心酔してる暇があるならなんかやりましょう。

 

やりたいことやりましょう。

違うならまたやりたいと思ったことやりましょう。

 

ではでは。

 - やりたいこと・好きなことの見つけ方