【ココナラで稼ぐには】起業初心者に大事にしてほしいココナラ活用法を考えてみた

   

-shared-img-thumb-MS251_kokoderuyo_TP_V

どうも、桑名です。

 

ココナラで稼げなくても困ってる、

ココナラを利用して独立できないか考えてる方がいるなら、

この記事を最後まで読み進めてください。

 

始めに言っておくと最初の実績作りやお小遣い稼ぎとして、

ココナラを活用することは起業初心者にはオススメなんですが。。

 

もしビジネスとして生活できるレベルまで稼ぐのなら、

ある程度慣れてきたら他の人達は違う視点を持って利用すべきです。

 

ということで今回の記事では、

起業初心者がココナラで稼ぐにはどうすればいいのか

ココナラ活用の3つのポイントを書いていきます。

 

ココナラで稼ぐには

ココナラとは

ココナラ

ココナラ1件500円~自分の得意なことスキルを売りたい人と、

500でそれを買いたい人とをつなぐサービスです。

 

カウンセラー、ヒーラー、占い師、クリエイターなど色んな人達がいます。

 

占いが出来る人なら500円で占いサービスを売って、

占ってほしい人が500円でソレを買う。

イラスト書ける人がいるなら500円で制作を請け負って、

イラスト書いて欲しい人がそれを依頼する。

 

※もちろんランクアップ制度のようなものもあって、

評価が上がればサービス提供者は500円以上の時給を稼ぐ事はできます。

 

きっとこれを読んでる方の中にも何かのサービスを売って、

ココナラで生計を立てようと頑張ってるんじゃないでしょうか?

 

ココナラの報酬

ココナラオプション

もしココナラだけで稼ごうと思うならランクを上げて時給を上げる。

それに加えて複数のサービスを販売して売上を上げる。

この2つしかないです。

 

上の表を観てもらうと販売実績20件以上で最大5,000円までのサービスを提供でき、

あとはオプションなどが付けられるので時給1万も一応可能だと思います。

 

もし生活費(月収15万円前後)くらいの売上が欲しいなら、

5,000円のサービスを30人以上に売る必要が出てきます。

 

最初は500円スタートなので割に合わずしんどいですが、

まずは実績作り→その後に時給を上げていく。という考えで、

コツコツとやっていくしかないです。

 

 

ココナラで継続的に稼ぎ続けるのは・・

ただココナラだけで稼ぎ続けるのは正直しんどいです。

ココナラ自体が集客をしてくれるのでそれなりに実績がつけば、

毎月一定数のお客さんは来てくれると思いますがそれでも限界があります。

 

ココナラあ

これはデザイン部門での上位出品者の一覧ですが、

恐らくトップ3でも受注総数が平均で100件前後です。

 

ということは単純に5,000円×1,00名=50万円の売上ですが、

数ヶ月~1年の売上なので毎月ココナラだけで食べていくのは無理です。

 

ココナラ2

しかも上位に入ろうと思ったらデザインだけでも240名以上の中から、

選ばれる必要があるわけでスキルや実績が長けてない限り埋もれてしまいます。

 

スキルアップしたい、お小遣い稼ぎがしたい、

個人的な趣味でやっているならいいのですが。。

 

もしビジネスとして生計を立てたいのならば、

ココナラに依存してやり続けてもかなり効率悪いし儲からないんです。

 

好きなことを仕事にしたい→サービスを提供したいけど売る人がいない

→だからココナラで人を探す→人から感謝される→承認欲求が満たされる

→割に合わなくても無いよりマシだから続けてしまう

 

そんな風に自分を安売りしてしまう人が多いんです。

 

ココナラは起業初心者にとってはステップアップに使えるプラットフォームですが、

ずっとココナラに依存してココナラから収益を上げるくらいなら、

自分のサービスを自分の媒体に集まった人・見込み客に販売したほうが稼げます。

 

起業初心者のココナラ活用法

起業初心者にとっては実績作りや売上アップに使える良いサービスなんですが、

結局ココナラに依存していてもそれで自立はできないわけです。

 

であれば、ココナラで稼ぐ事を考えるより、

ココナラをうまく利用することをオススメします。

 

