【アマゾンショッピングカートボックスとは】せどり売上UPのためにカートボックスを獲得せよ

      2016/05/31

boat-606187_1280

どーも。ブラックサンダー10袋を一気に食べたら、

だんだん気持ち悪くなって後悔しながら記事を書いている、桑名です。

 

「アマゾンショッピングカートボックス」について今回は解説します。

 

「そんな言葉聞いたことない」って人もいるかもしれませんが、

Amazon使ってせどりやってるならこの仕組は知っておきましょう。

 

ランキングが高いのに売れない・売上が上がらない人は、

Amazonショッピングカートの影響が出てるかもしれません。

 

Amazonショッピングカートボックスとは

Amazonショッピングカートとは

Amazonショッピングカートボックスをカンタンに言うと、

他の出品者よりも優先的に自分の商品を買ってもらいやすくなる仕組みです。

 

ショッピングカート

上のようなAmazonの各商品ページに

「この商品は○○(店舗名)が販売し、Amazon.co.jpが発送します~」

と表記されてるの見たことありますか?

 

○○の部分に自分の店舗名が表記されていれば、

その商品のカートボックスは自分が獲得してるということになります。

 

「カートに入れる」または「1-Clickで今すぐ買う」を押すと、

カートボックス獲得してる店舗から商品が購入される仕組みになっています。

 

 

カートボックスを獲得するメリット

カートボックスを獲得してる商品が多ければ多いほど、

商品が売れやすくなるので=売上が上がります。

 

なぜかって出品者が多ければ多いほど埋もれる可能性が高くなります。

となると売れるまで時間も掛かってしまうだけでなく。

他の出品者に埋もれたままではいつまで経っても売れないわけです。

 

カートボックスを獲得していればその分お客さんの目に触れる機会が増えるので、

当然ながら自分の商品が購入される確率も上がり売上も上がります。

 

ショッピングカート

もしお客さんが他の出品者も見たい場合は、

「新品の出品」「中古の出品」をクリックしないと見れません。

 

新品商品でどこから買っても気にならないお客さんであれば、

トップページからそのまま購入に至るケースが高いので、

ショッピングカートボックスを獲得していれば必然的に売れやすいわけです。

 

 

カートボックスを獲得するには

注文不良率を上げない

注文不良率は、購入者からの評価、Amazonマーケットプレイス保証、

チャージバックの申請率などを基準にして割出される指標です。

 

当然、不良品や返品が多いと低評価にも繋がって、

このお店は不良品専門店や!とAmazonから目を付けられるので、

中古品やコンディションが悪い商品の取り扱いには気をつけましょう。

 

とりあえず無駄な返品、返金を避けるためにも、

コンディションガイドラインを守ることは徹底しましょう。

 

 

パフォーマンス指標を高める

配送スピード、配送方法、価格、FBAの利用によるものも含む年中無休のカスタマーサービスなどを通じて、商品と共に購入者に提供されるショッピング体験全般。

引用:Amazonヘルプページより抜粋

・・とAmazonヘルプページには書かれてましたがカンタンに言うと、

このお店ってちゃんと運営してるのか?っていうのをAmazonから見られてるんです。

 

販売価格が安くて(適正)、お客さんからの評価も良くて、

問い合わせにもちゃんと対応して、、といった感じであれば問題なし。

 

でも返品多かったり、お客さんからの評価が低かったり、規約違反したり、

問い合わせに回答しなかったり、配送メチャ遅かったり(自己出品)と、

顧客満足度を下げたり、Amazonの信頼を損ねる行為は評価を下げる要因です。

 

 

Amazonせどらー歴と取引数は多いと良い

Amazonでの販売期間(せどらー歴)と、

取引された数(売り上げの数)の多さが評価の対象です。

 

歴が浅いアカウントよりも長くて沢山売ってる人ほど、

評価が上がるようですがあまり気にしなくてもいいのかなと思います。

気にしても仕方ないと思うので(苦笑)

 

 

大口出品者になろう

大口出品者でないとそもそもカートボックスを獲得できません。

なので小口出品者の方は大口出品に切り替えましょう。

 

月額5,000円程度は掛かるもののそれで売上が上がるなら、

毎月5,000円程度の投資なんて安いものです。

 

 

まとめ

出品者パフォーマンスの指標はカテゴリーごとに異なるほか、将来的に変更される可能性もあります。
このため、Amazonではショッピングカートボックス獲得資格を得るための指標を公開していません。
ショッピングカートボックス獲得資格を得るためには、それぞれの基準において良好なパフォーマンスを保つことが重要です。(一部Amazonヘルプページより抜粋)

引用:Amazonヘルプページ

Amazonヘルプページにも記載されてるように、

ショッピングカートボックス獲得の明確な基準は実のところ不明です。

 

どんな基準で選別してるのかは出品者側には明確には分からないので、

とりあえず日々出来ること、改善できることをやっていくしかないのかなと。

 

でも明確な基準が不明とは言え日頃から出来ることは沢山あるはずです。

 

  • お客さんの問い合わせには24時間以内に対応する。
  • 最安値価格になるべく合わせる(損切りの意味ではなく)
  • 返品、返金には誠意を持って対応する。
  • 低評価や不良品扱いを防ぐためにコンディションガイドラインを守る。
  • クレームが予測できることは事前に対策を考えておく(説明の明記等)。

・・などなど。

 

「カートボックスを獲得せねば!!」と躍起になって考えなくても、

普通にやることをやっていればそれでもカートボックスは獲得できるので安心して下さい。

 

とりあえずカートボックスさえ獲得できれば売上は上がりやすくなるので、

それを念頭においた上で修正できること改善できることはどんどんやりましょう。

 

ではでは。

 -  せどり(Amazon転売)