転職サイトやエージェントに人生を絶対委ねてはいけない理由【自分らしく生きたい人限定】

      2016/04/20

lobbying-161689_640

どうも、クワナです。

 

これから自分の人生をどのように歩んでいくか、

自分のやりたいことって何か、

今のままで本当にいいのだろうか・・。

 

現状に満足できなかったり、将来について考え始めた時に、

1つの選択肢として『転職』を考える人も多いですよね。

 

転職サイトであったり、エージェントと呼ばれる紹介会社など、

転職支援のサービスは沢山あるので転職活動する多くの方がこれらを利用されます。

 

初めて転職活動をする上では、不安なこと・分からないことも当然あるわけですから、

これらのサービスを活用することで解決できることもあるでしょう。

 

でも、僕は敢えて言うのですが、

『自分らしく生きたい』『やりがい・生きがいを持って生きたい』

という人ほど、

『転職サイトやエージェントに人生を委ねたら絶対ダメです』

 

というか、『転職サイト』『エージェント』に限らず、

『他人に人生を絶対委ねてはいけない』という表現のほうが適切かもしれません。

 

僕が転職エージェントに少しだけ携わっていた時の経験も含めて、

その理由についてお話しさせていただきます。

 

転職業界にいる人間はたぶんこんなこと言わないでしょうし、

人によっては非常識なことを言ってるように感じるかもしれませんが、

僕はもう関係ないので、客観的な意見を好き勝手言わせていただきます(笑)

 

偏った意見に感じる人もいるかもしれませんが、

まあ、一つの参考意見として聞いてください。

 

転職支援の会社は「あなたの人生」に興味がない

人材業界の会社が何で収益を得ているのかというと、

人材をクライアントに紹介し成約(就職、転職)時に発生する紹介料(手数料)です。

 

年収の何%とか、月給の何%とか、報酬体系や%の数字はクライアントや、

その転職支援の会社によって違いますが、

基本『人を紹介してナンボ』の世界です。

 

僕は人材紹介エージェントに勤めていたのですが、

転職希望者の相談にも乗る一方で、

営業成績という『ノルマ』を会社から課せられていました。

 

コンサルタントの仕事の評価は、

あくまでも会社から課せられたノルマが到達するかどうか。

 

転職支援会社の仕事の評価は、

クライアントの要望に合った人材を紹介できるかどうかです。

 

 

だから、あの手この手で、

出来るだけ優秀な人材をクライアントへ紹介する手を考えます。

 

元々僕は相手の人生をサポートしたり、

人生の後押しが出来るような仕事がしたいという想いで、

人材業界に入りました。

 

もちろん『転職』というものを通してそこに関わることはできますが、

本当の意味で『その人の人生』に向き合う事は出来ませんでした。

 

だって綺麗事ではなく、

会社から与えられた数字という『ノルマ』があるから。

 

なので、本当に今思うとクソみたいなコンサルタントでしたが、

転職希望者が相談に来たときも、人材を探すときも、

クライアントに紹介できる「人材」かどうかを基準に判断してました。

 

でも、そんなコンサルタントや会社は多いです。

 

周りの人たちも上司も、『転職』というカテゴリーの中で、

この人は優秀だとか、この人はこの会社ならイケる、とか話はするけれども、

興味があるのは『人』じゃないんですよね。

 

言い方悪いですけども『数字』になるかどうかが前提なんです。

 

どれだけ相手のためを想って相談に乗っていたとしても、

ノルマを達成して、クライアントの要望に応えられなければ、

会社やコンサルタントとしての価値はないですから。

 

もし自分が担当した転職希望者がすごく優秀な方で、

自分の取引先に紹介すれば成績が上がる可能性があったとします。

 

でも、その人には今の会社に勤めたままのほうが良い可能性もあるし、

転職じゃなくて、起業したほうがもっと可能性があるかもしれません。

でも、僕ら(当時の)はそんなこと言えないわけです。

(というか選択肢を知らない)

 

やるべき仕事は『クライアントに人を紹介すること。』

 

転職市場でどれだけの価値があるか、

どうすれば求人のマッチングを成功させられるか、

自分たちの仕事を全うするのが本来やるべきことですから。

 

だからヒドイ言い方かもしれませんが、

『あなたの人生にそもそも興味がない』ってことなんです。

 

 

転職支援を受けたいのか、自分らしい人生を生きたいのか

まあ、とは言ってもすべての会社がそうでないかもしれないし、

一部の会社や優秀なコンサルタントの方は深い部分まで考えたうえで、

仕事されてる場合もあるかもしれません。

 

でも正直なところ、その人の才能や魅力を引き出す手伝いとか、

その人が転職以外の選択肢(起業など)でうまくいくためのアドバイスとか、

自分らしい生き方についてとか、

そこまで考えて追求して関わってくれる人も会社も少ないんじゃないでしょうか。

 