ココナラを起業初心者が活用するなら?という視点で、

ここから3つのポイントをお話させて頂きます。

 

見込み客リストを集める

ビジネスの売上のために必要なのは見込み客リストです。

特にビジネス初心者にとっては見込み客がほぼ0に等しいわけで、

その見込み客リストを集めないことには収益化は出来ません。

 

見込み客リストがない多くのビジネス初心者は、

まずはココナラで稼ごうと考えますがそれをやり続けるのは効率悪すぎます。

 

ココナラを使うメリットはお金を稼げることじゃなくて、

濃い見込み客リストが集められることが1点あると思うんです。

 

普通リストを集めようと思ったらお金を掛けて広告を打ったり、

時間を掛けてアクセスの集まるサイトを構築する必要が出てきます。

 

でもココナラなら1人ずつとはいえ直接信頼関係が構築できるので、

もし相手から高い満足度を感じてもらえたら自分のファンになってもらえます。

 

もし近い将来に自分の商品や新しいサービス企画を販売する時に、

その人達のメールアドレスが分かればオファーがかけられますよね?

 

1万円の広告費をかけて20人のうっす~い見込み客を集めるよりも、

ココナラで実際に関わった人のほうが濃い見込み客になります。

しかもお金までこちらが頂けますしね(笑)

 

メールアドレスをどうやって聞いたらいいの?って思われるかもしれませんが、

「アフターフォロ-メールをあなたのために送ります。」でもいいし、

「このメールに感想文くれたら特典を差し上げます。」でもいいんです。

 

ココナラを使うのは売上を上げるためでなく、

見込み客リストを集めるという視点を持ってください。

 

 

お客さんの声を拾い上げてサービスを作る

自分のサービスを売ることばかりで、

お客さんたちの悩みとか問題をちゃんと見ていますか?

 

一人一人の悩みや問題は違えど共通点があったり、

属性毎の特徴がリサーチの視点で対話すると見えてきます。

 

自分が売りたいエゴの商品ではなくお客さんの求めてるものを理解して、

ソレを元にしたサービスを売れば高いお金払ってでも買いたい人は必ず出てきます。

 

もし仮に100名の男性の相談を受けて分かった悩みの共通点が、

「女性にモテたい・コミュニケーションが苦手」という要素があったら?

 

「たった90日で口下手でも女性にモテて魅力的な男性になれる魔法の講座」

(企画名はかなり適当につけましたw)

みたいな企画を彼らに販売したらきっと一定数の人たちは欲しくなると思うんです。

だって彼らの悩みそのものを解決できるサービスなので。

 

そしたらココナラなんかでみんながやってる同じサービスを、

薄利多売でやる必要もなくよりお客さんのニーズに合わせたものが提供できます。

 

※もし企画をオファーするにしてもココナラ通してじゃなくて、

自分のメディア(ブログ、メルマガ)で販売しないと意味無いですよ。

 

ココナラを使えば貴重なお客さんのナマの声を拾い上げる機会ができるので、

お客さんとコミュニケーション取る際はリサーチの意識は持ってください。

 

 

実績・経験値を積む目的で使う

見込み客リストとかリサーチとかよく分からないという場合は、

まず先に実績・経験値を積むという目的で使うと良いです。

 

もちろん出品者ランクを上げて時給を上げることも大事ですが、

それよりも自分のスキルアップや実績作りのために活用しましょう。

 

お客さんと対話する、コミュニケーションする機会を得ることで、

自分自身の勉強にもなるしお客さんが何を考えて何を求めてるのかが、

場数を踏む度に見えてくるようになります。

 

お小遣いも貰いながらビジネスの練習ができると考えたら、

いいレベルアップの機会だと思うのでビビらずに色々とチャレンジしてみてください。

 

もし100名にサービスを提供すれば、それが実績になります。

「100名をサポート」って自分のプロフィールに書けますね?

 

目的を意識すれば自分のブランド力や経験値を高めることにも活用できます。

 

まとめ

 

ということで、ココナラの活用法は理解できましたか?

 

最初の段階はいいですがずっとココナラに集客と売上を頼るのではなく、

ココナラを仕組みをうまく利用して自分のビジネスに繋げることをオススメします。

 

ではでは。

 - 起業について