【ブラック企業で鬱になる前に】正社員を辞めて自分らしく生きるために必要なこと

   

GREEN_TA20140125_TP_V

どうも、桑名です。

会社の拘束時間が長い、残業代が全く出ない、上司のパワハラが酷いなど、様々な問題で働くことに対する悩みを抱えてる方は多いです。

いわゆるブラック企業と呼ばれる会社にお勤めの方は、自分の時間や精神を削ってまで会社のために酷使してるにも関わらず、辞めることに対する抵抗が強いため、我慢する人生を歩み続けてしまいます。

最悪、鬱になってしまう人だって現にいるわけです。

転職に失敗するリスク・お金がなくなるリスクなどの心配が一番大きいと思いますが、会社を辞めても生きる方法はいくらでもあるし、選択肢はいくらでもあります。

まずは思い込みを外して、現状理解・自己理解をすることが自分らしく生きていくための第一歩なので、この記事が何かの参考になればと思います。

 

お金の問題をハッキリさせる

まず多くの人は「生活が出来なくなる」という心配をしています。仕事を辞めたら収入は当然なくなるわけで、次の働き口や収入の見込みがない限りは、収入0です。

だからと言って仕事を辞められないと言えばそうではなく、実際に生活する上でいくらお金が必要なのか?いま自分が使えるお金はいくらあるのか?っていう部分を、意外と計算してない人が多いです。

 

生活費の見直し

まずは生活費。家賃5万円、光熱費1万円、通信費1万円、食費2万円、交際費2万円など細かく算出します。

ここで重要なのは無駄な出費をしていないか?という点です。

例えば間食や外食ばかりで食費が無駄に多かったり、収入に見合わない家賃を払っていたり、と「お金がない」と言ってる人ほど無駄な出費をしてる可能性があります。

 

家賃が高すぎるなら身分相応の部屋に引っ越すべきだし、実家暮らしでも問題ないなら余計なプライドを捨てて実家に戻るべきです。

そこで数万円でも浮けば、以前よりも生活費もほとんど掛からなくなるかもしれません。

参考記事:【貧乏生活からの脱出】お金が無い人がお金を稼ぐことよりも先にやるべきこと

 

貯金がいくら残ってるかも重要です。生活費が見直しできれば、いまある貯金から最低何ヶ月あれば無収入でも生きていけるかを割り出せます。

貯金が仮に50万円あって生活費8万円は最低必要であれば、約半年間は無収入でも生きていけることになります。

じゃあその半年間の中で次の仕事を見つけるでもいいし、バイトしながら貯金を切り崩さないように工夫もできるし、半年間の間にビジネスを勉強して軌道に乗せていく期間にしてもいいし、いくらでも方法はあるわけです。

 

収入・働き方の見直し

生活費の見直しが出来れば、収入も最低いくらあれば生きていけるかも分かるようになります。給料が高いからという理由で辞めれないという人もいますが、家族持ちの方は別にしても一人暮らしの場合は、高い給料を貰わなくても生きていける人は沢山いるはずです。

 

仮に手取りで25万円貰っていたとしても生活費が10万くらいで済むのであれば、無理に収入にこだわって我慢しながら働く必要はないわけです。

お金がないより・あるに越したことはないですけど、「お金」に縛られすぎて自分の時間や精神を削り続けた結果、働けない状態になってしまっては意味がありません。

関連記事:【お金稼ぎの動機】お金を稼ぐよりもお金を稼ぐプロセスのほうが楽しいと悟った

 

月20万弱くらいに収入を下げて仕事を変えても支障がない話です。変な話、時給の高いバイトなら月15,6万くらい普通に必死のパッチで働かなくても稼げます。

結局これも余計なプライドや世間体が邪魔をして、「正社員を辞めたらダメ」「バイトは底辺」「収入が下がる仕事に就いたら負け」みたいな思い込みがもたらす弊害です。

自分にとって必要なものさえあれば十分なのに、余計に自分にプレッシャーをかけて我慢するのが苦痛であれば、必要がないわけです。

 

自分にとって大事なものを見直す

生活費を見直せ、とか。必要な収入を見直せ、とか。はあくまでも1つの手段であって重要なのは、自分の人生にとって大事なものはなにか?ということです。

やりたいことがあるならやるために時間が必要ですし、価値観の合う人たちと関わって生きていきたいならその為の環境が必要かもしれません。

 

もちろん生きていく上で「お金」って大事なので、綺麗事では済みません。仮にバイトで月15,6万稼ぎながら生きていたとしてもそれが一生続くはずもないです。

それこそ30代・40代でバイトだけして、後はグータラしてますってヤバイじゃないですか(苦笑)

(まあ本人が好きならそれでいいですけど)

 

ただそうは言っても、数年くらいならその生活でも十分に生きていけますし、時間だってブラック企業のように拘束されることなく、自分の時間も確保することは可能です。

だからもし、今時間もなくて精神状態もボロボロで、「毎日何のために生きてるんだろう?」って思いながら忙殺されてるのであれば、「今」に固執して生きる必要は全く無いってことです。

 

本当に苦痛で仕方ないなら辞めるという選択肢もあるし、もし今の会社で働きながらでも出来ることがあるなら、方法を探せばいいわけです。

あくまでも今の状況を見直して、まず自分をまともな精神状態と生活に整えることが優先です。

その上で、自分はどう生きたいのか?っていうことを改めて問うべきだと思うんです。

 

とりあえず自分で稼ぐ力を身に付けても損はない

「どう生きたいか?」って大きなテーマなので、なかなかピンと来ないかもしれません。

ただ、特別やりたいことがないっていう人でも、お金を稼ぐスキルを身に付けておいて損はないはずです。

バイトや正社員じゃなくても、自分の生活費くらい自分で最低限は稼げるんなら、それだけでも時間は確保できるし、それこそ生活費を稼ぐために嫌な仕事を我慢する必要がなくなります。

以前の僕は週4~5日でアルバイトしながら、休みの日はビジネスをやってい半年で月商100万・利益30万稼げるようにまでなりました。

参考記事:【価値観崩壊】金なし・才能なしの僕が秋葉原でせどりしたら日給10万円を稼いだ

 

一度自分で稼げるスキルさえ身に付けば、稼ごうと思った時にやりさえすればいつでも稼げるし、生活が出来なくなるという不安もなくなります。

自分で稼ぎながらも就職やアルバイトも並行すればもっと稼げるわけですし、給料が下がったとしてもダメージも少ないわけです。

 

自分にとって本当に大事なことを優先して自分らしく生きるためにも、会社や組織に身を捧げて犠牲にする生き方ではなく、自分で自分の生活をコントロールできるスキルを付けてみてはいかかがでしょうか。

メルマガ読者さん限定で、月10万円をネットで稼ぐための方法を無料公開しています。興味があればこちらから登録ができます。

 

ではでは。

 - やりたいこと・好きなことの見つけ方