【オールジャンルせどり最強説】○○せどり、ジャンル固定は稼げないから辞めておけ

      2016/05/31

frogs-1213652_1280

どーも、桑名です。

今回のテーマを一言に集約すると、

「オールジャンルせどりが最強」という話です。

 

僕がやってる・教えてるせどりは基本なんでも買います。

 

家電だろうが、本だろうが、CDだろうが、おもちゃだろうが、

「安く仕入れが出来て高く売れるもの」ならどこでも何でもやります。

 

でも中にはオールジャンルは難しそうと感じる人もいるようで、

勝手にハードルを上げてやらないのは非常に勿体無いです。

 

ジャンルを広げないまま固執することがどれだけリスクか、

この記事を読みながら考えてみてください。

 

○○せどりの流行

BOOKOFFせどり、CDせどり、家電せどり、おもちゃせどり…etc

○○せどりとジャンルを固定した手法が一時期(今も?)流行っていたようです。

 

例えばせどりに参入する人が少なかった頃には、

BOOKOFFせどりと呼ばれるノウハウが流行っていて、

BOOKOFFだけでも実際に稼げる時代があったそうです。

 

「特定のジャンルだけやれば稼げる」と聞けば、

簡単そうというイメージなのかウケはいいかもしれません。

 

でも今ではネット価格に合わせて販売する店舗も増えてきて、

まだまだ稼げるとは言え価格の乖離はなくなりつつあります。

 

「BOOKOFFせどり」だけやれば稼げる時代はとっくに終わっています。

 

時代や状況が変化しノウハウが通用しなくなっているのに、

未だにジャンル固定をするのは逆にリスクしかありません。

 

 

ジャンル固定はリスクしかない

ジャンル固定による損失はたくさんあります。

それはお金だけでなく、時間も、経験値もです。

 

ルート2

ゲームしか仕入れないという人が途中で家電量販店を見かけても、

せっかくの稼げる可能性がある魚場をスルーしてしまうんですよ。

 

ゲームのお店しか回らないということは移動距離も長くなるし、

店舗数も多く回れないので取れない可能性だってある。

これでは非常に効率が悪いんです。

 

ルート1

逆にゲームだけでなく、家電も、CDも、おもちゃも仕入れできるなら、

色んなお店を満遍なく回れますし取れる商品だって増えます。

 

これによって仕入れに費やす時間も増えて、

扱える商品も増えて、利益だって増やす事ができる。

 

これはやらない理由がないわけです。

 

 

オールジャンルせどりは難しくない

せどりのビジネスモデルってシンプルに言うと、

「安く仕入れて高く売って利益を得る」これだけ。

参考記事:【せどりとは何ぞや?】起業・ネットビジネス初心者に向けて解説するよ

 

商品のリサーチはモノレートというツールを使えば、

売れるのか、利益が出るのかは判別することが出来ます。

 

モノレートの見方・リサーチの考え方さえ理解していれば、

専門的な商品知識なんてぶっちゃけ要らないんです。

 

安く仕入れて高く売れる商品であれば、

なんでもいいと思いませんか?

 

仕入れ出来る商品なんてたくさんあるのに、

わざわざ仕入れる商品を絞る必要性がどこにあるのでしょう。

 

ジャンル固定して稼げてない人が、

「私はCDしかやりません」「私は家電専門です」っていうのは、

稼ぎたくないと言ってるのと同じことです。

 

オールジャンルはモノレートの見方さえ分かれば誰でも出来ます。

モノレートの見方が分からない人はしっかり基礎を身に付けましょう。

参考記事:【商品知識0でも仕入れは出来る】せどりの仕入れで失敗しないモノレートの見方

 

 

オールジャンルせどりはメリットしかない

どこでも、何でも仕入れできる

モノレートの見方さえ理解していれば、

どこでも仕入れが出来て、何でも仕入れ出来ます。

 

家電量販店にCDが売っていればCDも仕入れしますし、

トイザらスに行けばおもちゃでもゲームでも仕入れできます。

 

それこそ中古ショップに行けば色んな商品並んでますから、

リサーチさえ出来れば何でも仕入れ対象になるわけです。

 

ノウハウに左右されない

1つのジャンルやノウハウで一時的に稼げていたとしても、

ノウハウが飽和したら単純に食っていけなくなりますよね。

 

2014年頃のクリスマスシーズンに、

思考停止したせどらー達が仮面ライダーベルトを大量に仕入れた結果、

価格競争に巻き込まれて大量に爆死したという事例があるくらいです。

 

結局は1つのノウハウやジャンルに固執して思考を止めてる限り、

状況の変化に対応できなくなれば当然通用しなくなるのは当たり前。

 

そうなるとまた新しいノウハウやジャンルを追いかけて、

また飽和したら別の情報を追いかけて。。とイタチごっこです。

 

「オールジャンルせどり」という言い方はあまり好きではないですが、

どんな商品でも扱える事ができればノウハウに左右されず継続して稼ぎ続けられます。

 

 

まとめ

なんども言いますがオールジャンルは難しくないです。

 

僕がせどりで最初から結果を出せたのは、

初めからオールジャンルせどりを実践したからです。

 

というかそもそもオールジャンルせどりとか、

CDせどりとか、そういう概念があることすら知らなかったくらいです。

 

モノレートの見方やリサーチの考え方を学んで実践するだけで、

具体的な商品知識もなくても相場観がなくても結果は出せます。

 

小手先のテクニックやノウハウを学ぶ前に、

せどりの本質を理解してしっかり基礎を学びましょう。

それさえやっていればちゃんと稼ぎ続けられます。

 

ではでは。

 

 -  せどり(Amazon転売)