そもそも、そんな価値観も知識も経験も視点も持ってる人のほうが少ないし、

転職業界のコンサルタントとはいえ、ほとんどが『サラリーマン』。

 

転職回数が多いと経歴に傷がつくとか、

この経験とスキルでは転職に有利とか、

年齢がどうとか、学歴がどうとか、

起業するのはリスクがあるとか、

正社員じゃないと不安定とか、

 

それが良い悪いは別にして、当時の僕も含めて、

世間一般で当たり前とされてる価値観の中でしか生きていないんです。

 

「会社員なんかするよりも、その経験活かして、起業したほうがいいですよ。」

「思い切って会社辞めて、これからの生き方についてゆっくり考えてみてはどうですか?」

みたいなこと、絶対言えないわけです。

 

というかその価値観・選択肢すら持ってないですから(笑)

 

勘違いしてほしくないのは、転職サービスを提供する側はあくまでも、

『転職』のサポートが仕事であって、

人生相談やその人の生き方まではサポート出来ない(業務外)ということです。

 

『転職支援を受けたい』という目的が明確にあって、

○○の求人を紹介してほしい、○○のような企業で働きたい、

というのなら別です。

 

でも、『自分らしく生きる』ことを真剣に考えてるのであれば、

中途半端なコンサルタントや転職支援会社にアドバイスなんて求めても、

ロクな答えなんてくれるはずがありません。

そんなこと前提で転職者と向き合ってないから。

 

自分と徹底的に向き合うしかない

突き放すような言い方かもしれませんが、

自分がどうしたいか、どう生きたいかは自分で決めるしかない。

というか、自分にしか分からないわけです。

 

仮に、転職サイトの『適正診断テスト』を基準に仕事を選んだり、

ニュースや雑誌にこれから○○業界が伸びるという情報を元に転職したり、

コンサルタントが、『○○さんにこの会社が合いますよ!』

っていうアドバイスを鵜呑みにして転職したとします。

 

仮にそれが全部ウソで、

働いてみたらイメージと全然違ってたとか、

全然自分に合わないとか、

やってても楽しくないとか有り得るわけです。

 

でも、どんなに後悔しても、選んだ自分の責任です。

 

っていうか、そんなものに自分の人生委ねるほうが、

どうかしてるって客観的に見て思いませんか(苦笑)

自分の人生ですよ。

 

そんなことで他人のせいにして生きて後悔するくらいなら、

自分の意志で人生選択していきませんか?

 

『自分がどう生きたいのか』が見えないのであれば尚更、

徹底的に自分と向き合う時間を設けるべきだと思うんです。

 

こんなこと言うと『非常識』って思われるかもしれませんが、

大企業の肩書きも、役職も、用意された椅子も捨てて、

アルバイトのほうがマシ、極論ホームレスが幸せっていうなら、

べつにそれでもいいんですよ。

 

それはその人の価値観なんですから。

 

『そんなことして人生棒に振る気ですか?』って、

常識でガチガチに固められてるコンサルタントは言うかもしれませんが、

自分を押し殺して死んだよう目で周りに媚び売って生きる人生のほうが、

僕からすれば人生棒に振ってるように思えます。

 

本当に自分の人生を生きたいのであれば、

社会的な評価とか、世間体とか、肩書きとか、

そんなもんどーでもいいんですよ。

 

自分の人生なんですから、

自分がどうしたいのか、

どう生きたいのか、

どんな人生なら笑って死ねるかって、

自分が一番よく分かってるはずなんです。

 

どんな仕事をするのも、どんな人たちと関わるのも、

どんな時間を過ごすのも、どんな場所に住むのも、

最終的に決めるのは、全部自分です。

 

まとめ

全ての転職支援会社やコンサルタントがそうだとは限りませんが、

僕なりの視点から、転職についての考えを書かせて頂きました。

 

『自分の人生をどう生きたいか』が何もない状態で、

転職の攻略法とか、面接テクニック、業界の流れとか、

そんな小手先の知識やテクニックや知識だけ習得して、

『転職』だけ成功させても意味ないと思うんですね。

 

転職支援会社の情報に踊らされるのではなく、

自分の意志で自分の人生を選択するという、

マインドをぜひ持ってください。

 

 

最後のほうは少し勢いで書いたので、

言い足りない部分もあるし、

うまく伝えられてない感じもありますが、、

 

まあ、伝わる人に伝わればいいと思うので、

敢えて推敲せずにそのままアップすることにします(笑)

 

自分らしく生きるヒントとか、僕なりの考えや視点で、

また随時アップしていくので、また興味があれば覗いてください。

 

また何か思いついたら気まぐれで書くかもしれません。

それでは、また!

 - 意外と役に立つかもしれない話