【コスパの良い読書法】買った本を無駄にせず知識とお金に替える方法

   

glasses-568405_1280

どーも、桑名です。

参考記事:【凡人のための読書術】ノウハウコレクターだった僕の人生を変えた4つの実践法

以前こちらの記事でも紹介していたように、読書する上ではインプット→アウトプットをセットにしようという話や、情報の断捨離インプットの質を変えようという話など、読書のテクニック的な話をしました。

んで、今回はインプット→アウトプットをセットにするという話を少し掘り下げて語っていこうと思います。

買った本が山積みになって全く消化出来てないっていう人、本代だけ膨らんでしまうという方は是非参考にしてみてください。

これをやるだけで部屋中が本で埋め尽くされることもなくなりますし、本を無駄にせず知識とお金が両方手に入ります。こんなにコスパがいい読書法はないんじゃないでしょうか(笑)

 

読んだ本の知識を無駄にしないために

知識を知恵に変えて、使えるようにするためにはインプット→アウトプットがセットでないといけません。

じゃあ具体的にアウトプット、つまり実践・行動をどのようにすればいいのか?

人に教える・ノートに書き記すなど、色々とやり方はありますが、動画に撮るor音声を撮る。っていう方法がをオススメします。

 

自分が学んだ知恵や知識は、言語化できるようになって始めて意味があります。その上で、「話す」っていうのは一番最適なアウトプット方法です。

勉強でもノートに書くより人に教えたほうが理解が早まると言われてるわけで、「話す」「伝える」っていうのは、メチャクチャ重要な要素です。

人に話せる機会がある人はいいですが、なかなか周りに言えないという人や話せる人がいないのであれば、動画撮ったり音声撮ることで、結果的に「話す」ことが出来ます。

 

僕がYouTubeで音声動画をアップする理由

読書の話から少し逸れますが僕はYouTubeに、ビジネスやせどりのノウハウ、経験してきたことなどを音声に撮って定期的にアップしています。

べつにYouTuberになりたくてやってるわけではないですし、なれるとも思ってません(笑)

 

理由として読者さんやお客さんに価値提供したり学んで頂くためにアップしてるのもありますが、もう1つの理由として自分のアウトプットの練習のためにやっていたりもします。

やっぱりYouTubeにアップするならカッコいい編集にしなきゃとか、噛んだらダメだとか、良い事を話さないといけない、っていう完璧主義マインドが働いてしまうと、いつまでも出来ません。

 

だけど下手くそでもいいから“とりあえずやる”っていうのが大事で、仮に低評価を受けたり誹謗中傷が来たとしても、やらないよりやったほうが自分の成長にも繋がるから、あまりクオリティは気にしてません。

後で見返すと、「しょっぱいな自分・・(苦笑)」って思うことは沢山ありますが、それでも量を重ねていかないと上手くなれないし、要領も掴めないと思うんで、敢えて下手でもアップし続けています。

 

別に僕のようにネット上にアップしたり誰かに聞かせなくてもいいですが、「話す」っていう実践は絶対にやっておいて損はありません。本を読んだらそれを自分の言葉で「話す」っていうことを是非5分でも10分でもいいからやってみてほしいんです。

撮ったデータとして誰にも聞かせず保管しておけばいいですし、もし今後何かのセミナーや教えるという機会がある場合は、そのデータや練習したことが使えるかもしれませんし。

 

インプット→アウトプットの具体的な方法

誰かに「教える」という前提で読む

本を読む時は、誰かに「教える」という前提で読んでみてください。

ただ読むだけだと正直頭に入りにくく忘れやすいんですけど、「教える」という前提で読んでいくと「何を話せばいいだろう」という意識が働くので、要点も掴みやすくなります。

 

話す内容をカンタンにまとめる

その後に自分が学んだこと・感じたことを踏まえて、それを人に伝えるには「何を」「どのように」話せば伝わるのか?を考えてまとめてみてください。

ワードとかメモ帳に箇条書きにしてもいいし、マインドマップを使ってまとめてもいいです。

一度脳内に入れたデータを整理するのにも役立ちますし、単純にカンペもあるので話しやすく(伝えやすく)なります。

 

誰かに「教える」という前提で話してみる

あとはまとめたメモを見て「話す」だけです。

今はスマホやPCでカンタンに撮影出来ますし、動画撮影が無理なら録音機能使えばいいわけです。別にうまく話せなくても、言葉が詰まってもいいんです。

ただ今の自分が精一杯出来る範囲で本の内容について、「何を伝えたいのか」「どうすれば内容が伝わるか」という意識だけ持てば十分です。

 

クオリティなど最初は考えずに5分でまとめて、5分でもいいから話してみる。とりあえず「アウトプット」の数を繰り返し増やすことで、読んだ本の内容をしっかり血肉にすることが重要です。

ただ本を読んで「あ~勉強になった」だけで終わって忘れてしまうだけにするのか。それとも下手くそなりに自分の言葉で理解したことをアウトプットするのか。では雲泥の差です。

読む→まとめる→話す を繰り返すことで知識が身についてきます。100%忘れるなんてことは有り得ないはずです。

 

インプット→アウトプットが終わったら

普遍的に使える本や余程のお気に入りでない限りは、売ってしまうというのも一つです。

本の内容は自分がアウトプットした時のメモや動画もしくは音声データがあるわけなので、また見直したい時はそれを見れば十分です。

それに絶対にまた読み直さないとダメ!っていう本なんて早々ないので、部屋に本を溜め込んで、集中力低下や空間エネルギーを下げることに繋がるくらいなら、処分したほうがマシです。

 

Amazonだとそこそこ値段がつく本もあるので、売ればお金にもなります。ヤフオクに出品しもいいし、Amazonせどりされてる方はAmazonに出品してもいいです。

僕は家にある本を処分して2万円稼ぎました。

参考記事:ミニマリストに影響されて家にある本を処分したら心と財布の中身が豊かになった話

 

こちらの記事で本を処分して2万円稼いだ時の話を紹介してるので、参考にしてみてください。恐らく今後はガッツリ読むことがない本・なくても人生に支障がない本は、読んだらさっさと売るのが吉です。

 

まとめ

せっかく良い本を買ったとしても、自分の知識として残らなければ意味が無いですし、ただお金と時間を無駄にして終わってしまうだけです。

娯楽や趣味で読むならいいですが、成長したい、人生変えたい、仕事やビジネスに活かしたいっていうなら、インプット→アウトプットは必ずセットで実践するように心がけてみてください。

5冊中1冊でもいいです。1回やるかやらないかで大きくインプットの質が変わってきますので。その後は売ればお金にもなるので一石二鳥です(笑)

 

本を読むのも大事ですが、やはり副業やビジネスにおいては実践のみです。まだ何もやるべきことが見えてない、勉強してるけど行動できてないという方は、まずは「稼ぐ」というゴールを目指して、取り組んでみることをオススメします。

メルマガ読者さん限定で、月10万円稼ぐためのノウハウをまとめた無料教材を配布していますので、気になる方はこちらをご覧になってみてください。

ではでは。

 - ライフハック(生活の知恵)