【知的財産権の侵害】Amazonから警告が来たときの対処法と対策は?

   

boy-666803_1280

どーも、桑名です。

先日、せどりコンサル(仕入れツアー)を受けた方から、

「Amazonから知的財産権侵害の警告を受けた」という報告を受けました。

 

 

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-09-30-14-54-08

ドラッグストアカテゴリーで出品した育毛剤に関して、メーカーからAmazonに通報が入ったらしくAmazonから警告のメールが来たようです。

「知的財産権の侵害ってなに?」「警告を受けた時はどう対処したらいいのか?」

そのあたりの疑問についてここで書いていこうと思います。

 

知的財産権侵害とはなにか?

知的財産基本法

第2条 :この法律で「知的財産」とは、発明、考案、植物の新品種、意匠、著作物その他の人間の創造的活動により生み出されるもの(発見又は解明がされた自然の法則又は現象であって、産業上の利用可能性があるものを含む。)、商標、商号その他事業活動に用いられる商品又は役務を表示するもの及び営業秘密その他の事業活動に有用な技術上又は営業上の情報をいう。

この法律で「知的財産権」とは、特許権、実用新案権、育成者権、意匠権、著作権、商標権その他の知的財産に関して法令により定められた権利又は法律上保護される利益に係る権利をいう。

(引用元より一部抜粋)

引用元:特許庁

特許庁のサイトで調べてみたんですけど、よく分かりませんでした(笑)

恐らく著作権と同じように、著作物や意匠物を保護するための法律だと解釈できます。

 

メーカーが転売禁止にしてる商品だったのか、「これは偽物だ!」と異議を申し立てたのか、理由は正直なところ分かりません。

ただネットでも調べてみると、同じようにメーカーからの通報を受けてAmazonから警告を受ける事例は多いようです。

 

知的財産権侵害の警告を受けたときの対処法

知的財産権侵害がAmazonに発覚した場合は、以下のようなメールが届きます。

 

Amazon.co.jpからのご連絡

平素はAmazon.co.jp をご利用いただき誠にありがとうございます。

このたび出品者様の以下の商品について、権利者より知的財産権を侵害しているとのご連絡を受けましたため、本商品の出品をキャンセルさせていただきました。本商品の出品は、出品者様が権利者と共に問題を解決するまで停止とさせていただきます。

 

権利者よりご連絡のあった商品は以下の通りです。

(※以下省略…)

 

■出品者様にご対応いただくこと

1. 問題を解決するため、権利者へ直接ご連絡をお願いいたします。権利者のご連絡先は以下の通りです:

◯◯ ◯◯(権利者名)

△△△△@✕✕✕.co.jp

2. 権利者と問題を解決した場合には、解決内容の詳細を添えて ◯◯◯@amazon.co.jp までお知らせいただくよう権利者にご依頼ください。

3. 問題が解決するまで、本権利者に関連する商品の出品はお控えいただきますようお願いいたします。なお、Amazon.co.jp は、本件の権利を主張する当事者ではない為、出品者様の法的権利の有効性、妥当性および可能性について、法的な助言を提供することは一切できません。

■今後の流れ

権利者より、問題が解決し商品の出品が可能である旨のご連絡がありました場合には、当サイトにて速やかに出品再開の処理を行います。

出品者様の商品についてさらに問題に関するご連絡が寄せられた場合には、直ちにアカウントを閉鎖させていただくことがございますので、ご留意ください。

(※以下省略…)

長文なので内容を要約すると、

  • 商品の権利者からAmazonに知的財産権を侵害してるという通報が入りました
  • 該当商品は問題が解決するまで出品ができなくなります
  • 問題解決するには権利者に直接連絡を取ってください
  • 同じ権利者から更に問題が寄せられた場合はアカウント停止にします

という感じ。

 

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-09-30-14-54-42

メーカー以外の出品者がいたとしても、同じように警告を受けてる可能性があるので、そのうちメーカー以外の出品者は淘汰されるはずです。

正直こうなった以上はメーカー(権利者)と戦っても勝てないので、潔く謝罪のメールを入れるのが一番無難です。

 

警告を受けた商品は返送手続きを取って、メルカリかヤフオクで出品するようにしましょう。

メーカーが出品を許可してくれたラッキーなんですけども、まあそうはいかないと思うので(笑)

 

権利者に反発してもAmazonは権利者の意見を優先するため、ここは事態を丸く収めるほうが一番賢い対処法になるので、多少の支出は我慢しましょう。

(警告を受けた商品は二度と出品したらダメですよ。笑)

 

知的財産権侵害の警告を受けないための防止策

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-09-30-14-54-34

今後Amazonで出品をする場合は、警告を受けないように事前に対策をしておくことが重要になります。

 

今回のように知的財産権の侵害で警告を受けやすいパターンとしては、

  • 出品者が極端に少ない商品(出品者に製造元がいる可能性有)
  • 出品者にメーカー正規代理店がいる

この2パターンが考えられます。

 

特にドラッグストア・食品・ビューティカテゴリーに関しては注意が必要です。

というのも他のカテゴリーに比べてメーカーが出品者にいる可能性が高いので、いくら利益が取れそうでも怪しい商品は仕入れをしない勇気も必要です。

 

まとめ

今回のように知的財産権の侵害でAmazonから警告を受けた以上は、大人しく引き下がるのが無難です。

同じような問題が起きた時は、ここで書いた流れで対応するようにしましょう。

 

ではでは。

 

 -  せどり(Amazon転売)