「やりたいことがない」なら”ブログ”書きながら”せどり”をやれという話

   

-shared-img-thumb-WEB99_bontop20150207161613_TP_V

どもー、桑名です。

「やりたいことがない」と悩める子羊様たちへ朗報です。

「やりたいことがない」からと、本ばっかり読んでる割には何も覚えてない非生産的な時間を、今後有効活用するための方法をお伝えします。

とりあえず、ブログ書きながら、せどりやろうぜって話です(笑)

これやるだけでアウトプット力と行動力が身について、お金も稼げてビジネスマインドも身につきます。

 

なぜブログとせどりなのか?

これは僕自身が特に「やりたいことがない」っていう状態がずっと続いていた時に、ブログとせどりやってから少しづつ生活や現実面が変わってきたからです。

なので主観ですし完全に経験則です(笑)

なんですけど他の人も当てはまることもあるはずだと思ったので敢えて勧めてます。

 

なによりも一番、勿体無いと思うのが当時の僕は「やりたいことがない」と悩んでばかりで、それまで何もしていなかったこと。何かやっても中途半端で身になってないことばかりです。

やってたこと言えば本を読んだり、セミナーに出たり、特に何の明確なものもなくただ話を聞いて知って、楽しかった、勉強になった。だけで何も経験を積んでいなかったということでした。

それで残ったのって借金だけでしたからね(苦笑)

 

べつに悩むことが悪いとは言いませんし、ゆっくりと考える時間も必要なんでしょうが、いつまでもそんなことをずっとしていたところで自分自身の何かが変わるわけでもなく、明日も明後日も待ってはくれないわけです。周りも自分がウジウジしてる間に常に変化し続けてるわけです。

 

ぶっちゃけ、せどりでもブログでも何でも良かったとは思うんですけど、自分の頭で考えても結果が出ないことをいつまでも考えてても結論なんて出ないので、それだったら何か一つやってみる。

ダメだったらまた次、という感じで1歩ずつでもやってみたほうが本を読むより有意義だったなと今になって痛感しています。

だからこそ、もし悩んでて動けないという状態に陥ってる人は、とりあえず何かやってみてほしいわけです。

 

ブログ書くことで得られること

アウトプット力がつく

「やりたいことがない」と自分の殻に閉じこもってしまってる人は、考えてること、思ったことを言語化したり、整理するのが苦手な傾向にあります。少なくとも僕がそうでした。

知識はあるけど“説明できない”、知ってるけど“出来ない”というノウハウコレクターにありがちな要素ですが、これは場数を重ねるしかないわけです。

 

セミナーするとか、対面で誰かに教えるとかハードル高いと感じる人もいると思うので、まずは「ブログを書く」ということから始めるといいです。

「ブログを書く」という行為を通して、考えを文字に起こすこと=頭の中の整理、言語化、アウトプットに繋がるので、自然とアウトプット力が身につくようになります。

 

 

自己分析ができる

ブログを書くってことは、何を書くか考える必要があります。

ということは、自分は何について書きたいのか、何に興味があるのか、もし伝えるとしたら何を伝えたいのかを、自然と考えるようになるので、自分のことを改めて自己分析できるわけです。

そして書きながら・または書いた後に内容を客観的に見ることで、改めて自分のことを知ることができるわけです。

 

自分はグルメ好きと思ってたけどぶっちゃけ人に伝えたいレベルまでは好きじゃないなとか。

恋愛について書いたりするのが意外と面白くてハマってしまうとか。

 

やりたいことが分からないのなら、何がやりたくて・何がやりたくないのか、アウトプットすれば自分がどう感じるのか一番分かるはずです。そこで知らない自分の一面や改めて再認識する部分が出てくるわけです。

そしたらまたそれについて掘り下げたり、調べていけばどんどん新しい発見や気付きが出るわけで、一人でウジウジ考えてるよりもブログ書くほうがよっぽど意味のある時間になります。

 

 

ブログが育てば仕事にも出来る

これは自分が発信したいメッセージや世界観が具体的になってきた段階で考えるべきことなので、今スグそれを目指せとは言いません。ただ、もしブログを育ってきてアクセスが大幅に伸びてきたらブログを使って自分の売りたいサービスや商品を売ることも可能です。

ダイエットならダイエット系のサプリとかダイエットの本とか、もしくはオリジナルサービスを売ったりすることも出来ます。

 

もちろんそうカンタンいくわけではないので、記事の書き方とかアクセスを集めるための方法を学びながら育てていく必要はあります。

でもそれが出来るようになってきて、もしあなた自身の書いた文章や考えに共感してくれた人の数が増えれば増えるほど、それだけで仕事にできる可能性があるということです。

最初は全く仕事にならない趣味レベルだったとしても、単純に好きなこと書いてたら楽しいし、それで読者から1つでもメッセージやお礼もらえたらテンション上がるわけです(笑)

 

自分の名前を出さなくても偽名でも出来ますし、ブログ書くのが嫌になれば消せばいいだけです。

ここでは詳しくブログのノウハウは書きませんが(いつか記事にするかもしれませんが)、ブログなんて無料でカンタンに作れますし何回でもやり直せるので、とりあえずなんか書きましょう。

「ブログの始め方」とか検索すればGoogle先生が教えてくれますよ。

 

せどりやることで得られること

お金が稼げる

一番分かりやすいのはコレ。「せどり」って物販ビジネスなんですが、比較的初心者でも結果を出しやすいと言われてるビジネスモデルです。

今の収入と別に+α10万、15万でも増えればそれだけで生活も変わるでしょうし、人生の選択肢も増えるはずです。実際それくらいのレベルは普通に稼げます。

僕はこれを半年間で月30万以上稼げるまで到達しました。売上じゃなくて利益です。

「学び・成長+お金が稼げる」それだけでやる気も多少上がりますし、それによって人生変わるキッカケになるなら、とりあえず何もやらないまま時間過ごすくらいなら、半年でも1年でもやってみたら良いと思うんです。

あとのことは稼いでから、やってみて飽きてから考えればいいので(笑)

参考記事:【せどりとは何ぞや?】起業・ネットビジネス初心者に向けて解説するよ

 

 

実践を通してビジネス経験が積める

どんな哲学書を読むよりも、自己啓発書を読むよりも、マーケティングなんちゃら論の本読むよりも、実践に勝るものはないということです。

モノを安く仕入れて、高く売って、利益を得る。また増やしたお金を仕入れに回して、を繰り返してどんどんキャッシュフロー増やしていく。これが「せどり」の仕組み。

 

小さな商いを自分で全部管理してやるのってビジネスのド素人であれば、意外と難しいことが身を持って体感できるはずです。

たかが「せどり」「物販」「スモールビジネス」。個人でも出来るレベルのビジネスですが、これを自分でやってみて、実際にお金を稼いで、というプロセスを踏むことで、レベルはかなり上がります。

 

まとめ

例えば、週1回せどりして、あとは空き時間にブログ書いて、普段は仕事して、たまに休んで、ってやれば普通にできます。

もちろんプライベートの時間は多少削るかもしれないですが、自分の成長とか収入アップを考えたらやらないより、やったほうが絶対的にリターンは大きいわけです。

 

「やりたいことがない」「なんかしたいから、やりたいことを探してる」っていう人なら、とりあえず悩んで止まる日々を送るくらいだったら、やりましょう。

最悪、ブログ書いたり、せどりやるんじゃなくても何か1個新しいことを継続してみましょう。

「アウトプット」「実践」こそ最大の学びであり、それこそやりたいことが見つかる一つのキッカケにもなりえます。

 

ではでは。

 - やりたいこと・好きなことの見つけ方